2018年01月11日

新年の軽井沢で

大みそかと元旦はいつもどおりにダンナ実家に大集合して年越しそばとお雑煮とおせちを食べて、カードゲームをして過ごしました。

2日からは軽井沢でスキー&スノボ♪♪♪ 
いつもは新潟なのにダンナが気まぐれで軽井沢を選びました。
深夜出発すると、奇しくもこの日はスーパームーン。

スマホのカメラではこれが限界ですが、ものすごく大きなお月様でした。
IMG_6637.jpg

普段は澄んだ冬の空にかかる満月は優しくて綺麗だなと思って見惚れていたけど、今回は大き過ぎてなんだか怖い。位置が低いからかなぁ。

・・・・・きっとあの大きな月は何かを食べ尽くして重くなり、空にあがるのも面倒くさくてゴロンって転がってるんだろう。だけどまだ食べ足りなくて、今も黒々とした木々の間から凶暴に狙ってるんだ。油断して近づいたらバクっ💥💥てやられるぞ‼・・・・そんなちょっと怖い絵本みたいなストーリーが浮かんでしまうくらいの大きな月でした。


夜が明けて、ゲレンデに到着したのが9時。

軽井沢は・・・・・・・。
雪がありませんでした・・・・・・。
C97F43F9-.jpg

人口雪でなんとか滑れる状態だけど、ゲレンデの両側は土がむき出しです。
6DB31E96-.jpg

そういや積雪情報なんてチェックしなかったな。当たり前にあると思ってました。
ダンナが人口雪のゲレンデを前に「おっかしーーなぁ。。軽井沢ってもっと雪があったはずなのに。」と言うのでいつの話かと尋ねると20年前だった・・・・。やっぱり温暖化の影響??


スキーなんて高校生以来やってないので今更戻れない。
学生時代はちょうどスノボブームが到来し、仲間と授業をサボって練習しに行ってました。社会人になった時には新幹線で新潟や長野に滑りに行きました。ワタクシはジャンプとか技を決めるなんてのは出来ないけどそこそこ滑れます。

・・・・と思っていた一昨年。
小6のannが学校でスキー遠足があるとのことで、それをきっかけに10年ぶりに家族で新潟へ滑りに行ったのですが・・・。昔と同じ感覚で滑れると思ったら大間違い。

ann達のウエアは買ったけどワタクシ達はレンタルで、その時に借りたウエアがダンナがほぼ無地の上下黄緑でワタクシが上下赤でした。(お兄さんがサイズを確認してカウンターで渡されるシステム。選べない)
・・・・・お兄さん、わざとこの配色にしたんじゃ・・・・・????


10年ぶりのゲレンデで、リフトさえうまく乗れなかったガチャピンとムック。


乗る時には、ガチャピンが座るタイミングを間違えて『膝かっくん』。降りる時にはムックがバランスを失ってガチャピンにしがみつき、二人で転ぶという有様・・・・。片足はボードに固定されている為、次に降りる人の邪魔にならないよう必死に「這って」横へ移動したんだっけな・・・・。今思い出しても無様過ぎて笑えます。

昨年は2月に家族で新潟へ滑りに行く予定だったのに、前日にnatsuがインフルエンザになってキャンセル。宿代だけ取られるという事態に⤵⤵⤵ こういうことが起きるから真冬は旅行や帰省の予定を入れたくないのよね・・・・・。

インフルエンザがピークとなる2月がダメだったんじゃ??と思い、今年はもっと早くゲレンデへ行こうと年明けに決行したのに。今年の軽井沢で色んなものを取り戻そうと張り切って行ったのに。
雪が無いってどういうこと????

一応滑れるらしいので、気を取り直してリフト券やらレンタルスキーやらの手続きをし、annとnatsuを1dayスキー教室へ放り込む。

annは中1の時もスキー遠足があり、ボーゲンが出来るくらいのレベルなので『初心者教室』へ。

natsuは・・・・・。
一昨年に1回滑っただけです。その時は、スキーを履く、歩く、転ぶ、緩やかで短い傾斜を少しだけ滑る・・・という内容の「初めて教室」でした。とてもじゃないけどボーゲンは無理だろう。初心者よりレベルが下の教室はスキー板に慣らす為履いたり歩いたり転ぶ練習だそう。

「同じことやらせても飽きるよ。子供なんだからすぐに慣れるって。annと一緒のコースに入れちまえ。」とダンナに促されましたがもう2年も前だし危ない。不安だ・・・・。

迷っていると小二のnatsuが「大丈夫💥💥。なっちゃん滑れたもん‼。ネネと同じクラスがいい‼‼。」と自信満々に言い、中二のannは「一人じゃヤダ。なっちゃんと一緒がいい!」という情けない回答。そんなわけで二人とも同じ初心者教室へ。



ann達を送り出し、ワタクシとダンナで上を目指します。リフトも大丈夫😃
ゲレンデはアイスバーンで転ぶとすごく痛かったけど、楽しかったなーー✨✨

4回くらい滑り降りたくらいで、ダンナが車で仮眠したいと言うので、えーー⤵⤵⤵せっかく来たのに。。。と思いましたが、往路はほとんど運転してくれたし疲れているだろうってことで、待ち合わせ場所と時間を決めて、それまでワタクシ一人で滑ることにしました。3人乗りリフトの列に並ぶ際に「おひとり様はこちら」という別の列に並ばなきゃいけないのがちょっと難点ですが、自分のペースで滑れるのはそれはそれで楽しかったです。

気づいたけど、ダンナと一緒に滑ったコースはどうやら「中級コース」。
どおりで傾斜がきついし人が少なかった。。。ann達はどこで練習しているんだろう。見学しに行こうかな??(結局見つからず)

暖かい飲みのものが飲みたくなって休憩していたら、こんなワンちゃんがいました。プードル??
IMG_6657.jpg IMG_6656.jpg

時間になって待ち合わせ場所に行くと、神妙な面持ちのダンナが立っていました。

「めちゃくちゃケツが痛い・・・・。さっきそこで転んだ。」
視線の先にスケートリンクみたいにテッカテカの地面がありました。待ち合わせ時間より早めに着いたので一人で滑ったのはいいけど、カッコつけて急ブレーキをかけた後にバランスを崩して尻もちをついたみたい。

「いや・・・・。これマジで折れてるかもしれない・・・・。」

・・・・・。
確かにあのテッカテカの地面に尻もちついたら痛そうだけどさーー、本当 男って痛みに対して大袈裟よねーー⤵⤵⤵と思い、「大丈夫??じゃあ休憩してる?」と問うと「いや、せっかく来たし滑るわ。」という返答。

「そうだよね、折れてたら歩けないよね???私も何回も尻もちついたわーーー😃😃。」と言い、二人でまた上に上がって滑って降りて、を3回ほど。

夕方になってann達がスキー教室から戻ってきました。晴れやかな表情が楽しかった時間を物語っています。


annによると、ボーゲンが出来る子ばかりの中、natsu一人だけ直滑降で滑り下り、「転んで!転んで!転んでーーーーッ💥💥」と慌てて追いかけたインストラクターのお兄さんに「キミ何回目なの?」と聞かれ、立ち上がり様にドヤ顔で「2回目ですッ‼」と答えていたらしい(笑)。

「ワーーーッ‼って声が上から聞こえて振り向いたらさ、なっちゃんがすごいスピードで目の前通り過ぎて、そこで救急車みたいに音が変わったの。ワーーって言ったまま滑ってて超ウケたッ💥💥」

・・・・ドップラー効果???笑
「よし💨、じゃあ行っといでッ💥」って結局送り出してしまったワタクシでしたが、やっぱり危なかったかな・・・。でもそのおかげで短時間でボーゲンをマスターして帰ってきました。


夕食はホテルでバイキングがありましたが、軽井沢に来てそれは勿体ないでしょ💨ってことで、川上庵というお蕎麦屋さんへ。品数豊富でどれも美味しいし、もう4回目です。

冷酒を呑むので、鴨肉やうるめイワシ、シイタケとか・・・・、完全にツマミです😃😃。
IMG_6669.jpg  IMG_6674.jpg  IMG_6670.jpg  IMG_6675.jpg  IMG_6673.jpg IMG_6671.jpg

そしてメインのお蕎麦💕
ワタクシがいつも楽しみにしているのは、長野名物クルミとゴマのつけだれでいただくやつ。
とっても香ばしくて大好き⤴⤴⤴ 勿論お蕎麦も文句なしの美味しさです💨💨
IMG_6681.jpg

ホテルのお風呂で気づいたけど、全身あざだらけでした・・・・⤵⤵⤵ 
膝、肘、お尻・・・・。何度も手をついたので手首も痛い。あああああああ。



翌日。
今日はスキー教室で習ったことのおさらいを兼ねて家族みんなで滑る予定でした。

ところがダンナが「昨日より痛くなってる気がする・・・・。」と、まさかの「俺、部屋で寝ててもいい??」。・・・・確かに昨日のお店でも席に着く時と立ち上がる時、ソロ〜〜ッって感じだったもんな💨💨💨

1日遅れで到着した義弟一家と合流するし、まぁいっか💨💨
でも、なんだかんだで結局ワタクシ一人でann達を連れてあちこち滑りに行きました。

annたちはスキーなのにワタクシはスノボ。
始めはann達もスノボと思っていましたが学校がスキーなので致し方がありません。

ふと見回すとそういう親子連れのなんと多いこと。おそらく30代から40代前半くらいまでは若い時にスノボをした世代。ワタクシ達と同じです。そして今の20代はスキー人口が多い・・・気がする。。。。


夜は義弟家族にannたちを預けて、夫婦新年会✨✨
白熱電球のイルミネーションが綺麗な邸宅のフレンチです⤴⤴⤴


行ってきたのは、ダンナチョイスの『シェ・草間』。
IMG_6696.jpg

ステキなお花も活けてありましたよ。
IMG_6719.jpg

お料理が美しいです✨✨
まずはビーツを使ったアミューズから💕。生のマッシュルームのいい香りがしました。
IMG_6699.jpg

ワタクシは黒マグロとあん肝のサラダ💕
IMG_6700.jpg

ダンナが鴨ローストフォアグラ添え✨✨
IMG_6701.jpg

美味しかったし、こういう料理にあうのは重々承知だけど、味や香りだけで言うとワタクシはトリュフよりマツタケ、フォアグラよりあん肝が好みです。
・・・・・勿論、そんなしょっちゅう食べられるものじゃないので感謝しながらいただきました。 


これ面白かった。
タラバ蟹のリゾットなんだけど、蟹と海老のお出汁のスープの中にちゃんと南瓜の香りと味がするの。南瓜と言えば甘くなるイメージだけどこれは甘くなかった。野菜としていい意味での青臭さがしっかりと感じられました。甲殻類と南瓜って面白い組み合わせ。
IMG_6706.jpg

函館から取り寄せたという・・・、白身魚だったけど名前を忘れてしまいました💦。
IMG_6708.jpg

蝦夷アワビちゃん。美味しいソースも残さずいただく為にパンを追加✨✨
IMG_6707.jpg

メインは、ダンナは仔羊ロースト。ワタクシは赤シカです。りんご風味のソースがよく合ってました。
お肉も鹿って言われなくちゃわからないくらい、柔らかい牛肉の赤身部分みたいで美味しかったです。
IMG_6709.jpg

仔羊も味見。普段は苦手な脂身もくどくなくてビックリしました。
基本的にいつも夫婦別々のものを注文するのがルールです。だって色々食べてみたいじゃない??
IMG_6710.jpg

そして勿論、美味しい料理には美味しいお酒がなくちゃ⤴⤴⤴

最初に、昨年はお疲れさまでした。今年もよろしくお願いします。お仕事頑張って今年もまたいっぱい美味しいものを食べましょう✨とカンパーイ🎵。

最初はお魚に合う白。
IMG_6702.jpg

お肉になったところで赤を💓。
IMG_6703.jpg


デザートもあったのだけど、店員さんがワインが残っているので、チーズ盛り合わせに替えられると提案してくれました。「どうする?」って聞かれたけど、言うまでもなくチーズに決まってるじゃないのッ💥💥💥
IMG_6715.jpg

手前のブルーチーズはアトリエ・フロマージュのもので、奥のはウォッシュチーズ。佐久の温泉で作ったって言っていたような。。。ウォッシュチーズは香りも味もかなりの癖があるけれどワタクシは大好きです。真ん中のはなんだっけ???パンは浅野屋さんです。美味しいんだよねーー♪

で、チーズと一緒に出てきた蜂蜜の香りにも感動しました。お花のいい香りがする‼
ちょっとお行儀が悪いけど、スプーンですくってずっとクンクンしてました。
これは・・・・、白いお花だけを集めたブーケって感じ???。

気になったのでお店の人に「何の蜂蜜ですか?」と尋ねると、その蜂蜜の瓶を持ってきてくれました。
「ここらでしか採れない蜂蜜なんですけど、「りょうぶ」って書いてますね・・・。」って、どうやら「りょうぶ」がどんな花か知らない模様。ワタクシも知らないけど💨💨
IMG_6716.jpg

すぐに検索。

すると💥💥 
本当に白いお花でした。山にも自生してるみたいですよーー。
th.jpg  th1.jpg ryobu.png  

コーヒーには焼き菓子が。
ann達にお土産として包んでもらいました。
IMG_6718.jpg

あーーー✨美味しかった⤴⤴⤴⤴
そんなにしょっちゅう来れないけど、また行きたいお店です。


帰りのタクシーに乗り込む時にも、ダンナはまるで「痔の人」(笑)。
痛がるのでアウトレットでドーナツクッションを買って、帰りの運転は半分くらいワタクシが担当しました(普段は近所しか運転しないので高速道路はずっと左車線)。

東京に着いた翌日。
痛がるダンナを近所で評判の整形外科に連れて行きました。
レントゲンを撮って診断してもらった結果は・・・・。


尾てい骨が折れていました


全治3週間。
予定していたゴルフも全てキャンセルです。

尾てい骨は折れても特に何も出来ないらしく安静のみで、気休めの痛み止めを処方されていました。

先生には「でもね、曲がってないからよかったよ。曲がっているとね、お尻の穴から指を入れて位置を調整しなくちゃいけないからね。」と言われたんだとか。・・・・人間の体ってそんな単純に出来てるの???(笑)。


自宅に着いて、ダンナが一言。

「俺も車も傷だらけだよ・・・・。」

車は勿論 修理に出す予定なのだけど、見積もり金額見たら・・・・・・⤵⤵⤵⤵



今年も頑張って働くぞ✊💥



posted by Yukka at 13:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

忘年会の帰りに

やっと本日から仕事始めです💨💨💨。
シャキっとしなくては💥💥💥

一応、年末の出来事を記録しておきたいと思います。
この駄ブログ、自分の日記を兼ねているのでね。。。気づけは今年の3月で10年経ちますよ。。。
小学生の時から日記なんて続いたことがないし、妻となってからも家計簿は3日で挫折するこのワタクシが、10年ッ💨💨💨 すごーーーい⤴⤴⤴⤴ ・・・・・まぁ、好き放題書けるからなんだけどさ💨💨


年末の記録として忘年会ネタ。
楽しかったのと最悪だったのと一つずつ。

まずは楽しかった忘年会から。


年に夏と冬の2回ほど集まるannの幼稚園時代のママ友。
ワタクシにとってママ友とはannの幼稚園と所属していたキッズダンスサークル関係を指します。natsuのママ友はほぼ皆無です。。。。下の子って上の子のママ友つきあいよりも希薄になってしまうのってママの「あるある」だと思うんだけど、ワタクシだけ??

最初の子だと「ママ友作らなきゃ‼」みたいなのが多少あったと思うけど、次が生まれると上の子の都合に合わせて行動する機会が増えるし、最初の時より肩の力が抜けるというかね。。。「気が合う人とだけ付き合えばいいや」くらいに思っていたら、集まりに参加する時間もなく、結局ひとりも出来なかったという(笑)。
仕事も始めたし、なんていうかランチ会などママと積極的に交流しようという気力を失ったという理由もある。このままだとまずいのかな。危機感を持たないとダメかしら。

やっぱり同い年の子供をもつママ友からのリアルな情報はありがたい。どう考えても「natsuの母」である自分を疎かにしていたことは否めない。またPTAでもやって1年間を学校に捧げるか??ムリムリムリッ💥💥💥
・・・・今のところ親として参加する学校ボランティアは絵本の読み聞かせと学校公開の時の警備くらいです。

話は戻って、楽しかったannの幼稚園時代のママ友忘年会。
ann達は受験したり地域が違って別々の中学に通っているのだけど、子供らは行き来がなくなってもママ同志はこうして集まれるのが嬉しい。
それぞれの成長の話を聞いて、驚いたり共感したり励まされたり、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
特に高校生のお兄ちゃんに初めて彼女が出来たという話は盛り上がりました😃😃
身長が184センチだってーー💥💥 小学2年生の時から知っているのにッ💥💥

受験校の情報も有難かったな。幼稚園から同じなのにこんなに差がつくとは⤵⤵と思うんだけど、annが5人の中で一番勉強ができません。。。(涙)。このまま都立にしても環境のことを考えると私立も考えた方がいいのか、都立私立関係なくちょっと面白い高校ない??(地元じゃないので全然わからない)とか、色々相談にのってもらいました。今年の土日は高校見学で忙しくなりそうです。。

勿論、子供の話じゃなくて個人の近況報告もして、最後は恒例の「今年を漢字一文字に表すと??」をやって解散。ワタクシは前述のとおり『繋』、他は『変』、『誠』、『沈』、『縁』だったかな?

楽しいしリラックスしているからいつもよりかなり酔いました。
白ワインから始まって、肝が濃厚なあんこう鍋が出てからは日本酒です。。
018AA551-.jpg

一人だけワタクシと同じくらい飲めるママがいて、そういう人がいるとさーー、飲んじゃうよねぇ・・・。(←人のせい)

あらら?。
InkedC392DBEF-_LI.jpg

あららら??。
7B4518F3-.JPG

あららのら。。???
6C3E6543-.JPG

インターバルに焼酎お湯割り梅干し入りを。
ワイン×日本酒×焼酎っていう一番やっちゃいけない組み合わせです。
案の定、自宅に到着してコートのままソファに倒れて爆睡。寒くて起きたら朝の4時半でした。四十路過ぎてメイクしたまま寝るとヤバいわよ・・・・。顔を洗ってからそのまま朝ご飯を作り、お味噌汁の鍋に「11時まで起こさないでください」と付箋を貼って昏々と眠りました。



で、今度は最悪な忘年会の方。
正確に言うと忘年会はそこそこ楽しかったのだけど、その後はサイテーでした。

仕事納めの28日は会社の忘年会。諸々の準備はワタクシとアニメ声の吉田ちゃん。
その吉田ちゃんが前日から風邪をひいて寝込んで当日は欠席してしまったので、会費の集金やら景品のパネル貼ったりの設営を一人でやることに。・・・それは大した手間じゃないからいいのだけど、取引先の方も来るので挨拶とかもうてんやわんやでどっと疲れました。。。。
吉田ちゃんから託されたビンゴもワタクシの分共々ハズレだったし。毛カニ欲しかったーーーん💨💨

二次会も一応顔を出さなくてはいけません。。
気を遣うし本当に疲れるわぁ。。。

二次会がお開きとなり三次会へ行くというダンナが代行運転タクシーを呼んでくれ、「20分くらいで着くから車の中で待ってたら?」と言いました。言われたとおりに一軒目のお店の駐車場に停めたままの車の中で待ちました。

気を張っているので二次会の時も酔っていない、はずなのですが、こうしてぼーーーっと車のシートに座っていると気が抜けるせいか、急に酔いが回ってきました。そして眠い。。。。眠気覚ましに放置していたFacebookを久しぶりに開いて「いいね!」を押したりコメントしたりして時間を潰していました。

すると、一台の白い車が目の前に停まり、中からガラの悪そうな50代くらいの男性がこちらに歩いてきました。こ、怖い・・・・・💥💥 身構えるワタクシ。

車の窓を叩いて「そこに停めたいんだけど。」と言う男性。
今思えば、閉店後のその駐車場を普段から無断で使っていた人なのかもしれません。お店を利用したワタクシが駐車する権利があるのは当然なのですが、酔っていてそこまで頭が回りません。そしてそんなガラの悪い人に「代行タクシーを待っていて(酔っているので車を)動かせません」と言ってしまいました。

すると男性は「じゃあ俺が車出してあげるからどいて。代行そろそろ来るんでしょ?」と言うではありませんか。

酔っている頭で考えました。

ワタクシは、ann達に不審者対策として「人ではなく場所で判断しろ」と教えています。

「今、自分がいる場所がどんな場所か、人気がないとか周りから見えない場所で声をかけられたら、それは絶対おかしいからね。自分の名前を知っていて呼びかけてきたりも怪しいけど、もともとよく知っている人で、その人がいつも親切にしてくれていたとしても関係ないから。とりあえずその場所からもその人からも離れなさい。」

きっとこの人は本当に無料のこの場所に車を停めたいだけなんだろう。
でも、酔っている自分、誰もいない立体駐車場、ガラの悪そうな男性・・・・。
この場合、ガラが悪そうかどうかは関係ない。
これは、ドアを開けちゃダメなケースなんじゃあ。。

そしてなるべくトラブルを避けたい。

酒気帯び運転にはなりますが、仕方がなく車を通路に出しました。
男性は「ありがとう⤴⤴」と言ってそこに駐車しどこかへ行ってしまいました。


そのまま待つこと15分。
20分で来ると言われてから1時間近くが経過していました。

お手洗いに行きたくなりました。

高そうなレクサスの隣の月極めスペースが1台分空いていました。本当はダメだけど生理現象には勝てません。飲みすぎたしなーー。とりあえずそこに停めさせてもらうことにしました。

マックを見つけて事なきを得、コーヒーを飲んで一息つきました。
店員さんがいるカウンタから見えない方向にL字型に広がっているカフェスペースは人気もまばら。そりゃそうだ、深夜2時だもん。代行、遅いなーーー。
停めちゃいけない場所に駐車していることを思い出して、戻らなくちゃ。。。と思ったら。

通路を挟んで斜め向かいに座っていた黒いコートの男性が、こっちに歩いてくる。。。
ワタクシが座っていた半個室みたいなスペースは他に3席あって、他に誰もいなくワタクシだけでした。
その男性が何を言ったのか聞きとれませんでしたが、その人が隣に座ったのと同時に席を立ち、めちゃくちゃ速足でお店を出ました。ああああああああああーーーー、今日はなんなのーーーー?????怖いよッ💥💥

駐車場に戻ろうとしたらようやくケータイが鳴って、代行タクシー到着。
既に1時間半が経過していました。


翌朝。

目が覚めて時計を見ると10時。
ann達をダンナ実家にお迎えに行かなくちゃなーーとベッドの中でつらつらと考えていると、朝帰りしてきたダンナが枕元に立って、

「ねぇ、Yukkaさ・・・・・、車ぶつけたでしょ・・・・・。」

と低い声で言いました。




え???


見に行ってみると・・・・・。確かにあるはずのない新しい傷がッ💥💥💥

DC42C4C6-.jpg

※(夜に撮影の為、ワタクシが写ってしまっていますが、マンガ加工アプリを使ってみました)


そういえば、レクサスの隣に駐車する時、聞いたことのない「ゴリッ💥」っていう音を聞いたかもしれません。。

「レクサスにぶつけちゃいけないと思って駐車したのは覚えてるんだけど・・・・。私だよね、これ。・・・ごめんなさい・・・・。」

「レクサスには気を遣って俺の車はどうでもいいのかよッ💢 ・・・あーあ、俺さー、これ見た時、人ってあまりに酷いの見ると怒るより先に唖然とするんだなと思ったわ⤵⤵⤵⤵。」

どうやら、立体駐車場の柱の下のコンクリ部分に擦った模様。
一応、なぜそこに停めなおしたのかの経緯を説明したけど、それについては怒られませんでした。



かなりショックを受けていたダンナ。

だがしかし、それよりもっとショッキングな出来事が、年明け早々わが身に起きようとは、この時のダンナは知る由もありませんでした。


【つづく】


posted by Yukka at 23:25| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

繋がっちゃった。。。

2017年のこの年の瀬に大変なことが起きました。

なんと、なんと💥💥💥。
信じられないことにッ💥💥💥。

小比類巻さんと電話でお話しました


今週の月〜金に放送される21時10分からNHK FMの特別番組 RADIO1980〜2017冬〜。
80年代にデビューしたアーティストが日替わりで出演し、当時のエピソードや曲を交えつつリスナーからのリクエスト&メッセージを紹介するという1時間半の「生放送」だったわけ。 

先日集まったコヒ友の皆さんとも「もうメッセージ送った??」等やり取りをしてお互いにテンションを上げつつ、当日は別のグループの方と番組終わりまでチャットみたいに会話してました。とっても楽しかった💓💓

読み返したらライブ感があって面白かったので、見せられる範囲内のものを掲載したいと思います。

IMG_6553.jpg  IMG_6554.jpg

当たり障りのない内容しか掲載できない。。。まー、他の方の書き込みもあるんでね💦
喋ってる小比類巻さんの声が耳に心地よく、大人のオンナって感じでセクスィー💕。マーチンこと鈴木雅之さん提供の『I'm Here』が流れた時にマーチンさんの歌声が重なる前に曲が絞られてしまい、それに対してふざけて言い放った「ダメねぇ💓」にとうとうワタクシのオッサンモードが起動してしまいました😃。

ライブ時のMCは短めの小比類巻さんだけど、番組でのトークは予想に反して饒舌で面白かったです。
もしかしてちょっとワイン飲んで出来上がってから喋ってます??と思ったくらい(笑)。

短い感想をチャット形式に述べつつ盛り上がるワタクシ達。
IMG_6563.jpg IMG_6561.jpg

すると、LINEとは別のツール(メッセンジャー)を通して別のコヒ友さんから、「NHKから電話が来てKohhyをお話できるかもしれない💥💥どうしよう💦」というメールが来ました。同じ内容のものがチャット中のメンバーにも入りました。
「うわー、凄いね!!電話来るんだね!!」と盛り上がっていたら、なぜか小比類巻さんはこの方のメッセージを読んでスタッフに電話を代わるよう促されたのに「いいよ〜」と断るという。なぜだ(笑)
IMG_6569.jpg

ちなみに、ここで流れたKohhyの代表曲のひとつである『HOLD ON ME』は、当時なんと回転数をあげて歌声が高くなった状態でリリースされたらしいです。

自伝『Bバリー・ストリートから』の中で『HOLD ON ME』がヒットしたくだりが出てきて、すごくさらっと流されているどころか「予想外にヒットして」なんて書かれており、「ここってKohhyにとっては重要な転機のはずなのにこれだけ??。」と不思議に思っていましたが理由がこれだったのでしょう。

ヒットしても複雑ですよね。だって本当の自分の声じゃないんだもの。
売れたらそれでいいのかと芸能界の黒い部分を見せつけられちゃったに違いない。実際にテレビで生で歌っても「レコードと違う」等のクレームがあったみたいです。酷い話ですよ。。当時は言えなかったのでしょうね。。そんな話は番組でしていませんけれども。

ちなみに「白井さん」とは、ドラマー、パーカッショニストのシーラ・Eとのエピソードを語る時に「白井さんじゃありませんよ??」って言ってたの(笑)。(※『Together』の紹介の時も「ルー大柴さんじゃありません。」とオッサンみたいなギャグをぶちかましてた)

他の80年代のエピソードとして、85年あたりはまだ日本の音楽業界にR&Bというカテゴリーがなく、それを理解してもらうことに非常に苦労し、まだ10代だったのに「これヒットしなかったら次はないから」と言われ、挙句の果てに「(販促の方法が)わかんないからKohhy 自分で考えてよ‼」と大人に言われた話。仕方がないのでなんとなく渋谷をブラついていたら壁画をペイントしている人を見て、これは使えると「アルバムジャケットを描いてもらったらどうか」という企画を持っていったら通ったという。。。今は普通ですけどね、安室さんのアルバムも新宿東口に大きなキャンパス出して描かれていたなーー。そんな昔(←失礼)からあったのか。。。
「自分で自分を褒めたいです!!」と言っていたのが面白かったな💨💨 

知っているコヒ友さんの名前が出てきて電話に出るかもしれないとわかって盛り上がっていましたが、この時はまさか自分にもかかってくるとは思っていませんでした。


が💥💥💥

不意に知らない番号から電話がかかってきて・・・・・。
スタッフの方から先ほど別のコヒ友さんと同じ内容の電話がありました。「あとでかけるかもしれません」と言い残して切られた電話に心臓がバクバクです。

メッセージ読まれたら嬉しいと思ってはいましたが、電話はムリ💥💥喋れないッ💨💨💨

いや、嬉しんだけどッ💥💥
Kohhyと喋りたいけどッ💥💥💥
ああああああー、やっぱりちゃんと話せないと思うしッ💨💨💨
うわぁあぁぁああぁあ💥💥💥

他にも何名かいるらしいということを知り、ワタクシのところは結構ですぅうぅううぅうッ💥💥💥と思っていたら、生ライブが始まって歓喜💕。振り回されっぱなしです😃

IMG_6555.jpg

自曲の『Holy Night』とクリスマスの定番『White Xmas』を歌っていました。アリヤさんのコーラスと大島さんのピアノというシンプルな音の中で響くちょっとオトナな感じのHoly Night。ステキでした💓

Yukkaさんに電話が来るかも❗と盛り上がってくれている他のメンバーに比べて、急に口数が少なくなるワタクシの緊張が伝わるLINE。絵文字もスタンプもありません。そんな余裕は無かった・・・・。
IMG_6556.jpg

演奏が終わって、リスナーからのメッセージを読み始める小比類巻さん。
不意にまたケータイが鳴りました。恐る恐る出てみると先ほどのスタッフの方で、「番組聴いていますか?この後スギヤマさんのメッセージが読まれて小比類巻さんにお電話つなぎますので、このまま聴いていて下さい。ちなみに今、ご主人はいらっしゃるんですか?」と聞かれた為、複数送ったどのメッセージが読まれるのかがこの時にわかりました。ダンナは忘年会で不在でした。この時期、ほぼ家にいません。

スタッフの方に「このまま聴いていてください」と言われている間、ワタクシのメッセージを読んでいる小比類巻さんの声が電話口から聞えました。

どんなメールを送ったのかというと、この日のテーマが『お酒は飲んでも飲まれるな』と題し「あなたや周りの人のお酒の席での失敗エピソードを教えてください」というものでした。

『主人の話です。
主人は帰宅した時にマンションのインターホン越しに娘と会話してからエントランスのドアを開けてもらうのがお約束で、その日も部屋番号を押して「〇〇ちゃーーん、パパだよーー♪開けて〜〜」とカメラに向かって話しかけたのですが、忘年会の帰りでいつもよりテンションが高かったせいか、「ゲッツ!!」などのやや古いギャグのパフォーマンスを繰り広げました。
我が家のインターホンは自動録画で1分程度で停止するので、夫は何度もインターホンを押して「〇〇ちゃーん、なんで開けてくれないのーー?」と言いつつ階段下りなどのパフォーマンスを続けました。
が、押していたのは、一桁違いの別のお宅。その時そのお宅は留守で夫の恥ずかしいパフォーマンスが何度も録画されたことになります。今でも家族の間で笑い話として語り継がれています。もちろんそのお宅には誤りに行ったのは言うまでもありません。。』

だいたいこんな感じ💨💨 お酒の席の話ではないので文章の前にそれを断って『番外編です』と入れていました。そこも読んでくれたかな。ホントにねーー、飲んでるとしつこいんだよねーーー。これはannが小さい時の話だけど、今でも酔って帰ってくると、なんかしつこい。くどい。

小比類巻さんは「ゲッツ!」のところは半笑い、何度もインターホンを押した所では「ふふ・・・、そうなの・・?」とやや引き気味で読んでくれ、最後のオチ(?)は、「えええ〜〜スゴイ!!」と笑いつつ、「可哀そうにwww。」と言いました。

その後ですよッ💥💥💥💥

自分のスマホから聞こえる「Yukkaさん??」っていう小比類巻さんの声ッ💥💥💥 
ワタクシが生電話のトップバッターだったからか、それともド緊張の「もしもし」だったからかはわかりませんが、ワタクシの声を聴くと「うわぁ、リアルだッ💥💥」と言いました。

ちょっと・・・・・・・💨💨💨

ワタクシのスマホにッ💥💥
あの小比類巻さんのお声がッ💥💥💥

っていうか、ワタクシに話しかけているってこれは現実なの????💥💥💥💥

もう、頭の中がホワイトアウトでしたよッ💨💨

「お隣さんがこの画像を消してくれることを願ってますよね?」
「全然行き来がないお宅だったので・・・。」
「ご主人は最近はこういう失敗はございますか?」
「いえ・・・・、最近は・・・・まだないです。」
と聞かれたことしか答えられません。心臓が爆発しそうで、思考が停止しておりました。。。。

「年末年始のご家族のご予定は。」という当たりさわりのない質問をされ、軽井沢でスキーという(本当はスノボなのに緊張し過ぎで間違える)ワタクシの回答に「お金持ちーーーーーっ❗❗」って言われたわよ・・・・(笑)。
IMG_6573.jpg  IMG_6566.jpg

何が驚いたって、緊張している自分に、ですよ💥💥💥
ワタクシは言うまでもなく神経がず太いので、初対面の人とも臆せず話すこともできるし、人前でこっぱずかしい歌を歌っても緊張しません。基本的にいつも太々しい感じです😃。

なのにッ‼‼
Kohhyの前では、もう・・・・・・⤵⤵⤵⤵
あんなにフニャフニャになってしまうとは・・・・⤵⤵⤵
知らない自分に遭遇・・・・。

多分、中学生に戻ったんだと思います。あの時の一瞬だけ。
ドキドキした、なんてもんじゃありませんでした。

あまりのヘタレっぷりとふがいなさに、アンタ、まだそんなウブなところもあったのね・・・、と自分が愛おしくなっちゃったわよ(笑)😃😃😃

後でコヒ友さん数名から「Yukkaさんがあんなに緊張しているなんて❗」とか、「普段とのギャップがスゴイ!!」(←やっぱり自他共に認識している太々しさ??笑)と言われ、かなり恥ずかしかったです。。。。
って言うかさ?
冷静に考えてみたら、そんなに驚かれるって、普段のワタクシにどんなイメージ持ってるって言うのよ??と思いましたけどね(^^)。

それだけワタクシにとって小比類巻さんは、スペシャルな存在ってことですよ💨💨💨



最後は『Tonight』の生ライブ。いいよねーーー。



生放送は本当に面白かったです✨
他にも知ってる名前がチラホラ出てきて盛り上がりました。投稿されたメッセージも面白かったし。

他にも数名の生電話がありましたが、ワタクシと違って皆さんしっかり受け答えをしていてすごいなと思いました。最後の男性なんて最近のKohhyについて褒める褒める。ワタクシは例え緊張していなかったとしても、あんなにグイグイいけません💥💥

また番組やってもらいたいなーー。コヒ友さんともそんな話をしてLINEチャットは終了。
IMG_6560.jpg

放送はUSBに録音したけどあんなフニャフニャな姿は家族には絶対に見せられません。(←放送は全国)
でもKohhyとお話できたことそのものはかなり嬉しかったので、子供部屋にいたannや翌日帰宅したダンナに自慢しました。

ダンナは全然小比類巻さんに興味がなくその温度差にイラっとしたので、「ちょっと💥💥どんだけ凄いかわかんないみたいだけどさッ💢 長渕剛から電話きちゃうのと同じだからッ💥💥💥」と言ったら、「えええええッ💥💥」とやっとちょっとだけ理解してもらえました😃。

ふと思ったけど、放送中にダンナが一緒にいたら、ダンナに代わったのかな???
お調子者だから何を言うかわかったもんじゃありません。放送事故になるかも。いなくてよかった💨💨💨


番組でかかった曲はコチラです。↓
1. RADIO NOWHERE/ブルース・スプリングスティーン
2. 愛のコリーダ/クインシー・ジョーンズ
3. I'm Here/小比類巻かほる
4. TOGETHER/小比類巻かほる
5. I Need You/モーリス・ホワイト
6. RIDE ON TIME/山下達郎
7. Hold on Me/小比類巻かほる
8. DREAMER/小比類巻かほる
9. Sometimes It Snows in April/プリンス
10.Holy Night/小比類巻かほる(スタジオライブ)
11.White Christmas/小比類巻かほる(スタジオライブ)
12.Tomorrow (A Better You, Better Me)/クインシー・ジョーンズ
13.療養所(サナトリウム)/小比類巻かほる
14.一期一会/小比類巻かほる
15.Tonight/小比類巻かほる(スタジオライブ)

Kohhyが小学生の時にさだまさしを聴いていたという話は初聴きで意外でした。
さださんのカバー曲『サナトリウム』は彼女の歌声の幅の広さがとても伝わってよいです。
そういえばさださんは定期的に「朝までさだまさし」っていうNHKの生番組やるよね?ゲストで出てほしい。
今年に亡くなったマネージャーの後任はまだ決まってないのかな。敏腕マネージャー、カモ〜〜ンヌ💥💥💥


自慢し足りないワタクシは、翌日いつもの行きつけに出かけました。
このビッグニュースをマスターに報告しなくちゃッ💥💥💥

お店に入るなりカウンターのマスターに、「私今日めちゃくちゃ機嫌がいいのッ💥💥・・・どうしてかというとね・・・・」とカクカク云々。マスターは「えええええッ💥💥それは俺でいう所の山下達郎かな?電話ってスゲーな、それ💥💥。俺もちゃんと喋れないと思う。」って言ってくれて、さすが話の呑み込みが早いわ。大好きだわ⤴⤴⤴。

ふと見ると、先日ライブに行ったバンドボーカル君もいたので、隣に座って同じ話をしました。
そういえばこの人、ライブでプリンスの「KISS」を歌っていました。パーカッションとギターとベースで、踊りながら歌う姿はなかなかカッコよかったのです。

そこで小比類巻さんを知っているのかと尋ねたら知らなかったみたいなので冗談じゃないわと思い、
Kohhyがキャンドルがたくさん灯されているプリンスのスタジオでレコーディングした時のエピソードを説明しました。先にスタジオを出たプリンスがスタジオと機材の部屋を隔てるガラス窓に「ちゃんと見てるからね」という意味でキャンドルを使って大きな「目」を描いてくれていたというワタクシの大好きなあのシーンです。

「日本人であのプリンスに楽曲提供されたのは彼女だけなんだから‼ 他にもアースのモーリス・ホワイトとかさーー・・・」とドヤ顔で言い放ち、「で、その小比類巻さんから昨日電話があったの💓・・・・わ・た・し・の、スマホに💕」

・・・・我ながら話の展開の仕方がやらしい(笑)。
でも本当のことですからね💨💨

いつもはどちらかというと聞き役のワタクシでしたが、この日はテンション高めでずっと喋っていたような気がします。酔っ払いなのに小比類巻さんのBBSにも書き込みをして上機嫌♪♪
そんなワタクシが面白かったらしく、先に終電で帰ったバンドボーカル君がお支払いをしてくれていました(会計の時に気がついた)。あらぁ💓結構、飲んじゃったんですけど??? 
勿論翌日お礼のメールを入れたら、「いえいえ。Yukkaさんがとっても楽しそうに喋ってたから、こっちもすごく楽しい気持ちになり美味しいお酒が飲めました。ありがとうございました。」って返ってお礼を言われるという。。。えーーーッ???

Kohhyと生電話🎶
年末にものすごいプレゼントをいただき、感無量でございます✨✨



『Together』の曲がかかる前にKohhyがこんなことを言っていました。

「なぜかを知りたいからわかろうとする。知ろうとするチカラって、例えば友達とか恋人とかに対してですけれども・・・。Togetherってそういうものですよね。」


相手のことがわからないから考える、知ろうと努力する。「一緒にいる」ということはそういうことで一緒に過ごす時間とか距離じゃないのよ。ってことを言いたいのか💨💨。

だとしたら、すごく共感できますね。
一緒にいたって知ろうとする努力を怠ったら、一緒にいても離れていると感じるもの。

Kohhyのロングインタビューを読んで、これってどういう意味なの??と考えたけど、あれも一緒にいることだったのかな。


目指せ本丸ッ💥💥
(知ってる人だけに伝わればいいです。)


posted by Yukka at 00:30| Comment(4) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

『繋』

2017年を漢字1文字で表現するとしたら、ワタクシは迷わずコレです。

今年は近年稀に見る「出会いの年」でした💨。
1月の小比類巻さんの台北ライブで親しくなったコヒ友の皆さんとの出会い、行きつけのお店で出会ったコウさん達とのバンド活動(?)が特に大きかったけれど、他にも嬉しい出会いがたくさんありました✨。・・・・それだけ出歩いたってこともあるけど💨💨


先日の土曜日は前々からとーーーっても楽しみにしていたコヒ友のリアル「Kohhy祭り」💕💕

小比類巻さんに関しては中学生の時に観たTDKのCMと数枚のアルバム、音楽雑誌にロングインタビューが載っていたなという薄ぼんやりとした記憶しかないので、親しくなったコヒ友さんから当時のエピソードを聞く度に羨ましくてしょうがなく、あちこちでその心中を吐露していたところ、なんと「今度、お宝披露会(とは言ってなかったけど)を開催するんですが、Yukkaさん来ますか?」というお誘いをいただき、「ハイ、行きます💥💥絶対行きます💥💥」と二つ返事で時間と場所を聞き、ワクワクしながら当日を待っていました。

主催の方が、行きつけだというカフェの個室を予約してくれており、台北で一緒だった人、既にコヒカラ(小比類巻さん縛りのカラオケ)で遊んだ人、ライブで何度か顔を合わせて挨拶はしていたけどお話はしたことがない人、BBSでよく絡む人・・・・、ワタクシも入れて全部で8人。ちょうどいい人数です。
「ライブ前に集まれるって嬉しいなぁ✨よろしくお願いします🎵」と言ってニヤつきながら着席しました。

結局、6時間ちかくもそこにいましたよ💥💥。
(ランチやケーキセットを注文しつつ、コーヒーおかわりし放題)


台北ライブの話、来月のBallad Nightの1曲目の予測、最近送られてきた会報の内容について、来週のラジオもうリクエストした?等、最近の話題も楽しかったけど、ワタクシがやっぱり楽しみにしていたのは、リアルタイムで知らないKohhyの軌跡。

ツアーパンフ、雑誌、切り抜きやライブチケットの半券(綺麗にファイリングしてある)、インスタントカメラで撮ったと思われる右下に年月日が入っている写真とか・・・・。「うわーー、懐かしい✨」とは言いつつも、お互いに得意になって見せあう様子がなんだか放課後の教室みたい⤴⤴⤴

ワタクシは特にロングインタビューが載ってる雑誌が嬉しかったので「こういうの読みたかったんですッ‼‼」と持参してきた人にお礼を言いました。そして黙々と読みはじめて静かになったワタクシに「ご新規さん(?)はリアクションがいい」「ちゃんと読んでくれるもんねーー。うふふ⤴⤴」と温かな眼差し?です。


Kohhyのロングインタビューの記事を3冊ほど読んだ感想は、時々面白い言い回しが出てきて個性的。ちゃんと咀嚼しながらでないと飲みこめない。。。そんな感じでした。歌詞はそんなことないんだけどな??
文章だったら何度も読み返して考えることが出来るけど、もし会話だったら頭の中で常に言わんとしていることを要約しながら聞く必要があると思いました。・・・こりゃ大変だな。


試しに「ここのこの部分の意味わかります?」って隣の人に質問してみると、「ううん。わかんない。でもKohhyはね、いいのこれで。感性の人だから、なんとなくわかってればいいの(笑)。」との返事が返ってきましたよ💨。。

ワタクシはこれってどういうことを言っているのかな?と考えるのが割と好きなので、どうしてこの表現になったのだろうとKohhyの脳内に思いを馳せながら読みました😄。
・・・・アーティストだし、当時20歳くらいだし、思ったままを口にしたらこうなったのかしらん💨💨。


ワタクシはKohhyに興味津々だけど、往年のファンがKohhyをどう思っているのかも興味があります。人によって違うから面白い。


でもひとつだけ皆さんが口を揃えて言うのが「丸くなった」でした。今回の集まり以外のところでも結構聞いたなーー。
昔は「人を寄せ付けない雰囲気」だったらしくそれは見ていてそんなに器用な人ではないんだろうなとなんとなくわかります。
でも今は違うんじゃない??人は年を重ねるにつれ苦手分野を克服しなくてもカバーするスキルを身に着けていけますからね。

ワタクシだって20歳前後の頃なんて愛想もへったくれも無かったので、「こんなに喋る人だと思わなかった」とよく言われてました。今でさえも黙っていると「もっととっつきにくそうな人だと思った」と言われます。あのおじさんバンドのコウさんからだって、「いやいや、チャレンジだったよー。」と言われたっけ(^^)

そういえばコヒ友さんがどうして最初からあんなにフレンドリーなのかを考えると間違いなくファンクラブBBSがあったおかげです。今回、初めてお話した方が「あの感じはね、いいと思うよ?そうやって新しい人が盛り上げてくれるのはコヒちゃんも(←コヒちゃん???)嬉しいと思うよ?」とか、「Kohhyはどう思っているか知らないけど、Yukkaさんの書き込みはいつも和むからいい。」と言ってもらえたので、安心しました。・・・前置きが気になるけど(笑)。


ノートPCを持参している人がいて、皆でテレビの歌番組やCMを観て過ごし、まさにKohhy祭り😃
でもyoutubeでKohhyのオフィシャル以外の映像はすぐに消えるところを思うと、きっと過去の映像を色々ほじくり返されることは権利とか諸々は勿論 嫌なのでしょう。
でも!でもさぁ!!知りたいじゃないのよッ💥💥

とにかくワタクシを含めて皆、Kohhyが大好きなんだなということがわかって、6時間という時間の経過を忘れるくらいとても楽しいひと時でした。

最後に主催の方がそれぞれ『お宝』を手にした集合画像をKohhyに送ったみたい。どう思われたのか気になるところですが、知る由もナイ・・・・(笑)。またこの続きをやりましょう⤴⤴と約束をして解散しました。
来月は別のコヒ友さんとこじんまりとした新年会がありそちらも楽しみです。Ballad Nightという企画ライブが1月21日(日)あって、そのセトリを予測しながら鍋をつつく予定です😃

明後日はラジオもあるの🎵 Kohhyは21日(木)!!。


ピアノでの生ライブもあるので楽しみ💕💕
リクエスト&メッセージを3通も送っちゃったわよ。読まれたら嬉しいけど、相当 動揺すると思う!

http://www4.nhk.or.jp/radio80/



コヒ祭り解散後は、行きつけで知り合ったバンドボーカル君のライブに行きました。隣の席になった時にマスターに「彼もね、バンドで歌ってるんだよ」と紹介されて話してみたら、なかなか面白い人だったので「じゃ今度ライブに行きますよ」と約束していました。

その後またお互い行きつけに来ていたのでまた一緒に飲んでインスタをフォローしたのだけど、のぞいてみたら予想どおりに女子みたい。食べたスイーツとか、これ買いました💓って靴や帽子が載ってたり😃。・・・・・話していてもちょっと中性的だなと思ったのよね💨 最近の若者(でもない??6歳下←おじさんばかりと遊んでいる為、30代はヤング)はこうなのか。
ちなみにワタクシ自身はインスタやってません。人のを見るのが好き。

時々「いいね!」を押すくらいで特にコメントすることもなく、「ライブ行くよ」と言ってからだいぶ日が経っていたので、ワタクシが受付でチケット代を支払っている時に思い切り下から顔を覗かれて「やっぱりッ‼」とビックリされました。

「なんで?行くって言ったじゃん💨。」と言ったら、すごく感激してくれて行ってよかったなと思いました。

・・・・その場のノリで盛り上がって調子のいいこと言って、通り過ぎたら知らん顔する社交辞令は嫌いなのよね・・・💨。
「行く」って言ったら行くし、出来ない約束は最初からしない主義です。



ボーカル君のライブへ行く移動中にコウさんから都内で飲もうという連絡が入りました。なんでも以前ゴールデン街で飲んだ時に来た後輩のミュージシャンA他がお皿を回す(・・って今言うの??)らしい。
ライブ後は行きつけで飲もうと思っていたので、特に予定を入れていなかったのだけどスタートが21:30で後輩の出番が23時って、遅くない???

急遽自分がいる場所をメールして「コウさんも来ますか?」と送ったら、「今から出るわ」と30分後にライブハウスで合流。独身はフットワークが軽くていいなぁ。

ボーカル君に「一緒にバンドやってるコウさん。こっちがメインだから。」と紹介したら、コウさんが「この身長差がいいでしょ??いいバランスでしょ??」と笑いをとっていました😃 

そういえば先日のライブでコウさんの友人が、バンドメンバー全員にとってもステキな真っ赤なコサージュを作ってくれたのですが、自分で着けられないからお願いと言って「ハイ」と胸を張るコウさんを見て、脳裏にとあるシチュエーションが浮かんでしまい「ふっふっふっ」と笑いながらかがんで着けてあげました。


「なんで笑ってんの?」と聞かれたので、


「だって・・・・。卒園おめでとう、みたいだなと思って(笑)」

一同爆笑。


バンドボーカル君が歌うのは、洋楽のカバーでした。喋ってる時と雰囲気違ってカッコよかったです。コウさんがしきりに「俺とどこが違うんだろ??」と隣で言っていたけど、完全スルーです😄。

コウさんとバンドボーカル君はその後Facebookで繋がったらしい。
私はコウさん達バンドメンバーとは一切繋がってません。別に繋がってもいいけど、なんか今更感があるし、Facebookはそんなに熱心に利用していないもの。


ライブ後は2人で渋谷へ移動しました。


でももう朝帰りはまずい。

最初に「終電で帰るので、少し顔出したら帰ります」と伝えました。すると「それじゃあせっかく行っても時間が短いから前みたいにタクシー乗り合わせて帰ろうよ」と言ってくれたので2時過ぎくらいに出ることにしました。タクシー乗って着くのは3時前。
そのくらいなら怒られない。(それでも一般的にはかなり遅いけどね)




前回 朝帰りした時は・・・・。

眩しいくらいの朝日の中、マンションに近づいて自宅の窓を見上げると、なんとベランダでダンナが煙草を吸っている!!日曜なのになんで早起きしてんの???ちょっと焦りました。怒ってるかな???

エントランスではない裏口から入り、静かに自宅ドアの鍵を開けてリビングにいるダンナに向かって敬礼しながら「ただ今 戻りました!!」と元気よく言い放ちました。


「今 何時だと思ってんの?」

「ハイ!7時25分です!(←まだ敬礼してる)」

「・・・酔ってんの??」

「酔ってません!!」

「遅すぎるだろ💢。・・・朝帰りだぞッ!!」

「ごめんなさい。・・・・朝ごはんは何にいたしましょう。」

そう言ってチラ見したら、「なんかテキトーにやって‼️」と言ってソファに寝転んだので手を洗おうと洗面所に向かうと、

「朝帰りだからなッ💢💢」と背後から再度言われました。


・・・・あの感じはもうダメだろう。


明るいと朝のランニングなどのご近所さんにも見つかるし、「あそこの奥さん、朝帰り」「annちゃんのママ、朝帰りしてる!」と後ろ指を指されるかもしれない。それはまずい。絶対まずい。

なので、色んな人と話せて楽しかったけど、2時になったので、コウさんに帰りますと伝えました。これから二次会に流れようという時でした。コウさんは「そうだよね?あまり引き止めたら練習来られなくなっちゃうかもしれないしね。俺はまだ残るけど送るよ。」と言って、タクシーが捕まるまで一緒にいてくれました。

「何が気分いいってさー、YukkaさんがAに全然興味ないって事だよね?俺の周りはみんなファンになっちゃうからさぁ!面白くないのなんの。みんなAの事しか見てないから嫌な気分になるし!」

オイオイ(笑)。

「・・・興味無いなんて、そんな失礼な事 言ってません。」


渋谷の外れにあるクラブみたいな小さなお店には、ファンの女の子や関係者とか色々来ていました。ワタクシ達のライブに来てくれていたコウさんの友達もたくさんいたので、その人達と談笑していました。楽しかったけど、ここで流されずにちゃんと帰れる所を見せておかなくちゃな💨 

いわば『信用の貯金』です。
それまでの実績が今後のワタクシの自由度を左右すると言っても過言ではありません。中くらいのピンチの時は使える・・・かも???

自宅に着いて、コウさんに無事に到着した報告を兼ねてお礼、いただいたタクシー代のお釣りと領収書は次回の練習の時にお返ししますとメールしました。これでよし💨


でも。
結構飲んじゃった。

リビング寒いよ。

ちゃんと帰ってきましたよーーん♫という挨拶(?)がわりに、イビキをかいているダンナのお布団にソロソロと入りました。夏はヤダけど冬はあたたかくていい。

全然気付かない。。。
ちゃんと帰ったよー!3時前ですよー!!

イビキがうるさくて一緒には眠れないので、自分の寝室に行くと、そうだ。今日は人間湯たんぽnatsuがいない。annと一緒にダンナ実家にお泊りです。

仕方がないので、キッチンで湯たんぽに入れるお湯を沸かしている間 寒いのでまたダンナの布団に入りました。

でも、やかんに火をかけて寝るのはまずいとまた起き上がると、

「さっきから、何やってんの??💢」

と怒られました。起きてたのか。。。



日付を跨いで 長い一日。


たくさんの新しい繋がりも大切にしたいけど、家族との繋がりも忘れちゃいけないと思いました。




posted by Yukka at 00:57| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

師走の週末風景

先週の土曜日に、今年最後のおじさんバンドのライブがありました。

お昼時に簡単なリハがあって、後は本番まで自由時間。各自適当に過ごすことになり、場所が渋谷で集合時間まで4時間もあったので、気になっていた雅叙園で開催されている展示会へ行ってきました。

神の手ニッポン展V
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/kaminote

【公式HPより抜粋】
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手●ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。とても人間技とは思えない、神の手によって創られたような高度な技術に裏打ちされた作品群を通し、日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、探究心や真摯さにあらためて気づいていただくことで、日本人としての誇り、元気や勇気、感動を与えることを狙いとしています。今後「日本発・新たなアートムーブメント」として世界に発信していきます。


目黒雅叙園には初めて行ったのだけど、外観は近代的ですがエレベーター内の壁が漆塗の螺鈿の工芸作品だったり、とにかく煌びやか。外国人観光客が喜びそうな日本の工芸品がそこここに盛り沢山です。

ホテルの中に百段階段というそこだけ昭和初期の木造住宅みたいな長い階段があり、上るたびに右手にある畳のお部屋へと繋がっています。普段は結婚式のゲストの待合室などに使うお部屋かな?その畳敷きの各お部屋に今回の匠たちの作品が展示されていました。


いやーー、凄かったね✨
失礼ながら「よくこんな果てしない作業にとりかかる気になりましたよね」と思うような気が遠くなる手間暇をかけた緻密な作品ばかり。

特に面白いなと思った作品。
IMG_6444.jpg

紙を数百枚重ねて作った切り絵(切り文字?)。芥川龍之介の『地獄変』の冒頭。
細かい切り絵は今まで何度か見たことがあるけれど、絵ではなく文字で、しかも「重ねる」というところが面白いなと思いました。でもさー、数百枚も同じ文章を切り抜くなんて、芸術作品を作っているというより、もはや座禅や写経などの「修行」に近い状態だったんじゃないかしら??。
無心に文字を切り抜く・・・・。そのストイックさと執念が、幾重にも重なって重たくなった赤い文章から迸っておりました(?)。


こちらはシャドーボックス。
同じ絵を幾重にも貼り合わせて立体感を出した作品。
これまた気が遠くなる作業です。

ミケランジェロの『天地創造』、葛飾北斎の『富嶽三十六景』
IMG_6439.jpg IMG_6440.jpg 

斜め横から見るのが面白い。
IMG_6435.jpg

IMG_6442.jpg  IMG_6438.jpg  IMG_6437.jpg

こちらは様々な木片を組み合わせて絵にする組み木アート。
IMG_6467.jpg IMG_6455.jpg

一切の着色をしておらず、全て天然の木の色です。木って種類によってこんなにも色味が違うんだなぁとそこから再発見です。中には銀色っぽく光る木片までありました。木目も色々で面白い。
こちらもめちゃくちゃ細かかったッ💥💥

IMG_6451.jpg

こちらの虎の作品のひげを見てください‼ ほっそーーい。しかも曲がってるッ💥💥 
IMG_6452.jpg

どの作品も木片の厚みは5mmほど。会場の真ん中にくりぬかれた木片も展示してあったのに撮るの忘れちゃった・・・。作家の方も会場にいらして色々お話を聞くことができ、どれも電動の糸ノコで静かーーに丁寧に切っていくんだとか。息止めてやってそう・・・・。

こんな楽しい作品もありました。
IMG_6463.jpg

IMG_6464.jpg

作家の方に「こんな作品が幼稚園とか保育園に飾られていたら楽しいでしょうね。」と言ったら、こちらのこの作品は実際は2ⅿもある作品の縮小版で、小児科病棟の壁に入院している子供たちが楽しい気持ちになるようにとの思いを込めて作ったんだとか。

IMG_6465.jpg
ちゃんと七色の虹に見えるからすごいよ。木ってそのままの色で温かみがあっていいよね。

こちらにも北斎の作品が。
IMG_6448.jpg

波しぶきの小さな丸い点(直径3mmくらい?)までくりぬいてはめ込んであるという・・・・。スゴイッ💥💥
材料になる木片は仏壇屋さんなどからいただくとのこと。この作品にいたっては、波のブルーを表現できる木材に出会うまで半年以上かかったんだとか。。
IMG_6449.jpg

こちらの作品は桜の花が細かい・・・・。
幹部分に使っている木がすごく硬くて「二度とやりたくない作品」とおっしゃっていました。
IMG_6460.jpg IMG_6461.jpg

もうひとつ度肝を抜かれたのが「ペットボトルアート」。
LED照明をあてられた幻想的な風景がそこに広がっていました。
IMG_6473.jpg

こちらはトキ。
IMG_6476.jpg

傍で観てその細かさとリアルさに感動。。。
IMG_6479.jpg IMG_6478.jpg

IMG_6483.jpg IMG_6484.jpg IMG_6485.jpg

川原の風景の一瞬を切り取ったこの作品も素晴らしかったです。
IMG_6480.jpg

IMG_6481.jpg IMG_6492.jpg

月下美人。
IMG_6486.jpg IMG_6489.jpg

この植物の精巧さ、生物の動きのほんの一瞬を切り取ったようなリアルさは、動物園や水族館の設計・施工を行う会社に勤めながら得た知識や観察力。作品作りには一切の接着材を使わず、そのまま処分できるよう接合はすべてハンダコテの熱を利用して作っているんだとか。
え???捨てちゃうの???勿体無いからやめてーーー💥💥


あーー、いいもの観ちゃった⤴⤴⤴⤴
満足、満足🎶🎶 とルンルンでライブ会場に戻ると、既にワタクシ達の2つ前のバンドが演奏しており、急いで着替えて楽屋待機です。

もう同じライブを3回やってます。
今後もこのコウさんのオリジナル曲しかやらないの??
・・・・そろそろ飽きてきたんですが・・・・⤵⤵⤵。

そんなワタクシのテンションを見透かしたのか、今年最後の4回目のこの日のライブにはカバー曲が1曲入っていました。コウさんが「好きなの選んで歌っていいよ」と言ってくれたので、コウさんの暗めの曲(笑)にはない楽しい感じ&昭和のポップス、という基準で選んで皆さんに練習してもらっていました。

歌ったのは1980年リリースの松原みき『あいつのブラウンシューズ』。
動画のコレは短縮版なのですが、ワタクシが歌ったのはフルバージョン。


松原みきさんは、44歳でガンで亡くなっているんだよね。
44歳なんてワタクシの来年の年齢じゃないのよ。。。早い、早すぎる。。。
生きてらしたら57歳。
歌い続けていたら、一体どんな歌を歌っていたのかな。やっぱりジャズかな。ライブ行ってみたかったな。
歌う映像を見たら楽しそうで、本当に歌うのが大好きなんだなーっていうのが伝わります。

そんな話はしていませんが、歌う前にこの曲の歌詞の内容にも触れ「彼女の曲は楽しい気持ちにさせてくれる曲が多くて・・・」と選んだ理由を説明させてもらいました。

70年代後半〜80年前半の生演奏の歌番組を観まくって、「この曲だったらこんなの感じ?」という振り付けもつけ、るんるんるーーん🎵っていう忘年会的テンションで楽しく歌わせていただきました😃

だって動いて歌った方がマシ。余興要素が強くなるから。
大した歌唱力もないのに静かに佇んで、全然理解できない「パートナーがいて幸せなのに昔の男が住んでいた街を訪ねてしまう女の歌」を切なげ?(←笑顔で歌える歌詞じゃないから)に歌いあげている方が、数倍小っ恥ずかしいじゃないのよ💨。笑

自分で書いた歌詞なのに、今まで楽譜立てにA4歌詞カードを置いて歌っていたコウさんが、今回ついに見ないで歌うということにチャレンジしたら、交互に歌うところで先に歌うコウさんがワタクシの歌詞を歌ったが為に、同じフレーズが繰り返されるという失敗はあったものの、オリジナルなので誰も間違いに気づかないし、そもそもみんなそこまで歌詞を聴き込んでいないしー🎵と、おじさん達がいつも笑い話で言っていたので全然気にしないっていう・・・・そんなクオリティでございます😃。

そんなこんなで、無事終了💨。
いつも本番よりも打ち上げが楽しみ💕
並んだ掘りごたつテーブルのあちこちに移動してそれぞれのグループと談笑します。それぞれの職場の同僚や後輩、プライベートでの飲み仲間、別バンドのメンバー、学生時代の仲間などいろんな人がいて、コウさんに無理やり連れてこられた(?)職場の若手以外、みんな年上で男女比は半々くらいでした。そこで知り合う別バンドの方のライブに行くことになったり、お店をやっている人がいれば、じゃあ今度の打ち上げはそこにするかーとか、色々と繋がっていくわけです。

ワタクシは友人知人は呼んでいなかったのですが、カメラマンとしておじさん達からオファーがあった妹が来ていました。ワタクシがあちこち移動している間にドラムのトムさんが「・・・・で、練習が終わってコウさんと立ち寄ったbarで、アナタの姉上が一人で飲みに来ていたわけですよ。深夜0時過ぎですよ💥聞けば旦那さんもお子さんもいらっしゃるって言うじゃないですか。いやーー、驚きましたねぇ。。。」と事の経緯を説明していました😃。妹もワタクシ同様、人見知りしないのでこういう時はずーーっとほったらかしにしても勝手に楽しんでくれるから楽でいい。

昨年まで1年間フランスのボルドーに留学して帰国したら、猫目アイライン&赤リップのテイラー・スイフトみたいになって帰国してきた妹。その後今年の夏まで半年近くいたフィリピンから帰国したら、今度は部屋着みたいなチープなボーダーワンピにビーチサンダルにリュック。ミーみたいなひっつめヘアー、日に焼けた化粧っ気ナシのすっぴんなのに、バブル時代のランコム青みピンクみたいなリップだけ塗って登場した時には思わず「アンタどうしたの??」と笑いました。もしかしたら次はインドかもしれません。一体今度はどんなふうにかぶれて帰国するのやら。。。そんな話をコウさん達にしたら「姉妹して、ほんっとに面白いねぇ。自由だねぇ。。。」って感心されたわよ😃😃 宴は深夜まで続きました。



翌日はannが自宅にお友達を呼んでクリスマスパーティーをやることになっており、朝から片付けやら準備に追われました。といっても手の込んだ料理を作るとかじゃないんだけどね。。以前買ったチョコレートファウンテンのマシンを使って皆でチョコフォンデュやりたいんだって。

今は中学生でもインスタやってるわけ。
(annはLINEでたまにタイムラインにくだらない書き込みしてるだけだけど💨)
インスタやってる友人が遊びに来るってさ??
それって我が家のリビングがそのコのインスタに写るかもしれないじゃんッ💥💥💥
てことは、annの同級生やその保護者の目に触れるわけでしょう???

ワタクシの普段のお掃除レベルは、「散らかってるけどごめん💦」と言いつつ人を呼び入れても大丈夫、くらいが目安です。仕事もあるしそんなに隅々までキレイに保てない。

でも今回は細心の注意をはらいました。
電話まわりの学校のプリント類のごちゃごちゃとか、壁のフックに無造作にひっかけてあるエプロンとかエコバックとかさ・・・⤵⤵⤵

インスタに映らなくても、女子だし色々チェックされそうと洗面台、キッチン、トイレなどの水回り&玄関をピカピカに・・・・。つ、疲れた・・・・。

ann達は数駅先のショッピングモールでお買い物をしてからうちに寄ることになっているので、前日の疲労が全然抜けていない中、natsuと二人で飾り付け。。。。


更なるハードル。

今度はチョコファウンテンのチョコを溶かしてマシンに流し込む作業。
昨年も1回しか使ってないから勝手をすっかり忘れています。

帰ってきたann達がどやどやとリビングに集まり、パーティー気分を盛り上げるために用意したワイングラスにオレンジジュースを注いで乾杯し、プレゼント交換をしながら待っています。

焦りました。

ワタクシ、お菓子作りが大嫌い。
だってもともと洋菓子より和菓子派だし、お菓子作りって分量図るのも後片付けも面倒臭い。

説明書を見ながらnatsuに砕いてもらった板チョコを湯煎にかけ、温めた牛乳を静かに少量ずつ流し込みます。

説明通りに少ししか入れてないのに・・・・・・。
ボウルの中で、チョコが一気にダマダマに・・・・・⤵⤵⤵⤵ 
ヒィイイィイイイイイイイイッ💥💥💥

これでッ💥💥
これで、よかったんだっけ???
大丈夫なの、これ?????

更に少しずつ入れても団子になるばかりで、、、、。あああああああああ、失敗したらどうしよう💦。
材料はもう無いよ💥💥💥

なんか・・・・、変な脇汗が・・・・・。
ライブでもこんなに緊張しませんからッ💨💨💨。

「ママできた??」とannがのぞきに来たので、「う、うん。ちょっと待ってて💥、もう少しだからッ‼」と平静を装うワタクシ😃。

分量分の牛乳を入れ切ったところで、やっと滑らかな液体に。。。あーー、よかった💨💨

テーブルの上にあるマシンの傍までボウルを運び、フォンデュ用のスティックにマシュマロを刺したann達が見守る中、液体のチョコを投入。・・・・なに、このプレッシャー・・・・😃。


いよいよスイッチON💥💥💥

が。

動かないッ💥💥💥

うんともすんとも言わないッ‼‼‼‼

1年しまい込んでいた間に壊れたのか、ファウンテンマシン⤵⤵⤵ 


・・・・めちゃくちゃ焦りました。

「えーー?大丈夫なの?」という視線が痛い。


接続が悪いのかと思い、ふちギリギリまでチョコが注いであるアルミ皿をマシンから持ち上げる度にannやお友達が「キャーー、こぼれる💥💥」「やめてッ💥」と騒ぐので、

「ハイ。わざとです。皆さんをドキドキさせる為のパフォーマンスですから。」とニヤつきつつ言ってはみたものの、内心はこのまま作動しなかったらどうしようとドキドキしていました😃。

そういえば、これセッティングしたのnatsuだったな。ちゃんと確認したらよかった・・・・。
案の定、中心のスクリューの突起とマシンの突起が合ってないのにお皿を乗せていました。正しく乗せたら無事に作動。あーーー、よかった・・・・・✨✨

無事、annのクリスマスパーティーも終了。


ああああ、疲れた。
とっても疲れた。。
後片付けはannとやるけど夕飯作る気力が。。。。。
最後の力を振り絞ってテキトーに作ったわ。
4時間40針の手術をした日が遠い昔のようです。。。。。


忘年会シーズンもいよいよ本格的になってきました。

挨拶まわりに来た取引先の方に「ご主人 何時もにも増していないでしょ。大丈夫?」と気遣われ?ましたが、別に今に始まった事ではありません。

「以前は別宅があるのかなーって思っていたんですけど、最近はむしろうちが別宅なんじゃ⁉️って思ってますよー♪」と笑いを取ってる始末です。。アハ♫




posted by Yukka at 23:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

退院後のご褒美色々♪

先週月曜日に抜糸を済ませて、病院通いはあと一回で完了。

妹に「(手術の時間が)1時間ちょっとの予定が4時間もかかって、結局 何針縫ったの?」と聞かれ、そういえばそんな質問してなかったなと思い、抜糸をしてもらいながら先生に何針縫ったのか尋ねると「うーん、40針ちょっとかな?50針はいってないと思う。」って。
・・・・それってやっぱり多いのかな??いまいちピンときません。

手術のことを話している数少ない友人には「4時間もよく頑張ったね」って言われたけど、眠っていたので頑張った記憶は一切ありません(笑)。それよりも予想外に時間がかかったということは、それなりの理由があったわけで、外科医、麻酔医、看護士さんなど医療スタッフの尽力に感謝です。

待っているダンナは3時間を超えそうになった時にさすがに何かあったと気が気じゃなかったらしく、annから「パパから聞いたこともない死にそうな声で電話があった」と後から聞きました。

退院した当日は「ママは傷が痛いから一人で寝てもらわないと」と気を遣ってくれたお義母さんに甘えて、ann達をもう1泊させる予定でしたが、natsuが「家に帰ってママと一緒に寝る💥」と珍しく言い張り、それをannに叱られ黙って涙を流していた姿と、natsuだけ連れ帰る事になった時のannの「なっちゃん、なんで?あたしが寂しくなるじゃん‼」という不自然な言い回しが印象的でした。
これは勝手にワタクシが思っているだけだけど、「妹だけ特別扱い?ズルい!」という本音を言えない中2心理が隠れているのではと思いました😃。

natsuは、背中に文字書いてーとか、本読んでーーとか。。まだ8歳だもんね。annも塾がなかったら連れ帰ったんだけど、送迎できないので。


ダンナは・・・・。
ワタクシの手術が無事に終了した翌日、ベトナムへ旅立ちました。
IMG_6336.jpg

仕事だからしょうがない。
退院にはお義父さんが迎えに来てくれました。

3年前の手術の時と同様、傷が盛り上がるのを防ぐ保護テープを最低3か月は貼り続けないとダメなのよね。。。
正直面倒くさいよ。嫁入り前でもないし別にいいかなと思ったけど、言われたとおりに続けたら白い線がうすく入ってるくらいにまでわからなくなったことを思い出して、やっぱり今回も頑張って続けようと思いました。体に傷なんて無い方がいいに決まってる。前回は夏前まで半年近く貼ったんだけど💨。




退院した翌日がおじさんバンドの練習日で、時々ちょっと痛いかな?というくらいだったこともあり、予定どおり「やっぱり参加できることになったから」とシレっと参加してきました✨。

2か月ぶりの合同練習だった為、おじさん達はすっかり忘れてゼロに戻っていたのだけど(笑)、演奏しているうちにカンを取り戻していき、休憩なし3時間半の練習はあっという間に終了✨。ワタクシも抜糸前の傷があるなんてことはすっかり忘れ、気づけばずっと立ちっぱなしでした。抜糸を済ませた先週末の練習も楽しくてあっという間に時間が過ぎていきました。

今回はカバー曲を1曲入れており、70年代後期〜80年代前半の歌番組を観まくって考案した(?)イタい振付もついているので結構動きましたが、腕を上げた時にちょっと痛いかなというくらい。

やっぱり退院後に楽しい予定を用意するのがよかったんだと思います✨。
おかげで病院から処方されていた痛み止めを一度も服用していません。手術後だからと安静にしていたら、本当に病人になっちゃうよ💨。


音楽はいい。絶対力があると思う。

そして今回も『四大城主』はワタクシに優しかったです。
(↑何を言っているのかわからない人はスルーしてください)

渋谷109で安室さんの企画展を観たり新しいアルバムを鑑賞し、
数年ぶりにテレビ生出演の岡村ちゃんの雄姿を観届け、
入院当日の憂鬱な朝はKohhyの歌に気合を入れてもらい、
退院した3日後は、文字通り傷だらけだったのでそんな自分を癒してもらいにコットンクラブの東子さんのライブに行きました。



そして今年一番の「新規開拓」かもしれない✨✨✨
昨日は前々から行きたかったNeighbors Complain の単独ライブだったの💡💡

初めて聴いたのは夏頃に流れていたSUZUKI エスクードのCM曲『Night Drivin'』です。
その時テレビの前にいなくてご飯を作っていたと思いましたが、小気味いいメロディーが耳に入ってきて「むむむっ💨💨」とテレビの前に走り寄り、すぐに検索しました。


めちゃ好みだわーー💕って更に色々観たら、カバー曲を歌った路上ライブの演奏がこれまたカッコいいじゃない⤴⤴


キーーーターーーーッッ💥💥💥
・・・・来ちゃったコレ???とテンションあがりました😃😃。

オフィシャルサイトをチェックしたら他のバンドも出るイベントライブがあったんだけど残念ながら既にSOLD OUT。とりあえず既にリリースされていたアルバムを購入し、次のライブの告知を待っていました。

そして決まった彼ら初の単独ライブ💥💥 東京・名古屋・大阪の3か所で、東京の日程は退院1週間後とな⁉

スタンディングか・・・。既に人気があるみたいだしな・・・・。
小さいハコだし(スタンディングで250名)めちゃ混むんだろう。

だがしかーーし💥💥
傷口に誰かの肘が当たろうが、そんなの怖くて好きなライブに行けるか、コンチキショー💥と思い、迷わず申し込みして無事チケットをゲットです。しかも2ケタ前半代✨✨わーーーい😃😃
・・・・これは何が何でも絶対に退院して元気じゃなければと思いました。


そして迎えた小雨の月曜日@渋谷。せっかく2ケタ前半代だったのに諸々忙しくて結局会場に着いたのは開演15分前。番号が前の方だったからすぐに入れたけど💨💨

開場は東急ハンズの前の坂を上った左手にあります。真っ赤な壁とロココ調のシャンデリア、壁には大きなクリムトの絵が描かれていてライブハウスっていうよりクラブみたいな感じ。ホワイエもなくて扉を開けて両側にロッカーとカウンターがあり、奥がステージというすごくシンプルな造りです。
http://starlounge.jp/

IMG_6418.jpg  IMG_6416.jpg  IMG_6415.jpg

まだ他の公演が残っているのでレポは書きませんが、

めちゃくちゃ楽しかった


詳しくないから自信はないけど、演奏自体すごく上手いと思う。
そう思った理由が、何よりもクリアな音のメリハリとキレの良さ。ビシーーッ💥って決まって、うわぁカッコいいなぁ✨気持ちいいなぁ、と思ったシーンがいくつもありました。

ボーカルの彼の歌唱力も素晴らしかったです。汗びっしょりで最後までスタミナ切れすることなく声量たっぷりにフルで歌いまくり、高音もちゃんと最後まで伸びていました。キーボードも弾いてるのに指差ししたり胸に手を当てたりジェスチャー多め。鍵盤だけの激しいパフォーマンスも見ごたえがありました。

両脇を固めるのはラーメンが好きそうなベースとアフロに蝶ネクタイの芸人風のギター。二人の楽しそうに演奏している姿とそのキャラ立ち(?)がすごくいい😃。そして彼らの後ろでニヒルな笑みを浮かべている安定感のあるキレキレなドラム。気持ちを合わせてオーディエンスをとことん楽しませようとする彼らの心意気が伝わりました。


いやいや、ちゃんと名前を覚えなくちゃ失礼だろう💨。
vo・key.木村音登、g.後藤俊明、B.Kash、D.對馬(ついま?)隆行の4名で、バンド名のNeighbors Complainは「近所迷惑」という意味だそうです。

アルバムとは違ってアカペラで始まる曲があったり、演奏で魅せてくれるシーンも盛沢山。路上ライブで鍛えただけあって演奏での盛り上げ方がとても上手で、たくさんの拍手と「ヒュ〜♪♪」が飛びまくってました。ワタクシも思わず手術後なのも忘れて腕ワイパー。

何度も求められるコール&レスポンスにはちょっと疲れましたが(笑)、その熱さとノリに関西魂を感じたなぁ。MC少なめでアルバム全曲を演奏してくれ、1時間40分があっという間でした。


真ん中より前の端の立ち位置を確保していたのですが、会場はすし詰めで途中からMCで「もう少し前に来てくれたら後ろの人が見やすいねんけどなぁ(関西弁)。」とオト君が言うほどでした。客層は圧倒的に30代後半〜50代が中心だったかな。時々20代もいました。

サイン会あるかもと購入していたアルバムを持参していたし、とりあえずその日発売のシングルも購入しましたが、ワタクシがチケットを取れなかったライブに一足先に行ったという行きつけのマスターに一刻も早く報告したくて、すぐに帰ってしまいました。
IMG_6421.jpg


ライブの方がカッコいいけど、アルバムのダイジェストMV。
あ、褒めてばかりなわけじゃありませんよ。
ライブでも思ったけど3曲目が普通過ぎる。個人的に求めているのもそのノリじゃないかなぁ。


コメント欄の誰かの書き込みの「売れる為には若者に目をつけてもらえなければ」が気になりました。
彼らのライブの客層はワタクシも含めて明らかに若者ではありませんでした。それは残念なことなのか💨

このネット社会ですから、一口に「若者」って言うけど多種多様ですよ💨。
望んでいなくてもオートマティックに様々な情報に晒される彼らは選択のスピードがものすごく速くて、あっという間に好きか嫌いかを判断して不要なものを切り捨てていきます。「みんなが聴いているから」という理由で音楽を聴くのは中学生くらいまでなんだそう。趣味嗜好が千差万別な上に、過ごしている時間の速さも全然違います。

ちょっと極端な例かもしれないけれど、「時間の感じ方が違うんだな」と思った出来事がありました。
「長く付き合っている彼がいる」という20歳の女の子にその期間を聞いてみたら「10か月」という回答が返ってきてビックリ。長くつきあっていたというから、てっきり高校時代からだとその時オバちゃんは思ったわよ💨。思わず「それは(あなた達の世代では)普通なの?」って聞いちゃった。「半年続いたら長いほうだと思います」って嘘でしょ???一部の若者だと信じたい。

でも、まぁそりゃそうか。LINEなどのSNSがあるもんね。始まりから終わりまで瞬時に完了しちゃうもん。
相手のことを知ろうと思ったら、とりあえずタップして閲覧して「いいね!」押すんでしょ。


時間の速さと情報の海の中で、次から次へと選択し続けることを強いられる彼らの嗜好をひとくくりに考える事なんて出来るのか、既にそこから甚だ疑問です。若者に限った事でもないけれど。

なので、敢えて目をつけてもらおうとしたら巷に溢れているようなつまんない流れに乗るのが一番簡単で手っ取り早いと、そんな売り出し方をされたらやだなぁ。

ワタクシが思う一番最悪パターンが、女子が両手を組んでウルウルしながらステージを見上げるような独りよがりな女々しバラードを全面的に打ち出すバンドに成り下がること💥。
「何、モテようとしてんだよッ💥そっちじゃないだろう?」とアレルギー反応がひかなく、全く聴かなくなったバンドがかつてあったっけな・・・⤵⤵。そのバンドもボーカルがキーボード弾いてたな。。。

流動的で実態のないものに合わせるよりも、NBCPには今のように音楽好きなオッサン達を更に唸らせるようなバンドに成長して欲しい。
ウルっとさせるのはあくまで音楽的センスでお願いします。オッサンがうるっとしたら、それこそ本物だと思う。


・・・・最後はオバちゃんの戯言になっちゃったけど、ワタクシは実際、ぎゅう詰めの会場で聴いた4曲め?のbaby girlあたりで、このバンド初の単独ライブに立ち会えたことはとてもラッキーに違いないとちょっと目頭熱くなっちゃったわよ。それくらいオーディエンスを引きこむ勢いがありましたね。是非またライブに行きたいです。



この前の土曜日。
久しぶりにいつもの遊歩道から公園までの道のりを1時間かけてウォーキング。
IMG_6406.jpg  IMG_6407.jpg  IMG_6382.jpg  IMG_6392.jpg  IMG_6387.jpg  IMG_6394.jpg

紅葉がとっても綺麗でした。
ああ、健康が一番幸せだなーーと改めて思いました。


■追記■
せっかくこの日初披露だった新曲を添付するのを忘れてました💦
アパレルとのコラボですね。
やっぱりライブの方がかっこいいけど添付しておきます。
Life Goes On
これはスキ。イイ💕


この曲のカップリング曲が『Shining Story』というタイトルのバラードで、「この時期にぴったりな幸せそうな歌を作ろうと思ったのに出来上がったら思ったのと違った(笑)」みたいなことをMCで言っていました。。

まぁ、クリスマスソングなんて、何も幸せな歌ばかりじゃないですからね。
定番中の定番、山下達郎のあの曲やドリカムのアレや、ワム!のあの曲だって、決して恋人と幸せな歌ではありません。

サビ部分は「遠〜くーー、ひかーる スターダスト・メーモーリーー♪」と、コーラスと重なって歌われるのですが、「スターダスト・メモリー」なんていう80年代にいいだけ使い古されたフレーズを持ってくるとところにチャレンジ精神を感じる😃。

それと「君を放したくないーー♪」で、ワタクシがキライな「モテたいぜバラード」の片鱗を感じて「ウッ⤵⤵」ってなってしまったのですが、大サビ後の哀愁溢れるギターソロがカッコいいのでギリギリセーフ。実際ライブでも演奏がカッコよかったです。

アルバムのラスト曲『There For You』のサビの歌詞「僕が君の光になる」も、自分に酔ってる感じがしちゃってやっぱり苦手なんだけど、この曲にもステキなギターソロが入っていて、なんとか持ちこたえました😃😃。「なりたい」ならまだ良かった。あるいは英語で歌ってくれたらまた違うんだけど💦

・・・・・本当に細かい個人的な好みの問題ですが、「モテたいぜバラード」を前面に出されたらおそらく聴かなくなると思います。

でもアーティストってある意味、自分の曲を聴かなくなったファンの屍を超えて進んでいくようなところ、あるんじゃないかしら?NBCPが今後どんな方向へ進んで行くのか未知数ですが、頑張ってほしいです。

posted by Yukka at 13:03| Comment(2) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

隣のバアさんのせい

今日はずっと平熱だったので、退院許可が出ました✨
予定どおり1週間での退院です。ヤッターーーーッ💥
抜糸は週明けに通院でやってもらう事にしました。

まだ傷は痛むけど普通に歩けるし、おじさんバンドの練習にもシレッと参加できそう✨



はやく退院したい理由は他にもあります。


今回同室の高齢の女性が、テレビに出て来そうな偏屈バアさんでまいった。


ワタクシの手術当日の朝に入院してきたんだけど・・・・。

最初に誰かと喋ってるのかと思ったら、独り言。
しかも耳が遠いのか声が大きい。

何かを探しているのか、「こっちかね・・・、あれ、無いねぇ・・・。」とかならまだしも、ほとんどが溜息と文句と愚痴。四六時中「あー、やんなっちゃう」「こんなの食べるなら死んだ方がマシだよ」「もう辛いったらないよ」とかグチグチと延々言い続けているの💥💥 こっちだって痛みに耐えてるっていうのにさ💢
新しく病気になりそうでした💨💨

話し相手が欲しいという老人特有の「かまってちゃん」アピールなのかなとも思ったけど、相手をしたら最後、延々聞かされると思ったし、そもそもそんな慈悲深い性格でも無いので、とにかく一切の接触を避け、クレームを入れるのさえも我慢しました。
独り言が続いている時はひたすらイヤホンで音楽を聴いて過ごし、バアさんがイヤホンでテレビを観て(多分)静かな時だけ本を読みました。(テレビの感想を言ってる時もある)


ある時は検査をしたくないと先生にゴネ、別のある時は看護師さんに「こういうの食べられないから」とメニュー変更を主張。先生も看護師さんも理論的に丁寧に説明をし、なんて忍耐強いんだろうと思いましたが、声を多少荒げる看護師さんもいて、バアさんの主張と共にうるさいったらありゃしない。

バアさんは「ここまで長生きしたのに」と言ったかと思えば、「どうせ私なんてもう先が短いんだから」と言い、言い返せない正論を返されると、「私の立場にならなきゃわかりませんよ」とふてくされました。そしてお見舞いに来ている姉バアさんと延々と自分の主張の正しさを語り、医療スタッフの悪口まで・・・。だから声が大きいんだよッ💢

そもそも誰も頼んで入院してくれって言ってないと思いますけど??。
そんなに気に入らないなら、荷物まとめて帰ればいいじゃないの。
・・・・こんな年寄りにはなりたくないと心底思いました。
こんな偏屈バアさんに限って長生きするんだろうな。


年寄りになったら毒舌でもいいけど、吐いた毒と同じくらい感謝の言葉を素直に言える謙虚なバアさんになっていたい。お洒落もしていたいし、物事への好奇心を忘れないでいたいかなぁ。

60歳を過ぎたら荷物をなるべく減らし、お気に入りだけに囲まれてこざっぱりと暮らしたい。
孫の面倒ばかり見てらんないわよ、私だって忙しいんだから!と自分の人生を楽しんでいたい。


そして、元気なうちにポックリ逝くという『ピンピンコロリン』が最終的な理想形。
「え?スギヤマさん亡くなったの?昨日スーパーで会ってお元気だったのに!」っていうね。


なんていい人生なんだろう。
そんなふうになれたらいいけれど。どうかな。


お馴染みの店でよく顔をあわせ、ライブにも来てくれたカメさん(仮名:50代後半)が、ある時腕に黒いサポーターをしていたので、怪我でもしたのかと尋ねると、「出会いを求めてテニスを始めた」んだそう。

「人生100年、っていうじゃない?俺 思うんだけど寿命が延びるとさ?離婚もあるし、先立たれたりして、人生最後の10年20年を誰かともう一度暮らしたいって人、増えると思うんだよ。籍入れなくてもさ?俺なんかもう何年も独り暮らしで飽きちゃったよ!ボタン付けとか未だに出来なくて、クリーニング屋のお姉さんに『これついでに付けといて』って頼むの、寂しいもんだよ!」


なるほど。確かに・・・・。
でももう人生最後の10年とか考えるの??アラ還ってそうなの???


で、新しい出会いはあったのか聞くと、「入ってみたら、みんな年上!。まあ、70近くても綺麗な人いるけどね!」と言うので、「カメさんお洒落だし、面白いからそのうち出来るよ!」って返しました。「そぉっ??」て笑ってたけど。


そうか、、、、。夫婦でもどちらかが先に逝くのか・・・。
いや、熟年離婚か??それだけは避けたい。


もし独りになったら、どうするんだろう。
再婚とか面倒くさそうだし、独身を謳歌してスナックとかで馴染みの客と飲んでそうだな(笑)。
倫ちゃんには先のゴールデン街の記事を読んで「将来ゴールデン街でママやってそう」って言われちゃったけど(笑)。


などと隣の偏屈バアさんの影響で、自分の人生の晩秋を想像してしまいました。
ピンピンコロリンの前の人生って、確かに長そう。



あー、隣のバアさんうるさいよ!
テレビ観てるみたいだけど、なんか喋ってる!!
「あー、美味しそう❤」ってグルメ番組か???


これからNHKで安室さんの特番観るのにぃ。


はよ、寝ろーーーー💥💥💥



posted by Yukka at 21:14| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

死ぬかもと思った日

手術した夜、あれからやはりお腹が空きすぎて眠れなく、麻酔の副作用かお腹が空きすぎてなのかわからないけど気持ちが悪くなりました。

眠れないのが1番体にさわるだろう。これは絶対空腹のせいだ!と確信したので、冷蔵庫には色々繋がっていて届かなかったので、サイドテーブルの上にあった塩大福をお水と共に流し込みました。証拠隠滅の為に袋はゴミ箱に投げ捨てたけど、大福と一緒に入っていたシリカゲルのパックが床に落ちて拾えず・・・。嗚呼💥

でも少し空腹が和らいだせいか、いつの間にか眠ってしまいました。

翌朝に「お水も飲めないと大変でしたよね〜」と看護師さんに言われたけど、水を飲んだだけでなく、大福を食べた事も言いませんでした。

看護師さんに補助されて立ち上がって歩いてみたら、懸念されていた貧血も無く、麻酔の副作用で頭痛や吐き気があるわけでも無く、自分で何でもできます。ヤッターー⤴
前回の全介護状態を思えば、比べ物にならない程 楽です。

が。

傷に響いて痛いので、老人のような すり足になっちゃう。



でも、無事に終わって心底安心しました✨。

やっぱり全身麻酔の手術は怖いです。
人がかかわる以上、100%無事故を約束されているわけではないし、テレビで医療ミスのニュースを見るたび、「この人、まさかこの手術で自分が死ぬと思ってなかったんだろうな・・・。」と他人事と思えませんでした。


当日の朝はダンナが来てくれて、呼ばれるまで一緒にいました。

ワタクシは冷え性でいつも足が冷たいので、ダンナがベッドに腰掛けて膝の上にワタクシの足を乗せてマッサージしてくれたのだけど、途中から悶絶する程 痛い足ツボ押しに変わりました。

「ここ痛い?」と押された場所は、全然痛くなかったので「平気だよ?」と答えると「俺、これくらい押されただけで激痛なんだけど。」と軽く押されました。

「えーー??全然大丈夫だよ?何処のツボ??」と検索したら・・・・。


生殖器


「ハハハハハッ!生殖器だってーーーっ💥」と笑い合って「病院に行った方がいい」とかジョークを言っていると、とうとう名前を呼ばれました。

手術室の前でお別れするまでずっと手を握ってくれたダンナに「ann達によろしくー♪」と手を振って中に入ると、そこは床もタイル貼りの壁も薄いグリーンの部屋で、寝かされた台の天井には大きな銀色の照明が2つ。

バタバタと慌ただしく人が動き回るなか、入れ替わり立ち代り「麻酔医の〇〇です」「看護師の〇〇です」と違う顔が覗き、自己紹介と挨拶をしにきてくれました。

温かい毛布みたいなのがかけられ、肩から袖口までのスナップボタンが外され手術着の前部分が毛布の下からするりと抜かれました。その間、看護師さんに尋ねられた病院にくるまでの道のりを説明するワタクシ。きっと気を紛らせようとしてくれているんだなとわかってたけど・・・。

「スギヤマさーん、今からね、眠たくなるお薬 入れていきますねーー。」と言われ身構えたものの・・・・。
なんか眩暈かな??と思った途端、そこで意識が途絶えました。




夢を見ました。

いいえ、夢だけど夢じゃない。
過去の記憶です。


それは、ワタクシが初めて『死』を意識した出来事です。

あれは小4の時だったと思います。
当時のワタクシはとんでもなくおてんばで、今 annや natsuが同じ事をやったら卒倒しそうなことばかりやっていました。

自宅から自転車で5分ほどの所に、昭和の高級マンション 秀和レジデンスが2棟建っていました。
札幌の中心部をぐるりと一周する路面電車の線路に面してそびえ立つ 10階建ての白亜のマンション。南フランスをイメージしたというラピスラズリみたいな美しいブルーの瓦と、流線型の黒い鉄の柵がある窓辺には、赤いゼラニウムがとても見映えしていました。

あの頃はセキュリティも甘かったのか、住人じゃなくても屋上に上がれ、夏には弟と近所の友達と豊平川の河川敷で行われる花火を観に行きました。


ある日、誰が言い出したのか、度胸試しをしようとそのメンバーが屋上に集まりました。

内容は、屋上の柵を越えて片足を出す、というものです。
そんなことを言うのは多分ワタクシなんだけど、事の経緯の記憶がありません。



金網をよじ登り、柵の反対側に立ちました。

人は悪いことをしようとすると周りに敏感になるものらしく、見慣れた景色なのに隣の社宅の建物の窓が全てこちらを向いている事に初めて気がつきました。

あの窓のどれか1つでも誰かが覗いたら、きっと見つかって叱られるに違いない。
さっさとやってしまおうと思いました。

片手で金網に捕まり、屋上の端の台みたいなのに上がりました。それから姿勢を低くした状態でそうっと片足を伸ばしました。

ゆっくり。ゆっくり。

伸ばした脚の先にある自分の水色のスニーカーを見つめてから、心の中で3秒数えました。


3、2、1・・・・・。

うわ。。。、


図工の時間に先生が『遠近法』について教えてくれたのを思い出しました。
風景の絵を黒板に貼って、定規で奥から手前に放射状に線を引き、人の視覚は中心に置いた物が1番小さく、手前に向かって大きく見えると説明し、サンプルとしてムンクの「叫び」も見せてくれました。


先生の言う通りに、見下ろした目線の先にはミニカーみたいな乗用車と駐車場の硬いアスファルトの地面があり、確かに手前に向かって放射状に広がって見えました。なるほど。

あの地面に叩きつけられたら痛いかな。その瞬間まで意識はあるのだろうかと思いました。



風が吹いてスカートの裾が膨らんで地面が見えなくなり、手前の景色が魚眼レンズみたいに歪んだ気がしました。ああ、ムンクの絵と同じだ・・・。

なんだか力が抜けるような引き寄せられるようなフワフワした感覚にハッとして青ざめ、死ぬ、と思ったその瞬間。


つま先から脳天まで何かが走り抜けたような気持ち悪さと、髪の毛が逆立つような恐怖を感じたのをはっきりと覚えています。


他の子はやってないだろうなぁ。記憶がない。
予想外に怖かったのでやめさせたと思います。多分。

ホント、ろくでもないよ・・・・。


中学生の頃はものすごくいい子ちゃんだったワタクシ。
今思えば、スリルや好奇心を満たしたり、空き家を壊すなどの破壊行為も小学生のうちに済ませていたからだと思います(笑)。




「スギヤマさーん、聞こえますか〜〜?」

目が覚めたと同時に酸素マスクの管が喉まで入っていたので、むせて苦しくて涙が出ました。
ああ、でも、生きてたーーーー✨

「無事に終わりましたから、今からストレッチャーに乗り換えてお部屋まで行きますよー。」

前はICUで一晩過ごしたけど今回はお部屋です。






術後 3日目の今朝は、先生が傷を覆っていたガーゼを剥がし透明フィルムに交換してくれました。剥がしたガーゼ見たけど・・・・、おえ。。

先生が居なくなった後、恐る恐る傷口を確認してみました。



フランケンみたいになってる・・・・⤵⤵

しかも、抜糸前の糸がピンピンと出てました。コワイよ・・・・・💥💥

まだ微熱もあるので、抗生剤の点滴をしています。

コーヒーが飲みたくて点滴のポールを引きつつ階下まで買いに行ったら、慣れないせいか鎖で繋がれた犬みたいに絡まって、自分がくるくる回って解きました。

でも、シャンプーも自分で出来たし、元気です。
熱だけ下がってくれたら、抜糸は通院でもいいって⤴


夕方には、妹が美味しいハンバーガーを携えてお見舞いに来てくれます。
都心の大所帯のシェアハウスに引っ越した彼女の近況を聞くのが楽しみです🎶

posted by Yukka at 13:19| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

手術の日の朝

手術の前々日に入院したけど、暇過ぎる。


入院する前、10日入院と言われていたけど、それじゃあおじさんバンドの練習に間に合わないので1週間で退院すると決めました。・・・決めるのは先生だけど。

コウさん達には週末の練習には都合が悪くて行けないとだけ伝えてあり、入院のことは言ってません。
来月のライブまではだいぶあるし、快復までに時間はたっぷりあります。

それなのに伝えると言うことは、そこには不吉な予感に基づく理由があるわけで、そんなの考えたくもないの。
どんな手術かあれこれ説明もしたくないし、無理しないで、と気を遣われるのも嫌なのよ。


なので、目標は


何事もなかったように練習に参加し、何事もなかったようにライブで歌う


これです。


絶対に1週間で退院して、「やっぱり練習参加できるわー」ってシレッとスタジオ行くんだから!!!と思いました。。



それなのに入院の日が近づくにつれ、不吉な妄想でブルーになる時間の間隔が狭まっていき、入院当日の朝なんて、悪いことしてないのに刑務所に行かなきゃいけないくらいの気分の重さ。。。。

ダンナが運転する車に乗って見上げた鉛色の空がいっそう気分を重くしました。
あーーーーー、行きたくなーーい!!


気分転換になにか聴こうと思ってカーステレオをonにしたら、ダンナが入れた誰かのアルバムのラスト曲の終わりかけ。

次は誰だっけ?とそのまま待つこと5秒後。


今度は小比類巻さん。おおおッ💥Kohhyじゃないっ💥💥



かかったのはコレ。

Respect(English ver.)

なんか、テンションがあがりました。カッコいいわー✨

小比類巻さんのパワフルなボーカルと疾走感あるメロディにガツンと気合を入れてもらった感じ。


そうよ!
弱気になってる場合じゃなかった!!
退院したら、やりたい事、やらなきゃ行けないことが山盛りなんだし、病人やってるヒマ無いしッ!!


絶対、ぜったい、ゼッタイに!!
完全復活するんだからぁぁぁあ!!と息巻いて病院に向かいました。

昨日は外出できたので、一旦自宅に戻ってゆっくりお風呂に入り、ダンナ実家で夕飯をいただいてから夜に病院に戻りました。



あと2時間後は麻酔で意識ないけど、乗りきってみせるわ!!



今朝、2人部屋の隣のベッドに入院してきたお婆さん。

姉妹で荷ほどきしてるんだけど、阿佐ヶ谷姉妹みたいで、うるさいです。歯磨きコップを置く位置なんて、どうでもいいじゃん。笑


▪️同日追記▪️
無事 手術終了。
1時間の予定が4時間もかかったところを見ると、結構大変だったのかな。怖くて傷口は見てません。
痛みもありますが、何よりも昨日の夕飯以来 何も食べてないのでお腹が空いて眠れません。
ただ今の時刻は22:20です。

冷蔵庫のものを何か食べてしまおうか葛藤してます。ダメなんだけど。朝まで長いよ。。。



ETみたい。

F5583D78-0AF7-4E6D-8AD7-29B90042EC31.jpeg
posted by Yukka at 09:18| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

岡村ちゃん×DAOKO

今月8日の中野サンプラザのライブ、申し込みして当選したのに忙し過ぎて入金期限をウッカリ過ぎていまい、チケットと逃すという失態。。。。チケキャンとかで取ろうと思ったけどムリでした。

ああ、生の岡村ちゃん、5月のライブ以来観てないよ・・・と思っていたら、ミュージック・ステーションに出るって言うじゃない???

ワタクシはDAOKOちゃんを知らなかったんだけど、彼女の新曲は岡村ちゃんプロデュース。
もともと彼女が岡村ちゃんの楽曲のファンだったらしくて実現したらしい。ミュージックステーションでは「私はリアルタイムでは聴いていないんですがーー。すごく新鮮で・・・。」と言っていました。
岡村ちゃんも少し喋ってたけど、(「もともと僕の周りで彼女の楽曲を聴いてる人がいて」とか)、岡村ちゃんはライブでMCやらないので、「岡村ちゃんが喋ってる!」と新鮮でした。「頑張ります」と言った後の柔和な笑顔が岡村ちゃん年取ったなと思うと同時になんか嬉しかったです。

番組ではMVどおり岡村ちゃんとのハグシーンもあり、それがいいか悪いかは置いといて(笑)、なかなか見ごたえがありましたよ。


番組ではなくてMVの方を添付しますが『あのロン 』(あの娘僕がロングシュートきめたらどんな顔するだろう)からイメージを膨らませて作ったであろうこのMV、すごく気に入りました。

振付はperfumeや恋ダンスのM I K I K Oさんで、そういえば先の東京オリンピック開会式の振り付けもこのお方だそう。かっこよかったです。

曲はまさに岡村ちゃん色満載で、若い女子が中年男性に「私 ステップアップしたい、めっちゃしたい」って・・・、なんか禁断のかほりがプンプンですな(笑)。でも曲がポップだからエロくない。
ステップアップ LOVE



歌う前に司会の女性が「岡村さんの独特な(・・・と言ったと思う)のダンスにも注目です」って言ったんだけど、岡村ちゃんのデェンスは独特過ぎるので、普通の人にはどう映るのだろうと思いました(笑)。

いやいや、まさか岡村ちゃんをテレビで観れるとは。スマスマ以来だよね??
しかも生放送。相変わらずのキレキレ デェンスが素晴らしい。最後のキメポーズ最高✨


Twitter確認したら、DAOKOファンと思われる若者の「あの岡村って人、気になって色々見たけど、なんて言っていいかわからない」という呟きがあり、世代を超えて最初のインパクトって同じなんだなと笑えました(^^)。

ワタクシも高校生の時、岡村ちゃんの全てが色々はみ出し過ぎて脳内でどう処理していいかわかんなくて戸惑ったもん。笑


どうでもいいけどDAOKOちゃんてモデルの秋元梢に似てない??あの千代の富士の娘さんだよ。
髪型とネコ目アイラインのせいかしら。
↓秋元梢さん
90c77a38fe3aa141945acdc2019f12c5.jpg
いやいや。
ちょっとICE の国岡さんとか椎名林檎にも似てる。。。
どちらにしても、このちょっとツーンとした感じがカワイイと思う。歌はビミョーだけど彼女のラップはイイなと思いました。




それともう一つ、この日のミュージックステーションには、annから教えてもらって前々から知っていた登美丘高校が荻野目ちゃんと出てました。高校ダンスで3年連続全国優勝だって。
テレビ版じゃなくて彼女たちのmvがあるのでそちらを添付します。



高校生の彼女らのママがまさに「その世代」だよね(笑)。

この振付を考えたコーチも20代真ん中らしいんだけど、振付の中に太眉とか工藤静香とか細かい小ネタが笑えます。面白いけどダンススキルはハイレベル。この動画 中毒性があるのか何回も観ちゃう。

ちなみに荻野目ちゃんの曲では「ダンシング・ヒーロー」よりも「六本木純情派」の方が好き。
今年の5月に小比類巻さん目当てで参戦した「yaon no yaon」にも出てたな💨。




明日から入院。
週明けに手術です。

やだーーッ💥💥 
痛いのヤダーーー💥💥💥

3年前に入れた「部品」を取り出すので、「入れる時よりは」痛くないらしいんだけど・・・・。
先生に「体の組織と癒着していると思うので、その際は削ったり剥がしたりしますけど、1時間くらいで終わりますから。」って・・・・・。嗚呼ッ💥💥

切ってくれるのが「私 失敗しませんので」の大門未知子だったらいいのに。

大学病院だからさーー、学生に囲まれて手術するんでしょ。全身麻酔だから寝てるけど。
中の状態をみて大丈夫ならこれで一連の治療は完了なんだけど、太い血管とかあるし、万が一のことがあったらどうしようって思うとめちゃ不安です・・・・。


しかもこの時間まで仕事・・・・⤵⤵⤵
ちゃんと計画立ててやってたのに、午前に面倒な仕事が降ってきて、夕飯は外食にしたけどまだ明日の準備なんにもしてない。。。。

posted by Yukka at 23:45| Comment(2) | My Favorite | 更新情報をチェックする