2017年10月11日

新宿ゴールデン街デビュー

安室さんの引退発表ショックでどうにかなったと思われたらしく、この駄ブログにコメントをくれる現在中国在住の倫ちゃんから「全然更新してないけど大丈夫?」って心配のメールが(笑)。

もう決定事項ですからね、どうしようもありませんよ💥💥。
こうなったらもう、安室さん引退までの残り1年をこの世の終わりかと思うほど阿鼻叫喚し、「安室さまーー!!安室奈美恵さまーーー!!引退しないでくだせぇ〜〜ッ!!」と太鼓を叩きながら焚火の周りで祈りの踊りをささげるかの如く大騒ぎするしかないッ💨💨。

そして安室さんにはテレビ、ネット、雑誌、ラジオのありとあらゆるメディアをジャックしていただき、でっかい花火をドッカンドッカンと何発も打ち上げてもらいたい。勿論、その神輿はワタクシ達ファンが担ぐわけですから、安室さんが神輿の上から落ちないよう精いっぱい応援したいと思います。

もうワタクシは『安室奈美恵 引退劇場』を心残りなく楽しみ、笑顔でお別れしたいと思っていますよ💥💥。
・・・・・思ってるだけで、多分泣くんだけど💦



ブログの更新が無かったのは別に理由があります。

使っている自宅のノートパソコンが壊れました・・・・・・。

突然に「u」のキーが反応しなくなりました。
他のキーは打てるのに、どういうわけか「u」だけ打てない。

それどころか、uを一度でも押したら最後。。。
uの文字が勝手に連打。止まらない。

検索しようとしても勝手に「uuuuuuu」
IMG_5778.jpg

ブログのパスワードを入れようとカーソルを置いた瞬間「uuuuuuu」。
IMG_5777.jpg

記事を書こうとしても自動的に「ううううううう」
IMG_5776.jpg

全く使いものになりません。

何かのウイルスに感染したのかと思ったけどセキュリティソフトは最新だったし何のウイルス情報も検出されていなく、再起動は勿論キーボードの設定とか色々試し、更に外付けのキーボードを買って試したけど全然治らない。完全に壊れました。

でも、もう寿命なんですよね。だって2011年製でしかもWindows7。修理代の方が高くつきそう。
「ううううう・・・・。」と呻く我がパソコンをこれ以上酷使するのは気の毒になってきました。

お金が無いので、メーカー直売の中古品(Windows10)のノートを注文しました。
さてどんなのが届くのやら。

このブログは会社で更新しています。
現在22時半ですが、さっきまで仕事をしていました。勿論、一旦帰って夕飯作って家事をある程度済ませてからまた会社に来ているわけです。決算だから仕事山盛り。昨年は決算プラス会社の諸々の変更もあって忙しさのあまり、ストレスと疲労で突発性難聴になっちゃったから気をつけよ💨💨。

でも一昨日まで小比類巻さんのライブで名古屋で遊びまくっていました。
忙しくても遊ぶことには貪欲な大人でありたいわ🎶 
名古屋の素敵な古い建物や、夜の栄で見つけた面白いバーや、ライブのレポも書きたいけど時間無いかも。


そうだ、ちょっと時間が経ってしまったけど、先日ドラムのトムさん(おじさんバンド)が別でライブをやるというので観に行ってきました✨。トムさんはドラムじゃなくてギター担当で、しかも歌っていました。ご自慢のギブソンを手に「髭」とかいうロックバンドのカバー曲やビードルスの「Come Together」とか、なかなか決まってる⤴⤴⤴。他にも数バンド出ていて、みんな50代。そのライブハウスにいる客層もだいたい50代かその上。かなり年齢層が高かったけど、盛り上がりが凄くてとても楽しかったです。

その後、一緒に来ていたおじさんバンドのボーカルのコウさんと打ち上げに参加して、その後トムさんと3人で新宿に移動しました。前々からゴールデン街に連れて行って❤とお願いをしていたの⤴⤴⤴

ゴールデン街・・・・・。
新入社員の頃、中を通ったことはありましたがどこかのお店に入ったことはありません。興味深々だったけど入る度胸がなかった。


コウさんが、大学の後輩がやっているお店があるから、というので連れられるままに狭い路地へ。


そこは、まるで異空間。

狭くて小さいお店が密集していて、紫や黄色や水色の看板が連なっており、それぞれの窓からは白熱灯の他に赤やピンクの光が漏れて笑い声が聞こえて・・・・。

ああ、ワタクシ、こういうディープな雰囲気、たまらなく好き💥💥 
このワクワク感は表参道や西麻布とか小じゃれたお店には、ナイ。ていうか感じない。・・・あんまり行かないけど(笑)。

その店の幅1mもない狭い階段を上るとチューリップの照明がぶら下がっている昭和テイスト溢れる小さなカウンターと壁びっしりのポスター・・・・。
IMG_5893.JPG

いつもいるオネエのママさんはあいにくお休みで、代わりにメガネのおじさん・・・じゃなくてオネエサンがカウンターの中にいました。

トムさんがボトルを入れたので、焼酎に梅干しを入れ、箸でかきまぜていただきます。うーーん美味い💕ライブが無事に終了した労いのお酒を酌み交わしました。

ふと貼られているポスターが目に留まりました。
ワタクシが敬愛している ちあきなおみ じゃないのッ💥💥💥
なんでも、このお店はちあきなおみのLPレコード「もうひとりの私」のジャケットに使われたお店なんだってッ💥💥 

しかも小さく流れているBGMは、ワタクシがこの駄ブログで紹介したちあきなおみが新境地を目指したsideB的なアルバム『かげろふ〜色は匂へど〜』じゃないのッ💥💥
TECA30120a.jpg

思わずマスター・・・じゃない、ママさんに「これ、Women in Town」ですよね??って尋ねたら「そう?わかる?」ってニッコリされました。それからワタクシがこのアルバムの素晴らしさについて語ったのは言うまでもありません。

ママさんが『猫』という曲について、「あの曲に出てくる女はさ、多分夜の商売の人よ。女子バレー選手の若さが眩しいのよね。」と言うと、ワタクシが「甘えてくる子猫は多分自分がそうしたくても出来なかった寂しさや後悔も投影しているんだと思います。」と返し、延々とこのアルバムに入っている曲や歌詞について語りました。

アルバムをかけ終わると今度はなんと「普通じゃない」が流れて震えました。
「ママさん、コレって・・・。」とのけぞったので、丸椅子が後ろに傾いて倒れそうになりました。

「私、この曲、『夜を急ぐ人』の次に好きです💥💥。めちゃくちゃカッコイイですよね!!」

「アタシ、この曲が一番好きなの❤」

「かぁ〜〜〜〜ッッ💥💥💥 ママさんッ‼‼、乾杯💥💥💥」

ポカンとしているコウさんとトムさんに先の2曲を作詞作曲した友川かずき氏について説明。
「アナタ、どんだけ昭和歌謡 聴き込んでるのよ??」ってトムさんに笑われたけど💨


ああッ💥💥リアルにこんな話を聞いてくれるだけじゃなく、共感してくれる人がいたなんてッ💥💥

・・・ワタクシは音楽を聴く時に、脳内にある各アーティストの小部屋やお城(本人は不在)でそれらを聴くと頭のおかしいことを書いたりしてますが、ちあきなおみの場合は「スナックなおみ」という店だったのです。

まさに、リアル「スナックなおみ」。
鳥肌が立ちました。
コウさんに連れられて入っただけなのにさッ💨💨

しかも現オーナーの方、ワタクシがちあきなおみ他、昭和の歌謡曲にハマりだした頃、「こういう歌謡曲を歌っているバンドとかないかな?」と検索した時に出てきてライブに行きたいと思っていた星屑スキャットのギャランティーク和恵さんのお店でした‼‼ 

ギャランティーク和恵さんとお店について

↑他の回も読み物として面白いです。


その後、八代亜紀や美空ひばり、島倉千代子などがポップスをカバーしているアルバムを聴いて「誰が歌っているでしょうか」クイズをしたり、百恵ちゃんの「これっきり〜ですか〜〜🎶」って歌っている映像を観たりしました。

途中から「Yukkaさんだけ会ってないんだよーー。ずっと会わせたかったヤツがいるの。もうね、あのタカちゃん(おじさんバンドの辛口キーボード)だって目がハート(←懐かしい表現)になっちゃうくらいでさ。女の子みんなAのこと好きになっちゃうんだよねー。悔しいけど。」と前々から聞かされていた男性が合流したのが23時を過ぎていたので、タクシーで乗り合わせて帰ろうということになり終電を見送りました。



帰りのタクシーの中。

隣でトムさんが小さいイビキをかいて寝ていました。
助手席のコウさんが、「ね?Aのヤツ、いい男でしょ。」と聞いてきました。多分、その日5回くらい聞かれてるし、本人の前でも聞かれて「そうですね、素敵ですよね。」としか言えないよねぇ・・・(笑)。話したら普通の人でした。そりゃそうだ。
確かにオシャレだったし実年齢よりかなり若く見えて、女性にキャーキャー言われるのもわかる気がしました。・・・・演奏する楽器は言えませんがミュージシャンだそうです。それもわりとメジャー。私はその人を知りませんでしたがオフィシャルサイトを見たら結構ご活躍されていました。

が、ワタクシの反応が薄かったのがつまんなかったらしいコウさん。
「Yukkaさんてさー、あんまり変わんないじゃない?キャー❤ってなるところ、見たいような見たくないような・・・。」

「俺の方がカッコ良かったら、すぐ言ってッ💥」って言ってたじゃん・・・・(笑)。
なんか期待外れですいませんでしたね、と思い、思わず


「私・・・・・、女性の方が好きなんですよね。」

と、言いました。

タクシーの中に変な空気が。。。。

寝ていると思ったトムさんがムクっと起き上がり、「ちょっとアナタ、最後に凄い話ぶっこんで来ましたねッ!」と言いました。


・・・・・え???

・・・・・あれ?

脳内で自分が何を言ったのか再生してみました。

・・・・・あ、間違えた(笑)。

「違います、違いますッ‼‼ ノーマルです、ノーマルッ💥💥」って全力で否定するワタクシにコウさんが「いいよー、隠さなくても。なんだそういうこと??結婚してるし両方大丈夫なんだーーって思った。」って💥💥💥

違う違う違うってばッ💨💨💨💨

なんていうかさ??

女性にキャーッ💕って言われちゃう男性は見てカッコイイなとは思っても、それで終わっちゃう。

でも素敵な女性を見たら、どうしてあの人は素敵なんだろうって観察するのが楽しい。同性だけに視覚から入ってくる情報が男性の10倍は違う。こんな色も似合いそうだなとか色々。そしてテンションがあがるわけ。

という説明をしたけど、おじさん二人には不可解なようでした😃
仕方がないので、「あんまり・・・、男性にキャー💕ってならないかも。ワタシ、枯れてるのかなぁ〜〜。。。」と言ってみたら、「そんな寂しいこと言うなよーー。」ってコウさん(笑)。

そんな枯れた女のレッテルを貼られたワタクシにぴったりな応援ソング(?)がありましたよ🎶

「乾いたこの花に水を与えてください」

もうね、この時の松坂慶子の美しさと言ったら💥💥💥
「息をのむほど美しい」ってこういう人のこと???ここまで美しいとさ、もう何も言わなくていいから隣で微笑んでくれてるだけで幸せ、とか思っちゃうオヤジなワタクシ。。
当時27歳くらいだそうですが、今の27歳と全然違うよねぇ。色気がスゴイ。

松坂慶子って今はだいぶふっくらしてますけど、女性らしいたおやかさとか物腰とか品とかがあって素敵だなと思います。ワタクシの場合、「きゃー💕」ってなるのは、男性より女性に対してかも。

愛の水中花


そういえば、明日はワタクシの素敵おねーさん小比類巻かほる氏がテレビに出る日。
BSプレミアムの『ザ・プロファイラー』でプリンスの特集をやるわけ。
日本人で唯一あのプリンスにプロデュースされたのは彼女だけですからね。楽しみ♪

放送は12日(木)21:00です。
kohhy1.jpg



posted by Yukka at 23:25| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

安室さん引退宣言

沖縄2日目の日記でも書こうかなと思っていた矢先の昨日の電撃引退ニュース。

夕飯の準備をしていたら、リビングのソファに座ってタブレットを観ていたannが「ママッ💥💥安室ちゃん、引退するんだってッ💥💥」と叫びました。

うそだぁ。何、ガセネタに騙されてんの??って思って覗き込んで・・・・・。

Σ(゚д゚lll)

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー💥💥💥💥💥

自分のスマホを覗いたら、やっぱり『安室奈美恵 引退』のニュースが💥💥💥
クリックして安室さんの挨拶文を3回ほど読みました。理由を書いていないところが彼女らしい。

間もなく、ワタクシがショックで倒れているのではないかと心配するメールが複数届きましたが、特にファンではない彼女たちは口々に「まさか引退すると思わなかった」と言っていました。


いやいやいや・・・・・。

安室さんのファンだったら、彼女がここ数年何度か「引退のことは常に頭にある」と雑誌のインタビューなどで口にしていたのを知っていると思います。5年前のWOWOWの特集でのロングインタビューでも触れていた話です。

だからワタクシも唐突すぎて驚きはしましたが「なんで??」とは思いませんでした。

「・・・・・ついに・・・・・・・この日が来たのね・・・・・・⤵⤵⤵」

そう思いました。

個人事務所設立だって、ベストな引き際を実現させる為の布石のひとつだったのかも💨💨💨
さすが安室さん。。。どこまでカッコイイの・・・・・。

覚悟はしていたけれど、そうか・・・・。あと1年か。。。。
ご飯を作りながら、この10年安室さんを追いかけて楽しかった日々を振り返ってしまいました。

もう2018年9月16日以降は、あの笑顔も、ライブでカッコ良く踊る姿も見れないのか・・・・。
namie_882.jpg


そう思ったら・・・・・・。

なんとなんと。

涙が・・・・・。


「ママ、泣いてるの???💥💥」って言われたら恥ずかしいので、やることないのに換気扇の下にずっといましたよ😃😃😃。なぜ今夜のメニューに玉ねぎを使わなかったのか・・・・。

・・・・まさか自分が泣くとはね💨💨。

そりゃ悲しい気持ちはわかるけどさ、テレビで芸能人の引退に泣いているファンを観て白けた気持ちで見ていたので、自分がそんなふうになるとは思わなく・・・(笑)。

しかもその時だけじゃなく、寝る前も思い出して涙が止まらないという揺さぶられっぷり。。
予想以上にダメージを受けている自分に驚きを隠せませんでした。

なんだろう。いずれ引退するって頭でわかっていたのに心がついていかないってこと?
おいおい、そんなヤツだったっけ????💥💥💥と自分で自分にツッコミです😃。

普段は布団に入って5分で入眠、夢すら見ない熟睡型のワタクシが深夜2時頃まで眠れませんでした。
今日は瞼が腫れており、明らかにいつもより二重の幅が広くなっています(笑)。
いつもは観ない芸能ニュースが多い「スッキリ」では、安室さんの大ファンであるハリゼンボンの春菜がとてもナイスなコメントと解説でいい仕事をしていました。8時の放送から40分も特集していたなーー。勿論テレビの前にクギ付けです。



安室さんの決断に心から拍手を贈りたいです。

それに唐突の引退じゃない。
あと1年くれたじゃないッ💥💥

最後の一年、精一杯応援しようと思いました。

昨日、ファンクラブ向けに別途メールが届いていました。
全文は載せませんが、「ファンの皆さんと私との思い出が、一つでも多くできますように。。」だって。。

11月8日にリリースされるベストアルバムのタイトルが今日発表となり、その名も『Finally』。
ファンクラブ限定盤もあるとのこと。名入れができるみたい。


引退後はそっとしてあげてほしいけど、大丈夫かなぁ??
暫く国内はムリなんじゃ。。
海外に3年くらい潜伏(?)して、落ち着いた頃にこっそり帰国するとか??
穏やかな日々が訪れることを切に願うわ。。。。

山口百恵とか ちあきなおみ とか、潔く引退した昭和の偉大な歌姫はどうやってプライバシーを守っていたのだろうか。ネット社会の今の方が大変そう。。。




そういえばワタクシ、こんないい加減な記事を6年前に書いておりましたよ。
今、改めて読み直すと「?」な部分も多いし、ファンにブッ飛ばされそう・・・・・。
申し訳ありませんッッ💥💥💥

でもね、ワタクシが思う安室さんの引き際はこの記事を書いた頃と今も全く同じです。

「みんなにたくさん惜しまれて引退してほしい」

これです。

だから寂しいけどタイミングとしては今がベストだと思います。
やっぱり安室さんは、最後も、きっと引退した後も、『安室奈美恵』なんだろうなーー。
芸能界から消えても、ずっとずっとファンですよーーー✨✨

でも。。。。本当に寂しい💦💦
今夜はツアーパンフでも眺めて眠るかなーー。また泣いちゃいそう。嗚呼ッ💥💥💥


安室さんの今後を勝手に予測






posted by Yukka at 22:30| Comment(0) | 安室奈美恵にお熱な日々 | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

安室さん25thライブ@沖縄

NAMIE AMURO 25th Anniversary Live 参戦してきました✨✨
na245.jpg
このCA姿、きゃわゆい💕💕

台風で中止となった20thライブはnatsuが3歳になったばかりで申し込みはしていなかったのだけど、5年後は絶対に母娘で参戦しよう💥💥と固く固く決めていました。

5年先は遠いかなと思っていたけど時が流れるのは何て早いんだろうか💨💨。
告知があってからすぐに申し込み、当選メールが来たその日に沖縄パックツアーの申し込みをしました。せっかく行くなら2days参戦したかったのだけど、3人分の旅費とチケット代で結構な額になり、もう1泊は厳しかったーー⤵⤵⤵。申し込みしたのは16日の初日の方。。

が。
やはりやってきたアイツ。
普通の台風じゃなくて『記録的な』台風・・・⤵⤵⤵。

安室さん、何故にこんな時期をデビュー記念日にしたの・・・と今更言っても仕方がないので、また中止になったらどうしよう、ああ どうかお願いします‼と祈りながら毎日沖縄の天気予報をチェックしてました。

すると、3日前の予報までライブの日程には台風直撃だったのに、直前で「これ大丈夫なんじゃ??」という予報に変わりましたよ✨✨✨ やったーーーー⤴⤴⤴⤴ 

2日目は美ら海水族館に行くバスツアーの予約もして、annとnatsu用に旅のしおりまで作ったわよ✨
IMG_5681.JPG


思いついて30分ほどで作成した為、材料がインクジェット用のハガキっていう。。。。
IMG_5578.JPG
マステで繋げただけなのでハガキ1枚分に折りたためます(笑)



そして迎えた16日。
無事に当日を迎えたのはいいけど、沖縄が強風らしく飛行機がなかなか飛び立てず、結局1時間遅れの出発となりました⤵⤵⤵。
開演は17:30。子連れで早朝出発は辛いと思い、お昼過ぎ着でも十分間に合うかなと思っていたら、今月に入ってJTBの臨時バスが出るとの告知があり、じゃーそれに乗ろうと予約をしたら14:00〜15:00。空港から直行すればギリギリかな???・・・そんな状況だったのに飛行機が1時間も遅れて焦りました。

が、他の便も遅れたようで臨時バスの時間も後ろにずれており無事に乗れたけど、現地に到着した頃にはワタクシのB3ブロックの移動開始時間はとっくに始まっており・・・・⤵⤵⤵

それにしてもめっちゃ風が強い。。。。。
写真を撮るスポットが道すがらありましたがそんな余裕はありませんでした。なぜってただでさえ時間に遅れているこの状況で、列に並ぶ前にクロークスペースへ行き、キャリーバックを預けなくちゃならないし(大きい荷物は預けなければならないことになっている)、更にスマホを持っていないannとnatsuの為に特別な手続きが必要な受付からじゃないと入れない(住民票や保険証などを見せないとダメ)。

ああ、なんて広いの宜野湾海浜公園。どんだけ回り道すればクロークにたどり着けるの・・・?他のブロックの長い列を横目に見つつ、ひたすら歩く歩く・・・・。

やっとクロークにたどり着き、荷物を預け、スマホ無い人用の入場口をくぐって、ようやく自分の見学スペースB3に到着。前からAからDブロックまであって、中央のB3はなかなかの良席・・・・じゃなかった。席はない。芝生の地面にスタンディングです。

空はまだまだ明るかったです。
とても大きなステージは黒い鉄骨がむき出しのシンプルスタイル。白いメッシュっぽいシート(?)で覆われている部分がアクセント。

朝から降っていた小雨もどうやらセーフ。ちょっと陽も出てきてました。ワタクシが到着する少し前、なんと虹も出たんだとか💥。(どなたかのTwitterで見ました)

台風の野郎、直前までハラハラさせておきながら、ライブ直前の空に虹をかけるというドラマティックで心憎い演出。5年前のお詫びのつもりかな?。台風さえも味方につけた安室さん、すごいわ⤴⤴⤴。

音楽がおさまっていよいよか??と思ったら、左右の巨大パネルにライブグッズのCMが映るというフェイントを2度ほど喰らい、待ちきれなくなったファンが手拍子と奈美恵コールを始め、40分遅れでいよいよライブスタートです✨✨✨

衣装にあしらってあるミラーがキラキラと反射するブルーの衣装で登場した安室さん。ちょっと緊張していたのかな。少しだけ笑顔です。そのスマイルを見るやいなや、尋常じゃないくらいの大歓声があがりました。ワタクシ、勿論 第一声の「あーむーろーちゃーーーん💕」を叫びましたよ✨。


セトリはこちら。

1.TRY ME 〜私を信じて〜
2.ハートに火をつけて
3.太陽のSEASON

4.ミスターU.S.A.
5.愛してマスカット
6.PARADISE TRAIN
7.Just you and I
8.Chit Chat
9.Can You Feel This Love
10.ONLY YOU

11.You're my sunshine
12.a walk in the park
13.Body Feels EXIT
14.Chase the Chance
15.Don't wanna cry
16.SWEET 19 BLUES
17.Fight Together

18.Damage
19.Mint
20.Fighter
21.ROCK U
22.Let's Go
23.Higher

アンコール
24.GO! GO! 〜夢の速さで〜
25.Strike A Pose
26.NEVER END
27.Hero

衣装はコチラです。今回もきっと野田氏のデザインよね。順番に並べます。(セトリの空欄部分はお着替えタイム)
朝のエンタメニュースもそうだけど、最近はライブの見所も衣装も全部公開しちゃうから検索したらすぐ出てくる。

namie_blue.jpg namie_white.jpg namie_orange.jpg namie_red.jpg namie_ts.jpg

もう、冒頭部分は懐メロてんこ盛りです✨✨
『TRY ME』の手のひらを広げてるフリ付けも、前のほとんどの人がやっていた(笑)
この曲も『ハートに火をつけて』も懐かしのユーロビート。。。


初めて安室さんを観たのは多分歌番組だったと思います。「安室奈美恵とスーパーモンキーズ」という名前を知り、「どっちかっていうと、おさる顔なのは後ろで踊ってるコ達よりあなたの方ですけど?」とその愛嬌ある幼い顔立ちをみて思いましたが、媚びないハリのある歌声、歌っている時のクールな表情、そして髪をかきあげながらそんなに腰振るんですか??というキレまくりのダンスが、最初の幼い印象とだいぶかけ離れており、そのギャップは結構なインパクトでした。だって当時そんなアイドルいなかった。きっと沖縄という土地には本州にはいない逸材がいるんだろう。だってこのリズム感よ??。などと、その謎めいたエキゾチズムにも魅了されました。当時小学生だった妹が「この人誰ッ‼‼」と騒いでいたらしいのですが全く記憶にありません(笑)。


ワタクシがファンになった時には彼女は既に30歳だったけど、それからもどんどんキレイになっていったもんなーー。ライブだけでなく、雑誌でMVで色んな表情で魅せてくれ、全然飽きませんでした。



いつまでも見つめていたい💕💕
見ているだけで幸せ💕

安室さんはワタクシにとってそんな存在です。

あと数日で40歳‼️今が一番ステキですッ💥💥💥


陽がだいぶ傾いて、空が綺麗なオレンジとピンクに染まりました。虹がかかった後は美しい夕陽です✨✨薄グレーの雲が結構なスピードで流れていました。

ちょうどステージが夕陽に背を向けて建てられていたので、ステージの後ろから放射状に現れた雲がワタクシ達の頭上を飛び去っていくかのようにも見え、逆光で黒々と浮かびあがったステージの鉄骨と夕焼けのコントラストも美しかったです。この逆光も鉄骨も計算した上でのステージデザインだったのかなぁ?


陽もすっかり落ち、次の衣装替えを待つ間に、今度はどの曲でしょう?って感じで過去のMVとリリースされた年号がハイスピードで次々に映し出されました。やがてBGMのボリュームが一気にあがって・・・・・。


ステージ後方の複数のパネルに14歳の幼い安室さんがドドーン💥💥💥
ブレイクする前の曲「ミスターU・S・A」のイントロが流れて白い衣装の安室さんの登場です。

これにはテンションあがりました⤴⤴⤴。一際大きな歓声があがり、ワタクシも思わず「カワイイッ💥💥」って叫んじゃった。。。。
映し出された14歳の安室さんと全く同じ振り付け✨✨。両足をあげてジャンプとか、若さ溢れる感じのフリをニコニコ笑顔&ちょっとフリフリな衣装で踊る姿がアイドルっぽくて可愛いかったな💕💕 フリフリの白い衣装が全然イタくないスタイルの良さと愛らしさがもう超人😃。


そのまま「恋してマスカット」に突入し、ヲタのごとく何度も「マスカット💥💥」と叫んだのだけど、どうせならサイリウム持って叫びたかったな・・・(笑)。その後の「PARADISE TRAIN」は知らない曲。だってさ、ワタクシがファンクラブに入って やっと10年だもん。安室さんの前半の曲はシングル以外(これもシングル?)はほとんど知らないの。アムラーブームの頃は社会人だったのでギャルのカリスマには全く興味がなく。。。ごめんなさーーい💦💦 

セトリのとおり、懐メロの後は90年代の怒涛の小室時代ヒット曲の披露。

歌える💥💥歌えてしまう💥💥💥笑。
安室さん オレンジの衣装にお着替え。。

歌いつつ「You're my sunshine」の「Yo!」だか「Ya!」だか未だにわからないコールと、両手を高く広げてやる手拍子もきっちりやり、「a walk in the park」の「冬のポケット リップクリーム 貸してくれたね 可愛かったね Woo・・・ キスしてね♫」という甘酸っぱい歌詞を歌う姿にキュンキュンし、「Body Feels EXIT」での力強い歌唱とクールな表情にシビれました。クドいけど全部歌えるのが楽しい〜〜⤴⤴⤴

「Chase the Chance」の『夢なんて見るモンじゃない 語るモンじゃない 叶えるものだから』という歌詞は、あの頃の10代の皆さんにどれだけの勇気を与えたのかなと思います。そしてそのとおりの人生を走り続けてきた安室さん。20周年は中止になっちゃったけど、こうして無事に25thライブができて本当に本当によかった✨✨ 

ステージ後方のパネルには5年前の東京ドームでステージの端から端まで走る安室さんの映像が映り、同様に安室さんもステージの端から端までダッシュ💥💥(20周年の時は10代の安室さんが走っている映像。髪をかきあげる仕草もマネしてました)みんなで「Chase the Chance💥💥」って叫ぶのもサイコー⤴⤴⤴。

ちょっとユルめのテンポが心地よい「Don't wanna cry」で横揺れしながら手拍子し、「SWEET 19 BLUES」で隣の女性が静かに号泣。ワタクシなんて、まだファン歴10年。最初から追いかけていたファンにとって、まさに安室奈美恵は青春そのもの、なんでしょうね。。。曲と一緒にその時々の色々な思い出がよみがえるのでしょう。勿論ワタクシだって同じですよ‼️

そこにいた人のほとんどがみんな歌ってました。見渡せばファンの年齢層の広さに驚きます。上は50代、下はファンの子供世代の10代まで・・・・。他の曲もワタクシも周りもノリながら一緒に歌いました😃。楽しかったなぁ。

アニメ ワンピースの主題歌「Fight Together」は、ann もnatsuも熱唱です。natsuが周りをマネて一丁前に腕を上げてコールしていた姿にちょっと笑ってしまいました。

そういえば身長が低くて左右の巨大パネルもよく見えないnatsuを気遣ってくれて、近くに立っていた30代前半くらいの女性がライブ中に唐突に膝を曲げてnatsuの視界を確認し「ここだったら見えるんじゃない?」というゼスチャーで手招きしてくれたり、ライブの前も男性二人組が「見えないとかわいそうですよね✨」って言って場所を開けてくれて、感謝感激でございました。

他にもちびっこたくさんいたけど、台や椅子は禁止だったんだよね。。。小学校低学年までの子供のみ20センチまでの高さの台はOKとかあったらいいのにね。。。20センチ底上げしたところで視界をさえぎるほどの高さにはならないだろうし。まぁ、しかたがないさ💨💨 それより周りのファンのみなさんの気遣いに感動しました。annもワタクシと交互でnatsuを抱っこしてくれて、イビるけどなんだかんだで優しいお姉ちゃんだなと嬉しかったです。


目の前には笑顔で歌う安室さん。
そしてそこに娘たちと一緒に参戦できているという幸せ過ぎる状況に、思わず目頭が熱くなってしまいました・・・。

ああ、安室さん、ありがとぉおおぉおおぉぉおぉおおッッ💥💥💥💥


「ROCK U」では、歌詞の「騒ぎあかせーー🎵」の後に「沖縄💥💥」と叫んでましたね。いつもあそこの部分は会場の名前を入れるのがお約束なのです。


所々アクセント的に最近の曲を入れてきてたのだけど、意外だったのは25thライブなのに「Can You Celebrate?」や「Say The Word」などの安室さんの歌手人生に欠かせない「節目曲」が無かったことと、小室プロデュースを卒業してから、第二次ブームのきっかけと言われる『PLAY』がリリースされた2007年の間の曲が根こそぎ抜けていた点です。それはこれから始まるドームツアーの為に取っておいているのかなぁ?。

ラストは「Higher」で一旦〆たところと、アンコールの「NEVER END」→「Hero」というチョイスにも安室さんからのメッセージが入っている気がしました。ドラマやアニメ「ワンピース」との再々タイアップ曲も決まったばかりだし、ますます活躍していくのね。楽しみーー✨✨

安室さんは終始笑顔でとても楽しそうで、セトリも遊び心がいっぱいだったし、今回の沖縄ライブは来年から始まると思われるドームツアーのプロローグって感じだったのかな。

25thだし沖縄だし、ラストになにか一言あるかと期待しましたが、いつもどおりの「また遊びに来てねーー♪バイバーーイ🎶」に若干拍子抜け💨💨。安室さんらしいけどね・・・・😃
打ち上がったキラキラテープも取れた💕
IMG_5669.JPG


今回、野外だし雨かもしれないしで奈美恵コスはやめにして過去のツアーTシャツでも着せようと思っていたのですが、annが「だって来年受験だし行けないかもしれないじゃん💥💥。今 着ていく‼」と言い出し、確かにそうだよな。行けたとしても真冬で着れないかもと思い、着せる事にしました。そうなるとnatsuの分と二人分・・・。とてもじゃないけど時間が無い。


そこで小6の時に着せた「ONLY YOU」の赤ドレスのサイズを直し(タテもヨコも急成長しててビックリした💥)、natsuには新たにイエローのを作って着せました。やはり奈美恵コスをやってる人はほとんどいなくてちょっと浮いちゃったけど、安室さんが「ONLY YOU」を歌ってくれたので嬉しかったです💕💕
ワタクシは添付した衣装画像のアンコールの時に安室さんが着ていた白地にオレンジの模様が胸の所にだけ入っているシンプルなツアーTシャツと同柄のフード付きタオルにデニムです。


だがしかし、時間がなくて記念写真を撮れなかったのが残念過ぎる💦💦 
帰りにちょっと撮ったけど暗い中でのショットで移りがイマイチ・・・⤵⤵⤵⤵ どこで撮ったかわからない工事現場のような背景だったので載せたくない・・・(笑)。
来年のライブの時にちゃんと撮ろう🎶🎶



で、問題は帰りのシャトルバスだったんだけどさ・・・💨。
この臨時シャトルバスに乗り込むまでに、某ねずみの国どころじゃないほどの時間がかかりました。
ロープが張られてある葛折りの通路に2時間並びました・・・・・・。でもそれはまだマシな方で長い人だと3時間とか。。。勿論立ちっぱなしです。

バスは乗れても1台40人ちょっとでしょ。今回2daysで5万2千人の動員とのことだけど、7割くらいがバスだったんじゃないかなぁ。いくらバスの台数を増やして送迎しても何回転したらいいんだってくらいの人数だったわけで。

ライブ中に時々雨がパラついたものの、すぐおさまった雨が本格的に降ってきて(これも奇跡!!)、風も強くなり横殴りの雨となり、持参のレインコートを着ても一気に寒くなりました。宜野湾海浜公園という場所は車でしか移動手段がないのよね。。。もし今後ライブがあったらアンコールの時に帰った方がいいかも、と思ってしまいました。(最後まで聞かないで立ち去れるか自信はありませんが)

ホテルに着いたら23時。
国際通りには、ツアーTシャツを着たファンが小腹を満たそうとウロウロしていました。

ワタクシ達も何か食べようと探しましたが閉店間近のお店が多く、結局居酒屋でサクっと食べて帰りました。

翌朝は8時に集合する「美ら海水族館」バスツアーを予約していたのでシャワーを浴びてさっさと就寝。

2日目は天気にも恵まれて花火もあがったみたいでちょっと羨ましい。帰りのシャトルバスには閉口しましたが、沖縄ライブが無事に開催され、そこに娘たちと参戦できたこと自体、本当に幸せ✨✨
安室さんの30代最後のライブ、言うまでもなく最高でした。これからも応援します‼️

お誕生日おめでとうございます✨✨
これからもますます輝くんだろうな。

大好きだーーーー💕💕

na28545.jpg



posted by Yukka at 23:14| Comment(0) | 安室奈美恵にお熱な日々 | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

おじさんバンドライブ2回目

18時頃の空。
綺麗な夕焼けだったなー。ちょっと雨も降っていて、うっすら虹も出てました。
IMG_5494.jpg

今日、仕事で取りに行く書類があったので車で20分ほどの役所へ行ってきたのだけど、用事が終わって時計を見たらちょうど12時5分前だったのでそのまま昼休みに入ることにしました。

全然知らない場所だったのでお店もよくわからず、時間もないのですぐ目の前にあった昭和テイスト溢れる洋食屋さんに入ることにしました。看板が出ており、ビーフシチューやオムライス、ハンバーグ定食などメニューは10種類ほど。

お店に入ると外観から想像できる老夫婦が切り盛りしていました。きっと長年ここで営業してきて地元の人に愛されているのね、10席ほどの店内を見回しながらそう思いました。ワタクシが座ったテーブルの他にもうひとつテーブル席があり、そこに先客が4人。

ワタクシはハンバーグ定食を注文ました。ライスとサラダとスープ、更にコーヒーがついて900円です。
先にサラダとスープが到着。なんの変哲もないサラダとジャガイモのスープかな??美味しかったです。
それからワタクシはスマホに視線を落とし暫く眺めていたので気づきませんでしたが、20分が経過していました。随分かかるなーと思ったら、ようやくメインのハンバーグが鉄のプレートに乗せられて目の前に置かれました。



・・・・ハンバーグは美味しそうなんだけど、付け合せが謎・・・・・。


ブロッコリーと人参、ジャガイモはわかるけど、なぜか少量のキャベツともやしの炒め物。
それはいいとしても炒め物の大根って???半月切りで面取りしてある大根です。


煮物に入ってた感じ?
試しに口に入れてみました。
微かな出汁味がしました。

まさか、使い回しなんじゃ。。。。

嫌な予感がしました。

ハンバーグを一口食べてみました。

・・・・・・・。

切り口をみると中が生焼けです。。。ゲゲゲッ💥💥💥
ビーフ100%ではなく、合い挽き肉の味なのに。

試しに上から箸でハンバーグを押さえ、肉汁の色を確認してみました。
透明じゃないよ?ピンク色。
これ、生焼けじゃないのかなぁ。

でも100%の自信が無かったので、更に一口食べてみました。
お肉に酸味もあるんですけど。。。。。
ソースにワインを使うとはじめに酸味が出ることがあるけどね。それともこの酸味はケチャップか??いやいや、ソースじゃない。お肉だろう💥💥


これは食べられないと思いました。
残すことも考えましたが、これに900円は払いたくない。


「すいません、ちょっといいですか。」とテーブルに来たおかみさんに「これ、多分 生焼けだと思うんですけど。」とストレートに言いました。

おかみさんは「はい?」と言って怪訝な顔をしました。その態度に威圧的なものを感じ、お客に対する対応としていかがなものかと思ったので、ここは毅然と言わなければと思い、更にはっきりとした口調で「生焼けな上に、お肉も少し酸味があるように思います。」と言いました。

ワタクシにはっきりと言われ、怪訝な顔から困惑した表情を浮かべたおかみさんは「すいません。焼きなおします。」と言いましたが、酸味についてはそれで解決しないことなので、確かめてもらうのが一番と思い、テーブルの上に重ねてあった小さい取り皿の上に未使用の箸でハンバーグの食べていない箇所を切り取り、「味見してみて下さい。」と言って渡しました。

おかみさんは自分では食べず、それをキッチン内の大将のところに持って行きました(オープンキッチンになっている)。70歳手前くらいの彼は首をかしげながら無言でお肉を食べていましたが、ノーコメントです。


「もう一度作り直します」とおかみさんに言われましたが、また20分待つのも嫌なので「時間がないので結構です。ご馳走様でした。」とだけ言って席を立ちました。「すいません💦お代は結構ですから・・・。」と言われたからいいけど、サラダとスープ、ライスを半分ほど食べちゃった。美味しいと思ったあのスープにも何が入っていたのか怪しい・・・・。あれから、だいぶ時間が経ちましたが今のところお腹は無事です。仕方がないので別のお店でお蕎麦を食べました。


夜にannにこの話をしたら、「えーー、私だったら言えないから食べちゃう。おじいさんおばあさんにそんな言い方 可哀想。ママひどい。。。」と言われました。


「はぁ?何言ってんの? 最悪、食中毒で死ぬことだってあるんだから、絶対食べちゃ駄目でしょ💥💥 可哀想とかそういうことじゃないの。お金取ってるんだから、お店として最低限のクオリティで出すの当たり前でしょ?って言ってるの。腐ってるとかさ、お客が遠慮するところじゃないよ。言えないなら残す。言わなくちゃ伝わらないけどね。ママは食べられないものにお金出すの絶対ヤダけど💨💨。」

「ママだから言えるんだよーー⤵⤵⤵⤵もっと優しく言えばいいのに。『かもしれない』・・・とかさーー。しかも食べさせるって凄いよ(笑)。」

「そう?だって食べなきゃわかんないじゃないの。それに自信無さげだと、こっちの味覚がおかしいと言われかねないし。」
・・・あの「はい?」で応戦態勢になってしまいました。


だって連休はいよいよ安室さん25th沖縄ライブだしさ、お腹壊すとか冗談じゃない。
万全な体調で参加するんだからッッ💥💥💥💥

日曜日からバタバタと始めた安室さんライブの準備でやる事がいっぱいな上に、ann達の体調にも神経をとがらせているワタクシ。昨日は習い事の水泳教室の振替日だったのだけど、髪の毛ビショビショのまま空調のきいた書道教室へとハシゴしたnatsuが風邪をひかないかヒヤヒヤしました。いつもは送るんだけど振替時間が早すぎて間に合わなかったの。書道教室は寒いからパーカ持っていってねとあれほど言ったのに〜〜〜💦💦


沖縄の天気予報は・・・・・。


雨・・・・・・⤵⤵⤵⤵⤵。


20周年沖縄ライブは記録的な台風で中止になったから、今度こそはと思っているのだけどできれば雨は避けたい💦💦



話は変わり。


土曜日におじさんライブの2度目のライブがありました。
前回はステージがあり、席はなくスタンディングでしたが、今回はオールフラットでテーブルと椅子があります。前回は中学同級生倫ちゃんとワタクシの妹という身内しか声かけしなかったのですが、今回はこの駄ブログにコメントを下さるKenさんが来てくれました✨✨ もともとは他のライブで何度かお会いしていましたがリアル対面は何年ぶりだろう。色々話せて楽しかったです。

他には、よく集まる昔の職場のメンバーの一人が大学生のお嬢さんを連れて来てくれました。たまたま前の週にその方を含めランチ会があり、そこにいた数人にフライヤーを配ったのですが、まさか本当に来てくれるとは全然思っていなかったのでビックリ‼‼ 聡明そうなお嬢さんに「お休みの日は家でゴロゴロしているんですよー。趣味とか全然なくて、母にも娘離れしろって言われてるんです・・・。」という言葉に苦笑いしていましたが、娘大好きオーラがビシビシ出ていてそれはそれはデレデレでした😃😃 娘とお酒を飲んでデートするってやっぱりパパの夢なんだろうなーー😃。後でお礼のメールをしたら「父親に素敵な知り合いがいて娘もまんざらでも無いようでした。楽しかったです。ありがとうございました。」という返信が来て、こちらが恐縮してしまったわよ💥💥

更に「行けたら行くよーー」と120%社交辞令かと思っていたいつものバーで顔を合わせるおじさんが一人来てくれました。ビックリ💥💥💥 コウさんともそのバーで何度か顔を合わせて親しくなっていたので二人で盛り上がっていました。ワタクシは帰り際にちょっとお話できたかな。「コウさんがYukkaさんがミニスカ履くって言うからさーー。」といつもの調子で言うので笑わせてもらいました。有難いジョークですよ。。。。

ライブはゆるーーい感じで始まって、グダグダな感じで終わりました😃。
先ほどワタクシ、「お金取ってるんだから、お店として最低限のクオリティで出すの当たり前でしょ?」と言いましたが、ワタクシ達のライブにチケット代を払いわざわざ時間を割いて来てくれるなんて、なんと心の広い方々なんでしょう✨✨、感謝でいっぱいでございます✨✨✨


今回はまだ2ndが別の人のステージだったからまだ良かったです✨✨
なかなか対バンが決まらなくて探すのに苦労したらしく、来てくれた女性ボーカリストの方もいつものサポメンが確保できないからと最初に断られたそうですが、コウさん他のゴリ押しで来てもらったんだそう。プロなのかな??ラジオとかやってるみたい。シャンソンみたいな物語調の歌が多く、「バカな男〜〜🎶バカな男〜〜🎶 ボクサーやった後は〜〜劇団に入ってさ〜〜🎶」と歌いながら、途中で客席の男性を「あそこにもバカな男がいる♪」と指差しして笑いをとってました。


別の歌で食事用のナイフを持って歌いながらワタクシに近づいてきて、グサっとやられ(勿論刺したフリですが)、彼女が戻ると役目は終わりかと思ってムクっと起き上がったら「ずっと死んでてッ‼」と言われ(笑)、曲中ずっと死んだフリ😃😃 面白かったです。


その後はそのままそこで飲み、更に別のお店へ移動して飲んで、自宅最寄駅到着後はコウさんとトムさんといつもの赤ちょうちんで飲んで終了。


楽しいけど、この小っ恥ずかしいサブボーカル、いつまで続けるかなぁ。
現在おじさんバンドの持ち歌が9曲で、とりあえずの目標があと1曲らしいので一応そこが区切りかな。。


先のことはあまり考えてません。その時に楽しいと思ったことをやるだけです。。


今回の曲はコチラ。

青春謳歌 林田健司

『楽しいことは、今 やっときな』。
まさに今のワタクシの心境です。


前の記事のコメント欄にもちょっと書きましたが、会社に出入りしている業者さんに勧められて、そういえば 昔聴いてたな、懐かしいなと思って試しにストリーミングで『東洋一』というアルバムを聴いてみたら、これがなかなか素晴らしく、しかも『邦楽なんだけど、その中に微量なファンクやソウルが入っている』というワタクシの好きな路線でございました。いいじゃんッ💥💥 この『青春謳歌』に限ってはこのアルバムの中でポップ路線だけど好きです。彼は声がいいよね🎶🎶 
現在も活動中なので一回ライブに行ってみたいです。

posted by Yukka at 21:12| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

歌謡曲カラオケ

今度の週末は2度目のおじさんバンドのライブ🎵

先日、久々の合同練習がありました。

初ライブが7月だったのでその翌々週前から直前まで集中して練習したのに、1ヶ月半が経過したらみんな元通りに間違えてました😃😃 ワタクシのカバー曲は12月のライブに持ち越されるらしい。別にいいんだけどさ💨

前はスタンディングの会場だったけど今回はテーブルと椅子があるライブハウスでお酒が飲める上、今回は謎の女性ボーカリストが対バンとして参加するらしく、それも楽しみです✨✨。

練習後、ボーカルのコウさんとドラムのトムさん(いずれも仮名)といつもの赤提灯の居酒屋で夜食です。3人とも家が近いので結局いつものメンバー、いつもの居酒屋となります😃
豚モツ煮込みを食べながら、コウさんの「女性が3日間も泊まっていったのに何もなかった残念すぎる話」を検証した後、80年代歌謡曲の話で盛り上がり、時間も遅いので1時間だけカラオケに行くことになりました。

トムさんが一番歌いたかったらしく、いい気分で山下達郎「LOVELAND ISLAND」を熱唱。
トムさん、何げにいい声だし歌が上手い。ギターの近藤さんとギターduoを組んで遊んでるということを知り、今度そのライブに行く予定。。

コウさんは「もう練習で声出ないよ。俺はいいから二人で歌いなよ。。」と言ってワタクシに森高を歌ってくれとリクエスト。森高さんといえばこれでしょ、と「オバサンですけど、これ歌いまーす💕」と言って『わたしがオバサンになっても』を振り付けしながら歌いました😃😃。最近の本人映像でした。森高さんのあの変わらなさは奇跡だと思う💥💥

トムさんが「近藤とのライブの後に生演奏で歌わせてくれるバーで打ち上げするからコウさんとおいでよ。ちょうど歌謡曲デーだから明菜ちゃんとか歌えるよ。そうだあれ歌って。」と『飾りじゃないのよ涙は』を入れました。いいねーー✨✨ そのバーも楽しそう💕💕

歌い終わると「いやーー、陽水の曲、やっぱいいわーー⤴⤴⤴。」と今度はトムさんが沢田研二の『背中まで45分』を入れました。この曲、ワタクシは初めて聴いたんだけどさ💨💨 
歌詞がすごいよ。笑った💥💥。



背中まで45分
作詞作曲:井上陽水

出会いの場所はホテルのロビー
目と目があってあいさつは無く
夜は始まりそれが45分前

会話の為に名前を聞いて
ありふれた名ですぐに忘れた
指が動いてそれが35分前

それから寄り添い 二人で恋をし
長い廊下転がされて
迷い込んだホテルラウンジバー

二人で飲んだトロピカルシャワー
めまいのようにはじけてとんだ
歌も聞こえて それが25分前

笑った後はけだるい気分
眠りませんか?僕の部屋でも
夢に向かった それが15分前

二人で手をとりダンスをしながら
出てゆくのを見送るのは
誰もいないホテルラウンジショー

部屋に入ればそれがちょうと5分前
ドレスを脱いで抱き合う時に
背中の指が静かにはねた
それがちょうど それがちょうど今

背中まで45分・・・背中まで45分・・・
背中まで45分・・・背中まで45分・・・


曲はコチラ

コウさんと二人で「ふむふむ、それで?」と言いながら、トムさんの歌声に耳を傾けモニターの歌詞を目で追いつつ、好き勝手に感想を言い合いました。

「この二人・・・、展開早くないですか?」
「俺なんて3日一緒にいたのにさ・・・」

「名前も忘れてるくらいなのに、『夢に向かった』んですねー。」
「ジュリー💕💕って、女の子がキャーキャー言ってたんだよー。」

「背中で指がはねたってことはさ??」
「・・・フロントではないということですね。」

トムさんが「ここッ‼ ここ2回繰り返してます💥💥」と「それがちょうど それがちょうど今」の部分を嬉しそうに指をさして歌いました😃。・・・無邪気だ・・・笑。

「鮮やかだなーー。45分でお見事でした💥💥」
「俺なんて、3日も・・・。」

「続きはないのね💨。でも陽水の妄想力、凄いな💥。」
・・・・続きがあったら官能小説だろう(笑)。

「俺なんてさ・・・。ちょっと‼‼ 聞いてないでしょッ💢」

その後、ワタクシは「ハイハイ。」とテキトーに流して、コウさんリクエストの明菜ちゃんの『セカンドラブ』と『スローモーション』を歌いました😃。


トムさんが再びユーミンの『真珠のピアス』を熱唱。
これ歌詞もアレンジも大好き💕
トムさんが「かったほう〜〜(片方)すーてたーー🎵」と歌いながら、川に石ころを投げるみたいにスライドしながらピアスをベッドの下に投げるジェスチャー。それに「やめてーー💥💥」と叫ぶワタクシ。

もうすぐかわいいあの人と 引越しする時気づくでしょう


おお、怖ッ💥💥
...でもまぁ、気持ちはわからないでもないかな💨

中学生の時にこの曲の「どこかに半分無くしたら 役に立たないものがある」という歌詞の鋭さに感動しました。それにトムさんが、「ダンナ(松任谷正隆)のギターアレンジが超イカしてるんだよぉ💥💥」と言ったけど、全く同感でございます。


トムさんのオンステージは続く(笑)。

今度は山下久美子の『バスルームより愛をこめて』(’80)
懐かしいッッ💥💥💥 隣は角松敏生っていうレア映像。これも編曲が松任谷正隆氏だよね。
3人で「オーットッコッなんて、しゃーぼーん玉ッ〜〜♪」と合唱。泡風呂に入ってるおねーさんの映像に時々ご本人の顔だけが時々映るMVでした。

忘れてたけど、ワタクシもカラオケで山下久美子の『シャンプー』という曲をよく歌っておりました。作曲は山下達郎だったのね。


山下久美子ってキュートだけど、特徴有り過ぎてモノマネされそうな歌い方だな💨💨当時されてなかったのかな。あとは『赤道小町ドキッ』しか知りません。

あとトムさんにウケが良かったのが、これ。


このオトナなイントロ。ワタクシもお気に入りです。

あっという間の1時間。面白かったなーー🎶
コウさんがウトウトしていたので解散です。


コウさんの「3日間一緒だったのに何もなかった」話で思い出した曲を最後に添付します。
これも「ふむふむ、それで?」とついつい聞き入ってしまいます。山崎ハコは最近の発掘で、他にお気に入りの曲があるけど、とりあえずこの曲で今回は〆ます。

山崎ハコ 水割り



posted by Yukka at 23:56| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

小比類巻さん@コットンクラブ

8月20日は、ずっと楽しみにしていたKohhyライブでした⤴⤴⤴ 
IMG_5404.jpg

昨年8月からもう1年経ったのか。。。。偶然youtubeで発見・・・いや、一方的に再会(?)してから、流れに任せて早1年。。

youtubeで一方的に再会⇒5日後にコットンクラブでの30周年記念ライブに滑り込みセーフで参戦⇒ファンクラブ加入⇒3日後に台北ツアー決定!!⇒勢いのまま即申し込み⇒12月のクリスマスイベントで他のファンにご挨拶⇒ファン友がたくさんできる。BBSも楽しいぞ⇒台北で他のファンとより親しくなる⇒地方遠征(名古屋)してもいいかなぁ?⇒人生初の名古屋&ライブ地方遠征:やっぱりKohhyのライブ楽しいじゃん。ウインクされちゃったし💕⇒GWにはNAONnoYAONに参戦・・・という具合💨💨。

昨年のコットンクラブの後にアルバムを再度集めて色々聴いてみたら知らない曲だらけで、冷静になってみると中高生時代に見た音楽雑誌の断片的な記憶とアルバム数枚の記憶しかないし、本当にファンだったのか??前のめり過ぎて早まったか??とも思ったのだけど、現在の小比類巻さんがとてもステキでライブも素晴らしかったので、細かいことはどうでも良くなり、あれよあれよという間にぐるんぐるん(小比類『巻』だから)になりました😃

・・・・・と言っても、かなり浮気性なワタクシですので😃、Kohhy以外にもお気に入りの人がいないかどうかのリサーチは欠かさない。とにかく色々掘りまくる。

特にこのところ暫くは、70年代〜80年代初めの邦楽を中心に掘っていた為、、ライブの3日前に小比類巻さんの’85年『Call My Name』と'86年『No Problem』、’87『I’m Here』を聴いた時の「次世代感」たるや、相当なものでした😃😃。いやー、全然違うね💥💥。メロディとアレンジに新しい風を感じたよ😃 ワタクシはこの3枚のアルバムはリアルタイムで聴いていないので、もしかしたらこういう印象だったのかなと思いがけなく30年遅れくらいに体験したかのような錯覚です・・・・(笑)。

パスワードを入力して参加するBBSや台北で親しくなったファン友の皆さんと「ライブ楽しみだね⤴⤴」とやりとりしながら待つこと数ヶ月。GWの野音の参加はあったものの単独ライブは半年ぶり。どんなに待ち遠しかったことか💨💨。長かったッ💥💥

1か月前から「ママは8月20日は朝から1日家にいませんから。」と何度も宣言し、前日からダンナ実家にann達を預けていたので、当日は予定の時刻にすんなり家を出ることができました。

コットンクラブのステージ前の自由席は早い者勝ちなので、最前列を確保したければ早くから並ぶしかないと台北で親しくなったファンの人から教えてもらいましたが、ワタクシは最前列にこだわりはないし、ライブ前に行きたいところがあったので、「マイペースにのんびり行くからいいわー💨」と断りました。

後から聞いたら、一番乗りは朝の6時だってッ‼‼‼
ムリムリムリッッ💥💥💥・・・・すごいわーー、皆さん元気だわーー。
ワタクシはせっかくの小比類巻さんのライブなので、できれば疲労困憊状態は避けたいと思ってしまいます。交代で休憩があったみたいですけど、それでも立ちっぱなしは辛いぜ。。。


ライブ前に行きたかったところ💕それは、すみだジャズフェスです。前々から気になっていたのだけどいつも行きそびれていました。今回はおじさんバンドのサックスのムラタさんが所属している音楽クラブも参加するので前々からチェックしていたわけ。(この日はムラタさんのバンドの演奏日では無かったんだけど💦来年こそは💨)プロ、アマ問わず、色々なグループが演奏していてとっても楽しかったです✨
IMG_5396.jpg IMG_5394.jpg

ビール以外にもモヒートなどが飲めました。音楽を聴きながら昼間からお酒を飲むってサイコー💕💕

野音で小比類巻さんの出番まで結構時間があったのですが、知っている人も傍にいないので会話も無く、目の前で演奏されているキンキンなアニメ声の女子バンドにも興味が持てなかった為、「こりゃ飲むしかない」と持参の缶チューハイ3本(500ml)を黙々と飲み続けました。そして小比類巻さんが登場し立ち上がったら「あれ??酔ってる💥💥」・・・・自分でもわかるくらいにグラグラになっていました(笑)。

だがしかし、そのグラグラ状態でコール&レスポンスしたのがとても楽しかったので味をしめてしまい😃、なぜもっと早くこれに気が付かなかったのだろうと、コットンクラブに行くまでにすみだジャズで「軽く」出来上がってから参加したかったわけ😃

でもねー、酔おうと思っちゃうと酔わないんだな、これが💨💨。
氷結で酔うのは自宅でしか起こりえない現象なので、野音のあの時はよほど電源がOFFになっていたんだろう😃。ワタクシはどうやら緊張の度合いでアルコールの回り具合が違うようで、終電を気にしなければならない時は相当飲んでも全く酔わない。酔えない。ある意味かわいそうです。緊張しているつもりは全くないのだけどね💨💨

結局、ビール2杯とモヒート2杯飲んだけど、全然飲んだ気がしないまま、タケカワユキヒデfeat.小林香織さんのかっこいいサックスが入った「ガンダーラ」と「モンキー・マジック」を聴いてタイムアウト。

開場は16時。15分前に到着したら、すごい後ろまで長い列💥💥。前の方に並んでいたキャプテンやぐるぐるさんが「遅いよー💨」と言いながら手を振ってくれました。列の最後にたどり着くまで台北で一緒だったファンの人を発見しては軽くご挨拶です。あー、台北行ってよかった🎶🎶。

ホワイエでこの駄ブログに度々コメントを下さる吉備団子さんとリアル対面💥💥BBSでもお話していたものの、なんだかんだで1年かかったわけですが、初めて会った感じが全然しませんでした😃😃。

案内された座席は、ステージを斜め角度から見る後ろの方。ワタクシはこうして全体を見渡せる席の方が好き。よしよし。おひとり様だと大抵良席に当たります。ブルーノート、ビルボード、コットンクラブ、どれも残念な席に当たったことがありません。

この日の為のオリジナルカクテル💕 緑茶が入っててローズマリーの爽やかな香りがして美味しゅうございました。
IMG_5399.jpg

他のファンと談笑しつつ待つこと1時間あまり。
ついにッッ💥💥 

・・・ライブレポはもう書けない。

なぜかというと、ライブに行ってすぐにファンクラブ限定BBSにあらかた大筋を書いてしまったので、もう気が済んだというかさ??時間も経ったしさ??今後もそうなりそうな予感がする・・・・・。

でも小比類巻さんはワタクシの中で割合として大きいのでやっぱり書かなきゃダメだろう💨。・・・というわけで、BBSの自分の書き込みと内容がかぶりますが、そこには書けなかった個人的な事、他を加筆です😃。

セットリストはコチラ↓
1.Show me your love
2.City Hunter〜愛よ消えないで〜
3.MIRAGE MIRROR
4.Tonight
5.say yes baby どんな事からも
6.Come on Back
7.一期一会 Carpe Diem
8.I'm Here
9.Dreamer
10.Together
11.Hold on me
12.Summer Factor
(2ndのみアンコールあり:13.Everything's All Right)

Kaleb James(key,vo)
長井ちえ(g)
村田隆行(b)
鎌田紘輔(ds)
アリヤ美穂(cho)
上杉雄一(sax)

お召し物については、画像を添付します。
これ、綺麗なブルーが沈んで写っているのですが、実際はとても鮮やかな青色で、スカートのブルーのグラデーションが素敵でした。
facebookより。
FzeR.jpg
笑顔が美しいです。お辞儀もキレイなの✨✨

昨年動画でその姿を観た時は、ワタクシの記憶が自分が中高生だった頃のままだったので、随分とイメージ違うなと戸惑いました。が、すぐに「いやいや。あれから何年経つんだ?」と考えたら、年相応のエレガントさを備えた大人Kohhy、いいじゃん✨✨と思い直しました。

ワタクシもこの年ですので、年齢を重ねた素敵な女性というのは、品とか物腰とか落ち着きとか、そういう要素が大切だというのはわかってきました。わかってきた、だけだけどさ💦💦 

落ち着くどころか最近はイタいことをやるのが楽しくてしょうがない。
先日はおじさんバンドのメンバーとカラオケに行き、『わたしがオバサンになっても』を振り付けしながら歌いました。・・・・エレガントさとはほど遠い・・・・。

いや、でもさ?人間色んな面があるから楽しいし、振り切れたことをやってもそこに品があれば大丈夫だと思う💨💨。・・・・振り切れてるのに品って何だ(笑)
なんだろ?「しおらしくする=品がある」ってことじゃないと思うのよね・・・って、もう自分で何を言っているかわかりません💨💨

特に印象に残ったシーン。

個人的には、3曲目に歌ってくれた『MIRAGE MIRROR』が聴けたのが感動⤴⤴。
結構前の歌なので、イントロが流れて「これってまさか!?」と夢のようでした。BBSで何度もリクエストしている人がいたのでそれに応えてくれた模様⤴⤴。別のファンの人が「(歌ってくれるの)20年ぶりくらいじゃないかな?」と言っていました。サビの歌詞が好き。

MIRAGE MIRROR 
鏡のようにありのまま 写し出して
君を見れば 私かわかる
HEARTまで DON'T STOP BELIEVIN'
見つめ合う瞳は曇らない

MIRAGE MIRROR 
心の角度迷わずに 向けさせて
遠い未来 続く望みも
誓うから DON'T STOP BELIEVIN'
悲しみは優しさに変えられる


鏡は心を映しだすって表現はよく見かけるけど、「心の角度 迷わずに 向けさせて」の歌詞は面白い表現です。そういえば光の線はまっすぐだったなーと思い出しました。
「君を見れば 私かわかる」・・・・自分がどう映っているか相手を見ればわかるっていうのは本当にそう思います。


あとは新曲の初披露✨✨✨

5.say yes baby どんな事からも
6.Come on Back
7.一期一会 Carpe Diem

中でも『一期一会 Carpe Diem』がキモです。
Carpe Diemとは「時を摘む」という意味なんだとか。この曲にはKohhyの今の気持ちとメッセージが詰まっています。

ワタクシが書くとものすごく浅くなっちゃうのでさらりと書きますが、実は今年の2月末に小比類巻さんのマネージャーさんが47歳という若さで亡くなりました。1年くらい闘病していたのかな?若いから進行も早かったのでしょう。途中で再発もして。。。その間ずっと付き添っていたんだって。(1.Show me your loveはマネージャーさんの大好きな曲だそう)

ワタクシは幸いなことに、友人や恩師や先輩が亡くなるという経験をまだしていません。この年齢で結構それは珍しいみたい。周りの人に聞いても、みんな何かしらそういう悲しい思いを経験しているのよね。。。

経験していないことは想像するしかないのだけど、癌の人に付き添うことは相当な精神力が必要だと思います。未熟なワタクシにはやっぱり想像もつきません。47歳なんて、まだまだやりたいことがいっぱいあっただろうな。歌声もいつもに増してとても力強いです。歌い上げてます。

小比類巻かほる 一期一会 Carpe Diem

練習しなさ過ぎて全く上達しないワタクシのお習字ですが、先日久しぶりに筆を握ってみてふと思いました。歌声って筆跡(毛筆)として表現できるかも?。

毛筆は筆運びによって全然違うラインが書けます。力を入れると太くなるし上に持ち上げると細い線。早く書きすぎるとかすれるし、じっくり書くと滲みます。水をまぜると薄くなり、モノクロの濃淡も表現できます。跳ねさせることもできるし、ながれるような流線もある。最初は細くてだんだん太くなる線とか、本当に色々です。

Kohhyの声を毛筆で表現したら、きっと太くて輪郭のくっきりした勢いのある線と流れるような細い線のメリハリのあるラインになるんだろうな。今回のこの曲は太いところがいっぱいある感じ💨色んなタイプの女性ボーカリストを広く浅く聴くけれど、Kohhyは音圧を感じるほどのカッコいい低音を持ちながらも艶っぽさと柔らかさを持った珍しいタイプです。


余談ですが、ワタクシは3年前に結構大きな手術をして半月入院しました。

麻酔から覚めた時の、あの恐ろしい夜は多分一生忘れない。

あまりの激痛で息ができなく、苦し紛れに短くて浅い呼吸を繰り返しました。高熱も出ていてなぜかわからないけど目も半分しか開けられませんでした。両ふくらはぎに静脈瘤が出来ないようにマッサージする為(?)なのか、空気で伸縮するエアクッションがシューシューと音を立てて膨らんだり萎んだりしていました。頭上には死んだらまっすぐになる心電図のモニター。ドラマでしか見たことない。。。

意識がはっきりしてきて気づいたのですが、カーテンを隔てた隣に男性がいて、ゲロゲロと吐いていました。苦しそうに息をして吐いて、最初は「あの医者なにやりやがった‼」って息巻いていたのに、だんだん泣き声になってきて。。そして「なんで俺が・・・、なんで。。。」と繰り返し、繰り返し。。そう言いながらずっと泣いていました。

遠くでは救急車のサイレンが鳴り、にわかにバタバタと騒がしくなったなと思ったら、バリバリという電気ショックみたいな音や、看護師さんなのか患者なのか、鋭い叫び声も聞こえてました。

病室に移されたワタクシは、最初の5日間は寝返りすら打てない全介護状態で、あっちもこっちもチューブが繋がっていたのだけど、ベッドの両脇にポリタンクが置いてあって、そこに血の混じった体液がびっくりするくらい溜まっていたのを覚えています。人間てやっぱり水でできてるんだなーーって感心しました。

時間になったら看護師さんが体の片方に丸めたタオルケットを入れてくれて体勢を傾けてくれたものの、ただ寝ているだけなのに背中が痛くて眠れなく、手術の傷も痛むので何度も痛み止めの麻酔を増やすようにナースコールをしたっけ。

苦しかった1週間が過ぎ、久しぶりに自分の足で歩いた時の足の力の入らなさにビックリしたけど、暇なので日中は点滴がぶらさがっているポールと一緒に病院内をうろつきました。

早く退院して元の生活に戻りたい、ただそれだけを願っている人たちがそこにはいっぱいいて、自分が入院している間にもきっと何人も亡くなって、悲しみに暮れている家族がいるに違いない。退院が決まっている自分はなんて恵まれているんだろうと思いました。

でも、あとどれくらい自分には時間があるんだろう。
人生は長いようできっと短い。
だからちゃんと生きなければ勿体無い。
雑に通り過ぎないで感謝ができたら、自ずと友人や家族との繋がりも大切にできるはず。
自分だけでなく、自分を支えてくれている人の時間も限られているのだから。

・・・・と、ここまでだと僧侶のような悟りに終始してしまうのだけど、そんなワタクシではありません。せっかく生きてるんだから、もっと人生楽しまないと損だぜ💥💥とも思いました。まだまだ煩悩の塊です😃😃

29歳と35歳で出産し、30代はほとんど子育てで終わってしまったので、40代はまた少しだけ自分を真ん中に置いていいかなと考えました。今まで遠慮していたことや「ちょっとムリかな。。。」と諦めていた物事に1歩踏み込んでみようと思いました。

だからフランス語どころか英語もできない上に海外旅行もほとんど経験ないのにトランジットでannとパリ・ボルドーの個人旅行を決行したり(当時は現地に妹がいたけど)、いきなり小比類巻さんのファンクラブに入って台北まで行っちゃったり、経験ないのにバンドに入ったりしました😃。

入院を経験する前の自分だったら、「・・・でもなーー。。」って躊躇して通り過ぎるだけだったけど、あの経験をしてからは「来る波拒まず(?)」で、これも何かの縁でやってきたお話だなとさっさと乗ってしまいます😃。

『一期一会』は一番好きな言葉です。

ちょっと思い切って踏み込んでみれば、そこに新しい出会いがあって世界も広がるわけですよ💨。共有できる時間は当たり前ではないし、有限なものだから大切にしなくちゃね✨。
だからとてもこの歌が響くわけよ・・・・。・・・・前置きが長かったーー(笑)。

一期一会を情感たっぷりに歌い上げてくれるKohhyに見とれつつ、1st開演前に購入したCDの裏に明記されている歌詞を目で追いながら聴きました。Kaleb氏の鍵盤も素敵でした。

Come on Backはイントロからオトナな感じの曲調とアレンジに、艶っぽいKohhyの歌声というワタクシの好きな路線です。これもまもなく動画がアップされるかな。


Say Yes Baby〜どんな時も〜は、もともとあった曲をリアレンジ。動画は何回観たんだというくらいお気に入りだったのですが、アップテンポになり、アレンジも楽しくてこちらのバージョンの方が好きかもしれません。アリヤさんが「Time after time〜〜♪」というコーラスを繰り返し歌う箇所があったのですが、その歌声がCDとは違う臨場感で輝いていました。アリヤさんの声って何回聴いても不思議な魅力。ハスキーでウイスパー?そしてとてもキュートです。

彼女に限らず、それぞれのメンバーがカッコ良く演奏している所でKohhyが名前を何度も紹介し、隣で盛り立てている姿がとても微笑ましく、気持ちよく演奏している皆さんとの一体感というか「チームKohhy」という雰囲気に、演奏は勿論のこと見ていて楽しかったです。やっぱりKohhyライブ最高✨✨と思いました。

あと素敵なシーンは、2月の名古屋ではその歌声を披露することのなかったKaleb氏が、Al Greenの※『Let's Stay Together』を歌ってくれ、それにKohhyの歌声が重なってTogetherへ、という素敵な演出がありました✨。(※ティナ・ターナーがカバーしていたけど、どっちバージョンだったんだろ?)

Summer Factor では、間奏部分で曲に合わせて両腕を何度もクロスするという新しい振付がついており、これはPrinceの『Girls and Boys』のMVに出てくるらしいです。みんなでやって楽しかった✨✨。

先ほどのLet's Stay TogetherもPrinceのMVもそれぞれ某ファンの方に教えてもらいました。皆さん色々詳しくて、今までのライブの小ネタなども聞くことが出来て待ち時間も野音のように手持ち無沙汰になることはありませんでした。

2ndのアンコールの時、時間が無かったのか(?)、Kohhyだけがステージを降りかけて、皆さんの「アンコール!」のコールに、いかにもお約束という感じで「え??え????」って耳元に手をやって躍けていた様子がすごく可愛らしかったです(しかも席が最前列の一番端だったのですぐ目の前で見ちゃった)。新曲のジャケットにサインをしてもらって満足満足💕


ああ、これでずっと楽しみにしていた8月20日のライブが終わってしまうのか。。。と思っていたら、すぐに10月に名古屋のブルーノートが決まり、続いて同月に下高井戸というこれまたレアな場所でファンクラブ限定のオールリクエストライブもやってくれるというじゃない💥💥💥 ・・・なんて太っ腹な。。。BBSでリクエストしまくったわよ💨💨



でもそろそろ安室モードに切り替えなきゃいけないのよねーー。ann達の奈美恵コスも作らなきゃ。だって25th沖縄ライブに行くんだもん💕東子さんの国際フォーラムあるし、自分のライブもあるという(笑)。9月は大忙し💥💥💥。

でも楽しいことで忙しくなるのは幸せ🎶
posted by Yukka at 12:46| Comment(2) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

笠井さんと宮本さんほか

またまた昭和のお宝ボーカリストシリーズ✨。
こちらは前回の山根さんよりかなり前に発見してお気に入りになった方々です。

一人目。

笠井紀美子さん。
IMG_4672.jpg
昔のハービー・ハンコックを聴いていたらオススメ動画に上がってきました。

ハービー・ハンコックは自宅にアルバムがあったっけ。CDだったからワタクシは中学生だったかな?はっきりと覚えていません。聴いてみたらジャズで、その時は「ああ、これか。」と大した興味も持ちませんでした。当時のワタクシでも知っている「Cantaloupe Island」が入ってました。

ストリーミングで色々スマホで聴けるようになり、ふと思い出してアルバムを試しに聴いてみるとジャズだけじゃない音楽性の幅の広さに驚きました。特に昔のアルバムがものすごく新鋭的で気に入り、リリースされた年を知って「当時でこれって天才じゃん✨」と感動しました。そりゃグラミーを何回も受賞している「超」が3回くらいつく大物アーティストだから今更??って思われるかもしれませんが、世代じゃないからしょうがない。お気に入りの1枚『Man-Child』がリリースされたのは1975年でワタクシは1歳ですよ💥💥💥他によく聴いているのは、1980年の『Monster』、『Mr.Hands』です。今聴いてもカッコイイ💕

前置きが長くなりましたが、1978年の『Sunlight』に収録されている「I Thought It Was You」を笠井さんが歌っているのがオススメでアップされてきて彼女を知ったわけです。オリジナルよりテンポが早くなってて華やかでキャッチー。聴いてて心踊る楽しい曲です⤴⤴⤴

I Thought It Was You

1979年にリリースされた彼女の『バタフライ』というアルバムにこの曲が入っているのですが、「ハービー・ハンコックが女性ボーカルで唯一バックを務めたアルバム」らしいです。
kasai.png
ハービー・ハンコックはボーカルを迎えた曲はやってないのでこれはかなりレアケースなんだとか。凄いな✨✨すぐにamazonでポチって、この『バタフライ』を聴きまくりましたがどれもこれも素敵。

このアルバムについて書くと長くなりそうだし、何よりもワタクシが推したいのはこのアルバムじゃなくて2年も前にリリースされた『TOKYO SPECIAL』です。
51X573ADaDL__SX425_.jpg

こちらのアルバムの方が笠井さんのボーカルの魅力が伝わると思いました。補足しますが笠井さんのデビューは1968年で、当時日本語で歌うジャズシンガーは少なかったそうです。

特にお気に入りが以下の2曲。
まずは山下達郎提供のこちら。アルバムの1曲目です。

笠井紀美子 バイブレイション

ファンキーだわぁッ💕💕 
笠井さんのアンニュイでハスキーな歌声がよいです✨


ちょっと歌謡曲っぽい感じのこれも好き。鍵盤とサックスも良いです。

笠井紀美子 Very Special Moment

こんな映像を発見💥💥💥
当時としてはかなりオシャレだったのではと思われます。ダルメシアンと笠井さんのドレスをリンクさせてるあたりに作り手のセンスを感じますね。このメイクもお洋服もファッション誌みたいなMV、カッコイイです✨。



・・・・アイスクリームとか かいわれ大根食べさせられたり大変だな💨💨
笠井さんの唇がセクシーだと言うことは十分に伝わりました(笑)。

ちなみに笠井さんはミニー・リパートンの元ダンナさんと結婚してロスへ移住し、現地でジュエリー・デザイナーとしてデビューを果たしています。ミニー・リパートンの元ダンナってプロデューサーだそうな。

「ダーリン、アタシ、歌手もいいけどジュエリーのデザイナーとかやってみたいわ💓」
「いいよ、ハニー💕。好きにしなさい。」
ドル札 どっかーーーん💥💥💥

・・・・・というゲスい妄想が(笑)。
まぁ、全然知りませんが、玉の輿なのは間違いありません😃

そんな彼女ですが、「やりかけの人生」という素晴らしい曲も歌っています。
歌詞がよいです。
人生経験を積んだオトナの女の歌って感じ。

飛ぶ わたしの宇宙へ
Oh Yeah 青く広がる
翼を休めてた やりかけの人生
それはそれで ひとつ 終わる
できるかぎりしたと
できるかぎりしたと
できるかぎりしたと

手に 余る程の
Oh Yeah 自由がある
体は西 東 やりかけの人生
好きで始めたことだけど
かすかな痛み
かすかな痛み
かすかな痛み

風 新しい風
Oh Yeah 初めてのにおい
次の人生への ざわめきが聞こえる
高く低く 空を駆ける
虹を見たわたし
虹を見たわたし
虹を見たわたし

作詞:安井かずみ 作曲:鈴木勲



こんな渋い曲、今ないよね。。あー、昭和、サイコー⤴⤴⤴⤴ 
ジャズベーシストの鈴木勲さんの演奏も素敵です。

笠井紀美子 やりかけの人生



で、この「やりかけの人生」がリリースされた翌年に早くも英語でカバーしたのが、お気に入り2人目の宮本典子さんです。

宮本典子 MY LIFE〜やりかけの人生〜

これはこれで良いと思いますが、ワタクシが推したいのはこちらではありません。
なんてったって、宮本典子さんの歌謡ソウル(?)が、めちゃカッコよくてシビれる〜〜💥💥

まずはコチラ。
1982年リリース『NORIKO』から。
noriko.png
このジャケットの宮本さん、なんか戦隊モノのピンク役にありそうなお顔立ち。凛々しいです✨✨

再リリース版の説明書きによると、美人画の巨匠、鶴田一郎さんが描かれたとのこと。
記憶にあるのはメナード化粧品の広告でよく見かけたイラスト。素敵ですよね。
tsuruta1.jpeg

曲名がスゴいです。。


宮本典子 よろめいてヒロイン

・・・・・ッかぁあぁあぁ〜〜〜〜💥💥💥
イントロから炸裂する歌詞の昭和臭と、ソウルな曲調との融合がもうたまりませんッ💨💨

シェリーのグラスに 残るルージュは三日月 
あなたと見つけた 夜明けの月に似てるわ


こういうこと???
10552.jpg
これを三日月というね。。。。シビれる・・・・💕

そして「ああ、女って罪ね 思い出揺らして次の恋を待つの」と続きます。
イイネ💕 今 無いよッ、こんな歌詞😃😃。


こちらもサイコー⤴⤴⤴。
「摩天楼」ってワード、70、80年代に曲名とか歌詞によく出てきたよね(笑)。
宮本さんのソウルフルな歌唱力を思う存分堪能できるのはこの曲が一番かな。
間奏部分のキーボードから、ギターの音が入って「カモンッ💥💥」の後の⇒ホーン隊⇒サックスへ。カッコイイよッ💥💥。曲の作りもくるくる変わって面白い。


宮本典子 摩天楼物語


この『NORIKO』はご本人もお気に入りのアルバムだったとはいえ、彼女のソウルフルな歌唱は歌謡曲という枠からはみ出していたのでしょう。百恵ちゃんの後に歌謡曲を歌う宮本さんを動画で見ることができますが、自分の好きな音楽を求めてさっさと渡米💨。

これも説明に書いてありましたが、もともと彼女は赤坂にあった伝説のディスコMUGENでゴーゴーガールというダンサーとして活動。そこで観たティナ・ターナーなどのライブを観てシンガーを志したそうです。1974年にプロシンガーとしてMUGENを拠点にディスコや米軍キャンプなどで実力をつけていき、当時のレパートリーは、Graham Central Stationとか、チャカ・カーンだったのだとか。そんな彼女が歌謡曲を歌わされるなんてやっぱり納得いかなかったのでしょうね。

そしてムゲン時代に使っていたmimiという愛称で99年に逆輸入の形で再デビュー。
90年代中〜後半って今思えばR&Bディーバのバブル期だったもんね。MISHAとかDOUBLEとか嶋野百恵とか露崎春女とかさ。でもmimiさんは知らなかったなー。

髪の毛がすごいことになってる。自毛???
曲はなかなか良いですよ。このメロウな感じ、いいっす💨💨💨

mimi It's All Right

気にいると動画で聴けてもやはり集めてしまいます。
mimi.jpg

この「It's All Right」が入ってる『Joy Love Hapiness』(’01)というアルバムがドライブに最適で気に入ってます。タイトル曲の「Joy Love Happiness」が動画に無くて残念ですが、ライブ楽しそうだよッ💥💥💥

「Joy🎶」
「ジョイ🎶」
「Love🎶」
「ラブ」
「ハ〜ピネッス🎶」ってコール&レスポンスを絶対やったよ、コレッ💥💥 

プリンスの「1999」もオリジナルの雰囲気を損ねずにmimiさんらしくて良いです。

他も好きなのあるんだけど、是非これを添付したい。
’02年にリリースのアルバム『Elements』より「Holy Ghost」。
カバーらしいんだけどさ、いつも思うのよね。

「悟空、歌うまいじゃん。」

って😃。
これだけそう聴こえちゃうのよ😃。

mimi Holy Ghost

で、mimiさんは現在もロス在住なのだそうですが、帰国している時はライブをやるらしいので、とりあえずいつもの音楽好きなおじさん達が集まるバーで情報収集。新しい昭和ボーカリストを見つけた時はリアルタイムで聴いてそうなその世代の方々に話を聞くのが面白いの。

するとハジメちゃん(58)の友達のカメさん(56)が、「mimiさんでしょ?知ってるよ。3〜4年前だったかな。有名DJの還暦祝いの時にゲストとしてビルボードで歌ってたよ。イベント終わって、ねーねー、ワタシ、声出てた?ってフツウに周りに聞いてた。笑」とな??? ライブがあったら是非行きたいな💨💨 

でもmimi名義よりもワタクシは彼女の歌謡ソウルがかなり気に入ってます。ライブがあるとしても絶対歌ってくれなさそうだけど(笑)。




この二人とは全然カラーが違いますが、こちらもお気に入り。

亜蘭知子 Midnight Pretenders


亜蘭さんは当時も作詞家として活動されていたそうですがかなりの美声です。
こういう「色っぽいおねーさん」系の声も好きですよ。ICEの国岡真由美さんとか。

ICEのライブ、今年はあるんだろうか。。国岡さん本人はすみだジャズにパーカッショニストの大石マリエさんのゲストとして出るみたいなので、余力があれば行きます💨💨 なにやるんだろう??


そしてそして。
ワタクシがおじさんバンドで歌うカバー曲はこの人のこの曲です。

松原みき あいつのブラウンシューズ(’80)

こんなに可愛らしくは歌えませんけどね😃。
松原みきさんをなぜ知ったのかというと、昨年に小比類巻さんのライブに初めて行った日の帰りに立ち寄ったお店で出会った尾美ちゃん(またしても50代)から教えてもらったの✨✨。尾美ちゃんは松原みきの大ファンで追っかけもやってたんだって。(残念ながら彼女は今から13年前に44歳という若さで病死しています)

好きな邦楽の話になった時に、「だったら松原みきとか好きだと思うよ」と勧められて、後日聴いてみたらこのセピアブラウンのサムネの曲は全部いい✨✨ ベスト版買っちゃいました✨✨

ワタクシが「松原みきが歌いたいです」と言った時に、コウさんはこちらを勧めて来たのだけど、

松原みき 真夜中のドア〜Stay with me〜(’79)

演奏する側なら多分こっちが弾いてて楽しいと思うしワタクシも好きですけど、先日のライブでソロで歌った曲が「パートナーがいるのに昔の男が住んでいた街を訪ねてしまう女の歌」だったのに、今度は「真夜中にドアを叩いて、帰らないでと泣く女の歌」ですか??と思いました(笑)。夜に聴くならまだしもファミリー層が多いと思われる昼間の公園で聴く曲としてどうなんだろう。。。ただでさえ、コウさんの他の曲は夜っぽいのにさ。。。バランスを考えなきゃダメだろう。おじさんバンドにないテイストという条件も満たしています。

こっちとも迷ったんだけど、歌詞が43歳が歌うにしてはハードルが高いと思ってやめました(シャボンの匂いがするキスが好き、とか笑)。サビのギターとの掛け合いが楽しくて好きなんだけどね。

松原みき WASH(’82)

そもそもカバー曲に松原みきさんを選んだのは歌いやすいしどれも聴いてて楽しい曲だからです。
自分の歌声は小っ恥ずかしくていたたまれないのは変わりませんが、かなり頑張って無理やり客観的に聴いてみたら、実際の性格は置いといてわりとソフトな声質だったので(笑)、こりゃロックは不向きだなと思ったこともあり・・・(トムさんがガンガンドラムを叩くロックがいいと言っていたので)。

「あいつのブラウンシューズ」にしたのは親しみやすいメロディと、サビ部分に簡単なフリをつけたかったという理由もある。
コウさんの曲の「ぐるぐるバキューン💥」がやってて意外に楽しかったので、靴磨きの腕の動きをどうしようか考え中です。ムラタさんとコウさんと3人で「シュ🎵シュ🎵シュワワ🎶」をやるの🎶🎶 昭和テイストもおじさんバンドのウリなわけ😃😃

歌詞もよいです。

愛だって 続けなきゃ ただの恋 
気づいてもいい頃よ

(作詞:島エリナ 作曲:杉真理)

男性目線で作られた女性の歌にはないリアリティがあるところもお気に入り。
だっておじさんが好きな歌って、恋しくて寂しくて切なくて・・・、でもアナタが好きなの、みたいな。嫌いじゃないけど、そんなウエッティなのばっかりじゃねぇ・・・・(笑)。

だがしかし、次のライブまでに合同練習の時間が1回しかない。
今 それぞれで練習しているところです。




posted by Yukka at 23:02| Comment(3) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

結婚記念日♪

夏祭りに出かけてきました🎶
浴衣を着て花火大会へ行く予定だったのですが、雨だったので行くのを諦めました。
せっかくお義母さんがannに浴衣を用意してくれたし、花火大会がキャンセルになった以上、とにかくどこかへ着て出かけないと夏が終わっちゃう💦💦。

そんなわけで、平日の昼間にannたちと従姉妹のコを連れて、阿佐ヶ谷の七夕祭りへ。
中学生のannがいるとはいえ、人ごみの中を一人で3人も連れ歩くのは疲れそうだったので、そんなに遠くない場所で済まそうっていう魂胆😃😃。

駅には七夕飾り。。。。
annたちも短冊に願い事を書いて飾っていました。
IMG_5198.jpg

明らかに年長か小2くらいの子供の字で、この願い事は笑える。。
IMG_5199.jpg

予想通り混んでます。
IMG_5200.jpg 

見上げた七夕飾りがキレイ。
IMG_5201.jpg

アーケードの天井には手作りのハリボテが。
IMG_5244.jpg IMG_5246.jpg IMG_5248.jpg IMG_5221.jpg IMG_5211.jpg IMG_5212.jpg IMG_5209.jpg

カールおじさん発見。カールは東日本では売られなくなったんだよね。。。。
スナック菓子は食べないので困らないけど、無くなるのは寂しい。。。

妹の不器用さにイライラして自らスーパーボールをすくう中二。笑
IMG_5220.jpg

とても暑い日だったので、ストローが刺さってるグレープフルーツが美味しかったな✨✨。
IMG_5204.jpg

人混みの中で130cmのnatsuと従姉妹を見失わないよう終始神経を尖らせていた為、帰宅後はグッタリ。。。
浴衣を脱いで着替えたら、そのままソファで居眠りをしてしまいました。。暑かったし疲れたぁ〜〜〜💦💦



そして💥💥💥
本日8月8日は、14回目の結婚記念日。。。。と言っても、毎年当日にはこだわらない。できる時にしようって感じ。今日もお付き合いがあるので、急遽昨日の夕飯後にさらっと自宅でお祝いしました。

ダンナ盛り付けです。ワタクシはこんなに美しく出来ません。
こういうのはね、得意な人がやればいいのよ✨✨
IMG_5277.jpg
ちなみにメロンは頂き物でございます✨✨ 
結婚記念日だからってわけじゃないのにナイスなタイミングでラッキーー💕💕

14年ってあっと言う間だったけど、短いよね。。。。
ダンナには内緒だけど、過去には『離婚』がチラついて、銀行からもらったスケジュール帳を「ブラック日記」として隠し持っていたことも。。。離婚する時に日時や出来事を細かく記録しておくと調停などの時にいいって聞いたことがあったのよね。。。

でも2回くらい書いてやめちゃった。
もしワタクシが交通事故などで突然死んで、後からこの日記が出てきたらannが悲しむかなということと、確かにムカついたり悲しくなったりはしたけれど、ブラック日記として書くネタが毎日は無いということに気がつき、こんなことはやめようとさっさと捨ててしまいました。

結婚3年以内がいちばん離婚率が高いと言われていますが、確かにあの時色々と余裕が無かった。
でも思いつめなくて良かったなと思います。・・・・・今のところですが(笑)。

実はというと、戸籍上の入籍は明日です。
何故だか二人共勘違いをしており、当日じゃなくても希望の日で登録できると思っていました。確かその年の8月8日は金曜日だったっけ。翌日の土曜日に「昨日で登録してください。」と市役所の裏の窓口のおじさんに言ったら「それは出来ません」と言われて「え??」と、二人共ボーゼンとした後に笑ったわよ。
で、「別に今日でもいいよね?お祝いを8日にしたらいいじゃん🎶。」とさっさと提出💨💨。

ちなみに結婚指輪の裏の入籍日も間違えており、annが3歳になった年の日付が掘られています。これはお店の人に伝える数字を間違ったせいです。初ハワイで二人共テンションがおかしくなっていたに違いありません。彫り直しもできたけど時間もかかるし海外だから送料も結構かかる。なんだか面倒くさくなり、「別にいいよ。裏だし誰も見ないからわかんないよ。これはこれで記念じゃない??」とそのまま今も左手の薬指におさまっています。ちなみにダンナは肥え過ぎて指輪が入らなくなりました😃。時々二人で出かける時に頑張ってはめようとするのだけど、薬指が紫にうっ血するので「そんなムリしなくていいよ」と戸棚にしまってからもう何年経つのだろう。。。。

入籍日は勘違いで希望の日にちにできなかったし、指輪の刻印の日付は間違えてます。指輪も別にしてもしなくてもどっちでもいい。結婚記念日だからって特別なこともしないけど、そんなことは大した問題じゃないよね、大事なことは他にあるよね、という価値観が一致しているのは生活の上でとても大切なことなのかもしれません。ガチガチの固定観念を持っている人じゃなくて良かった✨✨。そんな相手との生活はワタクシにとってストレスでしかありませんから。(←自分の誕生日の食事を接待にされてイジけてたけど笑)

思うに「こうあるべき」「フツウはこうでしょう??」が多ければ多いほど、夫婦間に火種が多くなる。
そんなのは少ないほうがいいです。

今では我が家のユルキャラと化しているダンナ。。。
いつになったらダイエットするのだろう。

これは仕事関係の研修旅行で飲みすぎて部屋の入口でそのまま寝ちゃったのを誰かに撮られたものです。
IMG_5035.jpg
1時間近くこのまま放置されたらしい(笑)。

posted by Yukka at 23:41| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

杏里Live@中野サンプラザ2017

高校時代にブームだったカラオケで、学生時代のバカ騒ぎで、必ず歌った杏里さんの「CAT'S EYE」。

ご本人はアニメの主題歌を歌うのが嫌で仕方が無かったらしいのですが、北条司先生の画力をそこらへんのアニメと一緒にしてもらっちゃ困る。あの大人っぽい雰囲気のイラストと、杏里さんの歌声がとてもよく合っていました。実際、当時小学生だったワタクシはあの大人な雰囲気にとても憧れたもんよ(エンディングは3姉妹がエアロビしていた)。

新入社員時代は上司のネクタイを腰に巻き、間奏部分でコースターを投げつつ歌うという宴会芸が完成✨。仕事よりも宴会でイキイキしていたあの頃の自分は本当にバカでした。

随分笑いを取らせていただいたので、そのお礼を込めて(?)一回 行っておこうとチェックしていたところ、都合がよい日程のライブがあったのでチケットをゲット。・・・・そんな理由でチケットを取った人なんてワタクシくらいなもんだな(笑)。

杏里さんの歌声を初めて聴いたのは母がお気に入りだった『オリビアを聴きながら』です。その後 観ていた歌番組では、白い衣装を来て黒人ダンサーさんを引き連れて歌う姿がとてもサマになっていて、その日本人離れした雰囲気と洗練された大人っぽさは周りのアイドル達と全然違って見えました。アーティスト、なんて言葉も当時は無かったからなぁ。

高校生の時に学校帰りに友人たちと通ったカラオケで歌っていた彼女の曲は「CAT'S EYE」と「オリビアを聴きながら」の他に、「悲しみが止まらない」、「スノーフレイクの街角」、「最後のサーフホリデー」、「ドルフィン・リング」、「Summer candles」、「P.S.言葉にならない」、「気ままにREFLECTION」かな。忘れていたけどこうして思い起こすと結構歌ってるな😃😃 やはりカラオケブームってスゴイよね。歌いたいが為に借りたり買ったりして覚えたもんね。

そういえば「Summer candles」は同じく高校生の時、叔母の結婚式で流れた曲です。この曲か今井美樹さんの「瞳が微笑むから」のどちらかを結婚式で歌ってと叔母に頼まれて、知らない大人の前で歌うのなんて緊張するからヤダと断ろうとしたら「お祝いごとなんだから断っちゃダメ」と母に言われ、渋々「瞳が微笑むから」の方を歌ったんだった😃😃 「Summer〜」を選ばなかった理由は、大サビの高音がちゃんと出るか自信が無かったからだったような😃。

杏里さんはもうキャリア何年経つの?と思って調べたら、来年デビュー40周年ですってよ💥💥💥
そんなに経ったのか・・・・・?? 

年齢も判明してビックリしたけど、あの海風のような爽やかな歌声は今も健在なんだろうか。。。年を取ると声って低くなる。もともと低い人はいいけど杏里さんの場合はあの伸びやかな高音がウリだからなぁ。

今どうよ??どうなってるのよ??・・・という不安と期待が混じりつつ、なんの予習もせずに会場へ行きました。

IMG_5162.jpg IMG_5161.jpg

羽生くんがいるのは何故だろう?なんか関係あるの??
世代的に羽生くんのママがファンとか??。



特に印象に残ったところだけ記録しておきます💨💨
ていうか、知らない曲が大半だったのでレポが書けません。



光を反射した海のような青い光が会場を照らして演奏が始まるとステージ脇から拍手の中、杏里さん登場。

照明が変わって歌った曲は・・・・・、わかんない(笑)。

黒✖赤✖白✖ベージュの幾何学模様のミニワンピの下は黒スキニーにブーツ。細かいウェーブのロングヘアを高い位置でポニテにして耳元は大きめリングのイヤリングだったっけ。杏里さんて大きい輪っかのイヤリングしてるっていうイメージがワタクシの中にあるのだけど、そのまんまでした😃

1曲目からアップテンポな曲とはいえ驚いたのは、1階前半分の皆さんが軒並みスタンディングだったと言うこと!!ファンの年齢層は50代〜60代前半くらいが中心と思われますが、みんなノリノリでした。へぇッ💥💥💥 まだ始まったばかりなのに熱いな、杏里ファン💥💥。

いやしっかし杏里さん、変わんないねぇ。。。声も若々しくてよく出てましたよ✨。笑顔と既視感あるそのリズムの取り方に「そうでした‼‼ それです、それッッ💥💥💥」と、嬉しくなっちゃった。。。。やっぱりカッコイイじゃん⤴⤴⤴

その後も知らない曲が続きましたが、今日はゲストがいますと、パーカッショニストの斎藤ノヴ氏の登場。ドラムの人もステージ手前に降りてきてカホンに座りました。『砂浜』と『夏の月』だっけ??初聴きだったので、ちょっとうろ覚えです。。。。

あと覚えているのが、MCで「何年も歌っていない曲を歌います。昔の曲って照れるんですけど。。。」と言って歌ってくれた『コットン気分で』と『思い切りアメリカン』。『コットン気分で』だけ知ってるッ💥💥 これ、隣に住んでたユミちゃんちにあるカラオケセットで一緒に歌ったわ💨💨 懐かしいッ✨✨✨ 

他に知ってる曲は『気ままにREFLECTION』『悲しみが止まらない』『オリビアを聴きながら』でした。

おいおい、いつ『CAT'S EYE』が来るんだい??と思っていたら、後半も後半に、とうとうキターーーーッッ💥💥💥💥 その頃はもうワタクシもスタンディングですよ💨💨。だって皆が立つから前が見えなくなるんだもん。

いやーー、感動しましたね✨✨✨。生歌『CAT'S EYE』。
ホーン隊がかっこよくてアニメと違うと思って後で調べたら『Timely!!』というアルバムに入っている別バージョンでした。知らなかったけど角松敏生氏が絡んでいるのね。彼のアルバムもそういやよく聴いてたなー。

衣装は幾何学模様ワンピの次は、レインボーカラーのタイダイ柄ワンピでビジューがあしらわれていたのか遠目からもキラキラしていました。結構なミニ丈で、足元はフリンジ付きのミネトンカみたいなスウェードのパープルニーハイブーツでした。次の衣装は深Vの周りにキラキラのラインストーンがついている黒のミニワンピで、足元はやはりブーツで先ほどのパープルブーツのと色違いで黒(あるはグレーだったかな?)でした。ノンヒールのニーハイブーツを履いてもバランスが取れているのは身長がある事とスタイルが良い以外に理由はない。流石です✨✨ 

アンコールはなんだっけ?「Summer Candles」だったっけ。その時着ていたのは裾にたくさん切込を入れてフリンジにアレンジしているカットソーと、同じ生地のストレッチがきいてるっぽいIラインのタイトスカートに足元はパンプスという格好だったのですが、さっきはブーツで隠れていた脚が引き締まっていてとても美しかったです✨✨。

衣装チェンジの間の演奏もカッコよかった!!。ベースが小松秀行氏。どっかで聞いたことあるなぁ??とその時は思い出せずに後で調べたら、東子さんのアルバムのサウンドプロデュースもされていた方ですよ⤴⤴⤴(’96年『Hourglass』、’97年『恋』、'98年『魔法の手』!!どれも好きなアルバムばっかり✨✨✨』)


思いつきで行った感アリアリだったのですが、かなり楽しめました。
杏里さん、現役バリバリでしたよ⤴⤴⤴。

そして。
宴会芸に曲を使って申し訳ありませんでした
と思いました😃😃


大好きな『最後のサーフホリデー』を聴けなかった悔いが残ったので来年の40周年ライブは行かなくちゃな💨💨。きっとヒット曲のオンパレードなんだろう。2018年杏里さんのライブはこの日と同じ8月2日の中野サンプラザだそうですよ💥💥。チケット取れたら行きたいです💕。


夏の終わりはまだ先ですけど、この曲大好きだよ‼ 今聴いてもカッコイイ✨✨✨。
イントロからときめくわ💕💕
一緒に歌いながら、Fu Fu Fu〜〜🎶ってコーラス入れちゃうよねぇ😃。



【おまけ】
帰りに中野の商店街を散策。先日の高円寺もそうだけど中野もよく知らない。
なんだか映画のセットみたいな昭和風景。ワクワクしました。
IMG_5165.jpg IMG_5166.jpg IMG_5167.jpg

築何年?かなりレトロ。
IMG_5169.jpg

ジョーが真っ白な灰になってた(笑)
IMG_5170.jpg
IMG_5174.jpg IMG_5173.jpg
80年代洋楽Bar、気になるけどどっちかっていうと、今の気分は80年代の邦楽です😃

雰囲気良さそげなBarを発見し、プラムのカクテルをいただきました。
甘くないプラムの酸味が爽やかで美味しかったーーん🎶
IMG_5171.jpg

posted by Yukka at 01:23| Comment(0) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

最近楽しかったこと♫

ひとつめ。

2週間前だったろうか。夏なのでハモとあゆが食べたい!!と、ダンナと京都が好きなダンナのお友達の男性と3人で決行した京都弾丸旅行💥💥

京都は高校の修学旅行以来です。
この時期なので仕方がないとはいえ、雨男のダンナと一緒のせいか当日の天気は雨。タクシーで移動するも15時くらいには雷が鳴って横殴りの豪雨になりホテルに戻る・・・・。

同世代だというタクシーの運転手さんとダンナ達との会話で、自分たちの修学旅行の思い出話になりました。

「中学生なんてさ、『メンチ切る』とかって即ケンカ勃発だよね。「おめぇ、どこ中だよッ💥やんのかァ!!」ってね。メンチって何だ??笑。」
「昔はお土産に木刀があったけど、その為なのかな。今は売ってない昭和風景。」
「ミヤビとかいうタバコを買うのがステイタスだった」

・・・・・全然、ひとっつも共感できませんでした(笑)。


日中に行けたのは金閣寺と稲荷神社だけです。
IMG_4900.jpg 

1回200円で鐘を鳴らせます。商売上手だなー。
IMG_4962.jpg

稲荷神社。
IMG_4913.jpg

お狐様が凛々しい。
IMG_4921.jpg IMG_4918.jpg

寄付をした企業や個人の名前が彫ってある鳥居が延々連なっていました。
ゲスい。
IMG_4927.jpg

るんるんるーーん♫の後ろ姿。
今回のカメラマンはダンナのお友達。
IMG_4944.jpg

ワタクシ達の前に座っていたお二方。浴衣姿が艶やかです。、いいですな。
IMG_4957.jpg

美味しい抹茶とお菓子をいただきました。
IMG_4906.jpg


一旦ホテルに戻った後は、祇園へ。
ダンナのお友達行きつけのお店へ案内してくれました。

元釣り師の大将が自分で釣ったあゆを出してくれるのがこの店のウリ。この日も前日に生け捕って砂吐きした鮎を捌いてくれました。たくさんのお客さんはムリなので一元さんお断りです。

雨だからと諦めていたけれど、こんなにツヤッツヤな鮎ちゃんがッ💕まだ生きていましたよ⤴⤴⤴。
IMG_4978.jpg
野性の鮎は下顎が発達しているので、養殖の鮎よりもいかつい顔になるらしい。8月になると苔を擦り取る為のエラ部分が硬化するんだって。ヒレも養殖のよりも大きいそうな。

串を通す鮮やかな手さばきがカウンターからも覗けました。大将にお願いして写真を撮らせてとお願いするとおちゃめなこのポーズ。
IMG_4980.jpg

ハモの骨きりの心地よい音ったら💕💕
IMG_4972.jpg

いやーー、美味しかったーーん💕💕💕 
もう、ニヤニヤが止まりません。
kyoto1.png IMG_4982.jpg

美味しい料理にはやっぱり冷酒がすすんじゃうわけよ。涼しげなおちょこを選べます。
IMG_4967.jpg

シメの鮎ご飯もサイコー🎶
IMG_4986.jpg



ふたつめ。

昨日は、小比類巻さんの台北ライブで親しくなったキャプテン(ここでの呼び名)と2人でお出かけ。夏バテ気味なワタクシを「エスニック料理食べに行こう🎵」って誘ってくれたの✨✨ 

実はキャプテンとは台北以来、会うのは2度目。やはりあの台北旅行は行って良かったです。知らない土地で相談しながら散策したので一気に距離が縮んだもの。

前回はもう一人別のファンの人が加わって食事に行きました。その後、小比類巻さんしか歌ってはいけないコヒカラ(Kohhy縛りのカラオケ)で盛り上がりました。楽しかった✨✨

待ち合わせは高円寺です。
タイ料理を食べました。ピリ辛のトムヤムスープのラーメン。
IMG_5133.jpg
結構なボリュームがあるというのに540円という破格の値段。
その後、高円寺散策⇒台湾フェスの予定だったのですが、午後から雨の天気予報だったので、早めに代々木公園へ移動。

忘れていましたが、ワタクシはかなりの方向音痴で、そしてキャプテンも筋金入りの方向音痴でした。
台北で目的を決めずにプラプラしたのだって、その方が楽しいっていうのもあるけれど、地図を読むのが面倒くさいからっていうのもあったんだと思います(笑)。

駅からすぐのはずの台湾フェス。一向にたどり着きません。。。。。芝生でバトミントンしたり楽器を演奏している長閑な人々を横目にてくてく歩くも、ますます人気が無くなり会場にたどり着けない。。。

「おかしいなぁ?」とgoogleMapを立ち上げて、自分たちの位置を確認しながら進んだら・・・・。
「あれれ??さっき歩いたきたところじゃない???」

まさかの逆方向。。。。。正しい方向に進むために戻っただけでした。
代々木公園って数回しか行ったことないからわかんなかった。。。
「方向音痴もここまでだと感心するよね。」と笑いながらまたてくてく歩く。。。。

歩道橋から見た風景。結構混んでる・・・・。
IMG_5134.jpg

暑かったので台湾風のかき氷を食べました。これくらいの優しい甘さなら大丈夫。
他には焼き小籠包を食べました。ラーメンがきいていて目では食べたいと思ったけどお腹いっぱいだったのがちょっと残念。。
IMG_5136.jpg

ステージではジュディ・オング似の女性が司会をしており、台湾のミュージシャンが演奏を披露。空いている席を見つけて座ると、女性の民族舞踊が始まりました。
IMG_5137.jpg

3曲ほど踊った後に、司会の女性が「では、皆さんもご一緒に‼」と促すも、客席はシーーン。
すると司会の女性が「強制連行します」とステージから降りてきて・・・・。
なんとキャプテンを連れていこうとしました。

「ええええーーー💥💥💥ムリッ💥💥Yukkaさん行ってよ💨💨」とキャプテン。
「やだよ‼。撮ってあげるから行ってきなよ‼。」とニヤつくワタクシ。

が、結局二人でステージにあがることに。。。。

曲はこれの台湾語バージョンです。


忘れてましたが、ワタクシ、ダンスも出来ない。決まった振り付けを覚えるのがニガテです。

キャプテンも同様、全然できてませんでした。
ワタクシ達の他に10名ほどステージに上げられたのですが、なぜか皆さんお上手。
ワタクシとキャプテンだけが2テンポ以上遅れ、皆さんが回転したので回るともうその頃には次の振り付けが始まっているという有様。自分たちのあまりのグダグダ加減に笑いがこみ上げて止まらなくなり、キャプテンと二人で「これいつまで続くの??」と息切れしながら最後まで踊りました😃😃
・・・みんな異常に踊れてた。あれは初めてではないだろう。サクラか???笑。

帰りは大雨でしたが、楽しかったですよ💨💨
来月のKohhyライブ楽しみだねーー💕💕などのトークも出来て満足満足💕💕


浴衣に似合う夏ネイルというリクエストでやってもらったフットネイル。
夏の陶器みたいな涼しげな柄でお気に入り💕。来月は娘たちを連れて浴衣でお出かけ予定です。
nail2R.jpg
しっかし足も日焼けしたなと思ったら、足の甲にサンダルの痕がくっきりと残っていました・・・。


posted by Yukka at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする