2017年12月11日

師走の週末風景

先週の土曜日に、今年最後のおじさんバンドのライブがありました。

お昼時に簡単なリハがあって、後は本番まで自由時間。各自適当に過ごすことになり、場所が渋谷で集合時間まで4時間もあったので、気になっていた雅叙園で開催されている展示会へ行ってきました。

神の手ニッポン展V
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/kaminote

【公式HPより抜粋】
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手●ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。とても人間技とは思えない、神の手によって創られたような高度な技術に裏打ちされた作品群を通し、日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、探究心や真摯さにあらためて気づいていただくことで、日本人としての誇り、元気や勇気、感動を与えることを狙いとしています。今後「日本発・新たなアートムーブメント」として世界に発信していきます。


目黒雅叙園には初めて行ったのだけど、外観は近代的ですがエレベーター内の壁が漆塗の螺鈿の工芸作品だったり、とにかく煌びやか。外国人観光客が喜びそうな日本の工芸品がそこここに盛り沢山です。

ホテルの中に百段階段というそこだけ昭和初期の木造住宅みたいな長い階段があり、上るたびに右手にある畳のお部屋へと繋がっています。普段は結婚式のゲストの待合室などに使うお部屋かな?その畳敷きの各お部屋に今回の匠たちの作品が展示されていました。


いやーー、凄かったね✨
失礼ながら「よくこんな果てしない作業にとりかかる気になりましたよね」と思うような気が遠くなる手間暇をかけた緻密な作品ばかり。

特に面白いなと思った作品。
IMG_6444.jpg

紙を数百枚重ねて作った切り絵(切り文字?)。芥川龍之介の『地獄変』の冒頭。
細かい切り絵は今まで何度か見たことがあるけれど、絵ではなく文字で、しかも「重ねる」というところが面白いなと思いました。でもさー、数百枚も同じ文章を切り抜くなんて、芸術作品を作っているというより、もはや座禅や写経などの「修行」に近い状態だったんじゃないかしら??。
無心に文字を切り抜く・・・・。そのストイックさと執念が、幾重にも重なって重たくなった赤い文章から迸っておりました(?)。


こちらはシャドーボックス。
同じ絵を幾重にも貼り合わせて立体感を出した作品。
これまた気が遠くなる作業です。

ミケランジェロの『天地創造』、葛飾北斎の『富嶽三十六景』
IMG_6439.jpg IMG_6440.jpg 

斜め横から見るのが面白い。
IMG_6435.jpg

IMG_6442.jpg  IMG_6438.jpg  IMG_6437.jpg

こちらは様々な木片を組み合わせて絵にする組み木アート。
IMG_6467.jpg IMG_6455.jpg

一切の着色をしておらず、全て天然の木の色です。木って種類によってこんなにも色味が違うんだなぁとそこから再発見です。中には銀色っぽく光る木片までありました。木目も色々で面白い。
こちらもめちゃくちゃ細かかったッ💥💥

IMG_6451.jpg

こちらの虎の作品のひげを見てください‼ ほっそーーい。しかも曲がってるッ💥💥 
IMG_6452.jpg

どの作品も木片の厚みは5mmほど。会場の真ん中にくりぬかれた木片も展示してあったのに撮るの忘れちゃった・・・。作家の方も会場にいらして色々お話を聞くことができ、どれも電動の糸ノコで静かーーに丁寧に切っていくんだとか。息止めてやってそう・・・・。

こんな楽しい作品もありました。
IMG_6463.jpg

IMG_6464.jpg

作家の方に「こんな作品が幼稚園とか保育園に飾られていたら楽しいでしょうね。」と言ったら、こちらのこの作品は実際は2ⅿもある作品の縮小版で、小児科病棟の壁に入院している子供たちが楽しい気持ちになるようにとの思いを込めて作ったんだとか。

IMG_6465.jpg
ちゃんと七色の虹に見えるからすごいよ。木ってそのままの色で温かみがあっていいよね。

こちらにも北斎の作品が。
IMG_6448.jpg

波しぶきの小さな丸い点(直径3mmくらい?)までくりぬいてはめ込んであるという・・・・。スゴイッ💥💥
材料になる木片は仏壇屋さんなどからいただくとのこと。この作品にいたっては、波のブルーを表現できる木材に出会うまで半年以上かかったんだとか。。
IMG_6449.jpg

こちらの作品は桜の花が細かい・・・・。
幹部分に使っている木がすごく硬くて「二度とやりたくない作品」とおっしゃっていました。
IMG_6460.jpg IMG_6461.jpg

もうひとつ度肝を抜かれたのが「ペットボトルアート」。
LED照明をあてられた幻想的な風景がそこに広がっていました。
IMG_6473.jpg

こちらはトキ。
IMG_6476.jpg

傍で観てその細かさとリアルさに感動。。。
IMG_6479.jpg IMG_6478.jpg

IMG_6483.jpg IMG_6484.jpg IMG_6485.jpg

川原の風景の一瞬を切り取ったこの作品も素晴らしかったです。
IMG_6480.jpg

IMG_6481.jpg IMG_6492.jpg

月下美人。
IMG_6486.jpg IMG_6489.jpg

この植物の精巧さ、生物の動きのほんの一瞬を切り取ったようなリアルさは、動物園や水族館の設計・施工を行う会社に勤めながら得た知識や観察力。作品作りには一切の接着材を使わず、そのまま処分できるよう接合はすべてハンダコテの熱を利用して作っているんだとか。
え???捨てちゃうの???勿体無いからやめてーーー💥💥


あーー、いいもの観ちゃった⤴⤴⤴⤴
満足、満足🎶🎶 とルンルンでライブ会場に戻ると、既にワタクシ達の2つ前のバンドが演奏しており、急いで着替えて楽屋待機です。

もう同じライブを3回やってます。
今後もこのコウさんのオリジナル曲しかやらないの??
・・・・そろそろ飽きてきたんですが・・・・⤵⤵⤵。

そんなワタクシのテンションを見透かしたのか、今年最後の4回目のこの日のライブにはカバー曲が1曲入っていました。コウさんが「好きなの選んで歌っていいよ」と言ってくれたので、コウさんの暗めの曲(笑)にはない楽しい感じ&昭和のポップス、という基準で選んで皆さんに練習してもらっていました。

歌ったのは1980年リリースの松原みき『あいつのブラウンシューズ』。
動画のコレは短縮版なのですが、ワタクシが歌ったのはフルバージョン。


松原みきさんは、44歳でガンで亡くなっているんだよね。
44歳なんてワタクシの来年の年齢じゃないのよ。。。早い、早すぎる。。。
生きてらしたら57歳。
歌い続けていたら、一体どんな歌を歌っていたのかな。やっぱりジャズかな。ライブ行ってみたかったな。
歌う映像を見たら楽しそうで、本当に歌うのが大好きなんだなーっていうのが伝わります。

そんな話はしていませんが、歌う前にこの曲の歌詞の内容にも触れ「彼女の曲は楽しい気持ちにさせてくれる曲が多くて・・・」と選んだ理由を説明させてもらいました。

70年代後半〜80年前半の生演奏の歌番組を観まくって、「この曲だったらこんなの感じ?」という振り付けもつけ、るんるんるーーん🎵っていう忘年会的テンションで楽しく歌わせていただきました😃

だって動いて歌った方がマシ。余興要素が強くなるから。
大した歌唱力もないのに静かに佇んで、全然理解できない「パートナーがいて幸せなのに昔の男が住んでいた街を訪ねてしまう女の歌」を切なげ?(←笑顔で歌える歌詞じゃないから)に歌いあげている方が、数倍小っ恥ずかしいじゃないのよ💨。笑

自分で書いた歌詞なのに、今まで楽譜立てにA4歌詞カードを置いて歌っていたコウさんが、今回ついに見ないで歌うということにチャレンジしたら、交互に歌うところで先に歌うコウさんがワタクシの歌詞を歌ったが為に、同じフレーズが繰り返されるという失敗はあったものの、オリジナルなので誰も間違いに気づかないし、そもそもみんなそこまで歌詞を聴き込んでいないしー🎵と、おじさん達がいつも笑い話で言っていたので全然気にしないっていう・・・・そんなクオリティでございます😃。

そんなこんなで、無事終了💨。
いつも本番よりも打ち上げが楽しみ💕
並んだ掘りごたつテーブルのあちこちに移動してそれぞれのグループと談笑します。それぞれの職場の同僚や後輩、プライベートでの飲み仲間、別バンドのメンバー、学生時代の仲間などいろんな人がいて、コウさんに無理やり連れてこられた(?)職場の若手以外、みんな年上で男女比は半々くらいでした。そこで知り合う別バンドの方のライブに行くことになったり、お店をやっている人がいれば、じゃあ今度の打ち上げはそこにするかーとか、色々と繋がっていくわけです。

ワタクシは友人知人は呼んでいなかったのですが、カメラマンとしておじさん達からオファーがあった妹が来ていました。ワタクシがあちこち移動している間にドラムのトムさんが「・・・・で、練習が終わってコウさんと立ち寄ったbarで、アナタの姉上が一人で飲みに来ていたわけですよ。深夜0時過ぎですよ💥聞けば旦那さんもお子さんもいらっしゃるって言うじゃないですか。いやーー、驚きましたねぇ。。。」と事の経緯を説明していました😃。妹もワタクシ同様、人見知りしないのでこういう時はずーーっとほったらかしにしても勝手に楽しんでくれるから楽でいい。

昨年まで1年間フランスのボルドーに留学して帰国したら、猫目アイライン&赤リップのテイラー・スイフトみたいになって帰国してきた妹。その後今年の夏まで半年近くいたフィリピンから帰国したら、今度は部屋着みたいなチープなボーダーワンピにビーチサンダルにリュック。ミーみたいなひっつめヘアー、日に焼けた化粧っ気ナシのすっぴんなのに、バブル時代のランコム青みピンクみたいなリップだけ塗って登場した時には思わず「アンタどうしたの??」と笑いました。もしかしたら次はインドかもしれません。一体今度はどんなふうにかぶれて帰国するのやら。。。そんな話をコウさん達にしたら「姉妹して、ほんっとに面白いねぇ。自由だねぇ。。。」って感心されたわよ😃😃 宴は深夜まで続きました。



翌日はannが自宅にお友達を呼んでクリスマスパーティーをやることになっており、朝から片付けやら準備に追われました。といっても手の込んだ料理を作るとかじゃないんだけどね。。以前買ったチョコレートファウンテンのマシンを使って皆でチョコフォンデュやりたいんだって。

今は中学生でもインスタやってるわけ。
(annはLINEでたまにタイムラインにくだらない書き込みしてるだけだけど💨)
インスタやってる友人が遊びに来るってさ??
それって我が家のリビングがそのコのインスタに写るかもしれないじゃんッ💥💥💥
てことは、annの同級生やその保護者の目に触れるわけでしょう???

ワタクシの普段のお掃除レベルは、「散らかってるけどごめん💦」と言いつつ人を呼び入れても大丈夫、くらいが目安です。仕事もあるしそんなに隅々までキレイに保てない。

でも今回は細心の注意をはらいました。
電話まわりの学校のプリント類のごちゃごちゃとか、壁のフックに無造作にひっかけてあるエプロンとかエコバックとかさ・・・⤵⤵⤵

インスタに映らなくても、女子だし色々チェックされそうと洗面台、キッチン、トイレなどの水回り&玄関をピカピカに・・・・。つ、疲れた・・・・。

ann達は数駅先のショッピングモールでお買い物をしてからうちに寄ることになっているので、前日の疲労が全然抜けていない中、natsuと二人で飾り付け。。。。


更なるハードル。

今度はチョコファウンテンのチョコを溶かしてマシンに流し込む作業。
昨年も1回しか使ってないから勝手をすっかり忘れています。

帰ってきたann達がどやどやとリビングに集まり、パーティー気分を盛り上げるために用意したワイングラスにオレンジジュースを注いで乾杯し、プレゼント交換をしながら待っています。

焦りました。

ワタクシ、お菓子作りが大嫌い。
だってもともと洋菓子より和菓子派だし、お菓子作りって分量図るのも後片付けも面倒臭い。

説明書を見ながらnatsuに砕いてもらった板チョコを湯煎にかけ、温めた牛乳を静かに少量ずつ流し込みます。

説明通りに少ししか入れてないのに・・・・・・。
ボウルの中で、チョコが一気にダマダマに・・・・・⤵⤵⤵⤵ 
ヒィイイィイイイイイイイイッ💥💥💥

これでッ💥💥
これで、よかったんだっけ???
大丈夫なの、これ?????

更に少しずつ入れても団子になるばかりで、、、、。あああああああああ、失敗したらどうしよう💦。
材料はもう無いよ💥💥💥

なんか・・・・、変な脇汗が・・・・・。
ライブでもこんなに緊張しませんからッ💨💨💨。

「ママできた??」とannがのぞきに来たので、「う、うん。ちょっと待ってて💥、もう少しだからッ‼」と平静を装うワタクシ😃。

分量分の牛乳を入れ切ったところで、やっと滑らかな液体に。。。あーー、よかった💨💨

テーブルの上にあるマシンの傍までボウルを運び、フォンデュ用のスティックにマシュマロを刺したann達が見守る中、液体のチョコを投入。・・・・なに、このプレッシャー・・・・😃。


いよいよスイッチON💥💥💥

が。

動かないッ💥💥💥

うんともすんとも言わないッ‼‼‼‼

1年しまい込んでいた間に壊れたのか、ファウンテンマシン⤵⤵⤵ 


・・・・めちゃくちゃ焦りました。

「えーー?大丈夫なの?」という視線が痛い。


接続が悪いのかと思い、ふちギリギリまでチョコが注いであるアルミ皿をマシンから持ち上げる度にannやお友達が「キャーー、こぼれる💥💥」「やめてッ💥」と騒ぐので、

「ハイ。わざとです。皆さんをドキドキさせる為のパフォーマンスですから。」とニヤつきつつ言ってはみたものの、内心はこのまま作動しなかったらどうしようとドキドキしていました😃。

そういえば、これセッティングしたのnatsuだったな。ちゃんと確認したらよかった・・・・。
案の定、中心のスクリューの突起とマシンの突起が合ってないのにお皿を乗せていました。正しく乗せたら無事に作動。あーーー、よかった・・・・・✨✨

無事、annのクリスマスパーティーも終了。


ああああ、疲れた。
とっても疲れた。。
後片付けはannとやるけど夕飯作る気力が。。。。。
最後の力を振り絞ってテキトーに作ったわ。
4時間40針の手術をした日が遠い昔のようです。。。。。


忘年会シーズンもいよいよ本格的になってきました。

挨拶まわりに来た取引先の方に「ご主人 何時もにも増していないでしょ。大丈夫?」と気遣われ?ましたが、別に今に始まった事ではありません。

「以前は別宅があるのかなーって思っていたんですけど、最近はむしろうちが別宅なんじゃ⁉️って思ってますよー♪」と笑いを取ってる始末です。。アハ♫




posted by Yukka at 23:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

退院後のご褒美色々♪

先週月曜日に抜糸を済ませて、病院通いはあと一回で完了。

妹に「(手術の時間が)1時間ちょっとの予定が4時間もかかって、結局 何針縫ったの?」と聞かれ、そういえばそんな質問してなかったなと思い、抜糸をしてもらいながら先生に何針縫ったのか尋ねると「うーん、40針ちょっとかな?50針はいってないと思う。」って。
・・・・それってやっぱり多いのかな??いまいちピンときません。

手術のことを話している数少ない友人には「4時間もよく頑張ったね」って言われたけど、眠っていたので頑張った記憶は一切ありません(笑)。それよりも予想外に時間がかかったということは、それなりの理由があったわけで、外科医、麻酔医、看護士さんなど医療スタッフの尽力に感謝です。

待っているダンナは3時間を超えそうになった時にさすがに何かあったと気が気じゃなかったらしく、annから「パパから聞いたこともない死にそうな声で電話があった」と後から聞きました。

退院した当日は「ママは傷が痛いから一人で寝てもらわないと」と気を遣ってくれたお義母さんに甘えて、ann達をもう1泊させる予定でしたが、natsuが「家に帰ってママと一緒に寝る💥」と珍しく言い張り、それをannに叱られ黙って涙を流していた姿と、natsuだけ連れ帰る事になった時のannの「なっちゃん、なんで?あたしが寂しくなるじゃん‼」という不自然な言い回しが印象的でした。
これは勝手にワタクシが思っているだけだけど、「妹だけ特別扱い?ズルい!」という本音を言えない中2心理が隠れているのではと思いました😃。

natsuは、背中に文字書いてーとか、本読んでーーとか。。まだ8歳だもんね。annも塾がなかったら連れ帰ったんだけど、送迎できないので。


ダンナは・・・・。
ワタクシの手術が無事に終了した翌日、ベトナムへ旅立ちました。
IMG_6336.jpg

仕事だからしょうがない。
退院にはお義父さんが迎えに来てくれました。

3年前の手術の時と同様、傷が盛り上がるのを防ぐ保護テープを最低3か月は貼り続けないとダメなのよね。。。
正直面倒くさいよ。嫁入り前でもないし別にいいかなと思ったけど、言われたとおりに続けたら白い線がうすく入ってるくらいにまでわからなくなったことを思い出して、やっぱり今回も頑張って続けようと思いました。体に傷なんて無い方がいいに決まってる。前回は夏前まで半年近く貼ったんだけど💨。




退院した翌日がおじさんバンドの練習日で、時々ちょっと痛いかな?というくらいだったこともあり、予定どおり「やっぱり参加できることになったから」とシレっと参加してきました✨。

2か月ぶりの合同練習だった為、おじさん達はすっかり忘れてゼロに戻っていたのだけど(笑)、演奏しているうちにカンを取り戻していき、休憩なし3時間半の練習はあっという間に終了✨。ワタクシも抜糸前の傷があるなんてことはすっかり忘れ、気づけばずっと立ちっぱなしでした。抜糸を済ませた先週末の練習も楽しくてあっという間に時間が過ぎていきました。

今回はカバー曲を1曲入れており、70年代後期〜80年代前半の歌番組を観まくって考案した(?)イタい振付もついているので結構動きましたが、腕を上げた時にちょっと痛いかなというくらい。

やっぱり退院後に楽しい予定を用意するのがよかったんだと思います✨。
おかげで病院から処方されていた痛み止めを一度も服用していません。手術後だからと安静にしていたら、本当に病人になっちゃうよ💨。


音楽はいい。絶対力があると思う。

そして今回も『四大城主』はワタクシに優しかったです。
(↑何を言っているのかわからない人はスルーしてください)

渋谷109で安室さんの企画展を観たり新しいアルバムを鑑賞し、
数年ぶりにテレビ生出演の岡村ちゃんの雄姿を観届け、
入院当日の憂鬱な朝はKohhyの歌に気合を入れてもらい、
退院した3日後は、文字通り傷だらけだったのでそんな自分を癒してもらいにコットンクラブの東子さんのライブに行きました。



そして今年一番の「新規開拓」かもしれない✨✨✨
昨日は前々から行きたかったNeighbors Complain の単独ライブだったの💡💡

初めて聴いたのは夏頃に流れていたSUZUKI エスクードのCM曲『Night Drivin'』です。
その時テレビの前にいなくてご飯を作っていたと思いましたが、小気味いいメロディーが耳に入ってきて「むむむっ💨💨」とテレビの前に走り寄り、すぐに検索しました。


めちゃ好みだわーー💕って更に色々観たら、カバー曲を歌った路上ライブの演奏がこれまたカッコいいじゃない⤴⤴


キーーーターーーーッッ💥💥💥
・・・・来ちゃったコレ???とテンションあがりました😃😃。

オフィシャルサイトをチェックしたら他のバンドも出るイベントライブがあったんだけど残念ながら既にSOLD OUT。とりあえず既にリリースされていたアルバムを購入し、次のライブの告知を待っていました。

そして決まった彼ら初の単独ライブ💥💥 東京・名古屋・大阪の3か所で、東京の日程は退院1週間後とな⁉

スタンディングか・・・。既に人気があるみたいだしな・・・・。
小さいハコだし(スタンディングで250名)めちゃ混むんだろう。

だがしかーーし💥💥
傷口に誰かの肘が当たろうが、そんなの怖くて好きなライブに行けるか、コンチキショー💥と思い、迷わず申し込みして無事チケットをゲットです。しかも2ケタ前半代✨✨わーーーい😃😃
・・・・これは何が何でも絶対に退院して元気じゃなければと思いました。


そして迎えた小雨の月曜日@渋谷。せっかく2ケタ前半代だったのに諸々忙しくて結局会場に着いたのは開演15分前。番号が前の方だったからすぐに入れたけど💨💨

開場は東急ハンズの前の坂を上った左手にあります。真っ赤な壁とロココ調のシャンデリア、壁には大きなクリムトの絵が描かれていてライブハウスっていうよりクラブみたいな感じ。ホワイエもなくて扉を開けて両側にロッカーとカウンターがあり、奥がステージというすごくシンプルな造りです。
http://starlounge.jp/

IMG_6418.jpg  IMG_6416.jpg  IMG_6415.jpg

まだ他の公演が残っているのでレポは書きませんが、

めちゃくちゃ楽しかった


詳しくないから自信はないけど、演奏自体すごく上手いと思う。
そう思った理由が、何よりもクリアな音のメリハリとキレの良さ。ビシーーッ💥って決まって、うわぁカッコいいなぁ✨気持ちいいなぁ、と思ったシーンがいくつもありました。

ボーカルの彼の歌唱力も素晴らしかったです。汗びっしょりで最後までスタミナ切れすることなく声量たっぷりにフルで歌いまくり、高音もちゃんと最後まで伸びていました。キーボードも弾いてるのに指差ししたり胸に手を当てたりジェスチャー多め。鍵盤だけの激しいパフォーマンスも見ごたえがありました。

両脇を固めるのはラーメンが好きそうなベースとアフロに蝶ネクタイの芸人風のギター。二人の楽しそうに演奏している姿とそのキャラ立ち(?)がすごくいい😃。そして彼らの後ろでニヒルな笑みを浮かべている安定感のあるキレキレなドラム。気持ちを合わせてオーディエンスをとことん楽しませようとする彼らの心意気が伝わりました。


いやいや、ちゃんと名前を覚えなくちゃ失礼だろう💨。
vo・key.木村音登、g.後藤俊明、B.Kash、D.對馬(ついま?)隆行の4名で、バンド名のNeighbors Complainは「近所迷惑」という意味だそうです。

アルバムとは違ってアカペラで始まる曲があったり、演奏で魅せてくれるシーンも盛沢山。路上ライブで鍛えただけあって演奏での盛り上げ方がとても上手で、たくさんの拍手と「ヒュ〜♪♪」が飛びまくってました。ワタクシも思わず手術後なのも忘れて腕ワイパー。

何度も求められるコール&レスポンスにはちょっと疲れましたが(笑)、その熱さとノリに関西魂を感じたなぁ。MC少なめでアルバム全曲を演奏してくれ、1時間40分があっという間でした。


真ん中より前の端の立ち位置を確保していたのですが、会場はすし詰めで途中からMCで「もう少し前に来てくれたら後ろの人が見やすいねんけどなぁ(関西弁)。」とオト君が言うほどでした。客層は圧倒的に30代後半〜50代が中心だったかな。時々20代もいました。

サイン会あるかもと購入していたアルバムを持参していたし、とりあえずその日発売のシングルも購入しましたが、ワタクシがチケットを取れなかったライブに一足先に行ったという行きつけのマスターに一刻も早く報告したくて、すぐに帰ってしまいました。
IMG_6421.jpg


ライブの方がカッコいいけど、アルバムのダイジェストMV。
あ、褒めてばかりなわけじゃありませんよ。
ライブでも思ったけど3曲目が普通過ぎる。個人的に求めているのもそのノリじゃないかなぁ。


コメント欄の誰かの書き込みの「売れる為には若者に目をつけてもらえなければ」が気になりました。
彼らのライブの客層はワタクシも含めて明らかに若者ではありませんでした。それは残念なことなのか💨

このネット社会ですから、一口に「若者」って言うけど多種多様ですよ💨。
望んでいなくてもオートマティックに様々な情報に晒される彼らは選択のスピードがものすごく速くて、あっという間に好きか嫌いかを判断して不要なものを切り捨てていきます。「みんなが聴いているから」という理由で音楽を聴くのは中学生くらいまでなんだそう。趣味嗜好が千差万別な上に、過ごしている時間の速さも全然違います。

ちょっと極端な例かもしれないけれど、「時間の感じ方が違うんだな」と思った出来事がありました。
「長く付き合っている彼がいる」という20歳の女の子にその期間を聞いてみたら「10か月」という回答が返ってきてビックリ。長くつきあっていたというから、てっきり高校時代からだとその時オバちゃんは思ったわよ💨。思わず「それは(あなた達の世代では)普通なの?」って聞いちゃった。「半年続いたら長いほうだと思います」って嘘でしょ???一部の若者だと信じたい。

でも、まぁそりゃそうか。LINEなどのSNSがあるもんね。始まりから終わりまで瞬時に完了しちゃうもん。
相手のことを知ろうと思ったら、とりあえずタップして閲覧して「いいね!」押すんでしょ。


時間の速さと情報の海の中で、次から次へと選択し続けることを強いられる彼らの嗜好をひとくくりに考える事なんて出来るのか、既にそこから甚だ疑問です。若者に限った事でもないけれど。

なので、敢えて目をつけてもらおうとしたら巷に溢れているようなつまんない流れに乗るのが一番簡単で手っ取り早いと、そんな売り出し方をされたらやだなぁ。

ワタクシが思う一番最悪パターンが、女子が両手を組んでウルウルしながらステージを見上げるような独りよがりな女々しバラードを全面的に打ち出すバンドに成り下がること💥。
「何、モテようとしてんだよッ💥そっちじゃないだろう?」とアレルギー反応がひかなく、全く聴かなくなったバンドがかつてあったっけな・・・⤵⤵。そのバンドもボーカルがキーボード弾いてたな。。。

流動的で実態のないものに合わせるよりも、NBCPには今のように音楽好きなオッサン達を更に唸らせるようなバンドに成長して欲しい。
ウルっとさせるのはあくまで音楽的センスでお願いします。オッサンがうるっとしたら、それこそ本物だと思う。


・・・・最後はオバちゃんの戯言になっちゃったけど、ワタクシは実際、ぎゅう詰めの会場で聴いた4曲め?のbaby girlあたりで、このバンド初の単独ライブに立ち会えたことはとてもラッキーに違いないとちょっと目頭熱くなっちゃったわよ。それくらいオーディエンスを引きこむ勢いがありましたね。是非またライブに行きたいです。



この前の土曜日。
久しぶりにいつもの遊歩道から公園までの道のりを1時間かけてウォーキング。
IMG_6406.jpg  IMG_6407.jpg  IMG_6382.jpg  IMG_6392.jpg  IMG_6387.jpg  IMG_6394.jpg

紅葉がとっても綺麗でした。
ああ、健康が一番幸せだなーーと改めて思いました。


■追記■
せっかくこの日初披露だった新曲を添付するのを忘れてました💦
アパレルとのコラボですね。
やっぱりライブの方がかっこいいけど添付しておきます。
Life Goes On
これはスキ。イイ💕


この曲のカップリング曲が『Shining Story』というタイトルのバラードで、「この時期にぴったりな幸せそうな歌を作ろうと思ったのに出来上がったら思ったのと違った(笑)」みたいなことをMCで言っていました。。

まぁ、クリスマスソングなんて、何も幸せな歌ばかりじゃないですからね。
定番中の定番、山下達郎のあの曲やドリカムのアレや、ワム!のあの曲だって、決して恋人と幸せな歌ではありません。

サビ部分は「遠〜くーー、ひかーる スターダスト・メーモーリーー♪」と、コーラスと重なって歌われるのですが、「スターダスト・メモリー」なんていう80年代にいいだけ使い古されたフレーズを持ってくるとところにチャレンジ精神を感じる😃。

それと「君を放したくないーー♪」で、ワタクシがキライな「モテたいぜバラード」の片鱗を感じて「ウッ⤵⤵」ってなってしまったのですが、大サビ後の哀愁溢れるギターソロがカッコいいのでギリギリセーフ。実際ライブでも演奏がカッコよかったです。

アルバムのラスト曲『There For You』のサビの歌詞「僕が君の光になる」も、自分に酔ってる感じがしちゃってやっぱり苦手なんだけど、この曲にもステキなギターソロが入っていて、なんとか持ちこたえました😃😃。「なりたい」ならまだ良かった。あるいは英語で歌ってくれたらまた違うんだけど💦

・・・・・本当に細かい個人的な好みの問題ですが、「モテたいぜバラード」を前面に出されたらおそらく聴かなくなると思います。

でもアーティストってある意味、自分の曲を聴かなくなったファンの屍を超えて進んでいくようなところ、あるんじゃないかしら?NBCPが今後どんな方向へ進んで行くのか未知数ですが、頑張ってほしいです。

posted by Yukka at 13:03| Comment(2) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

隣のバアさんのせい

今日はずっと平熱だったので、退院許可が出ました✨
予定どおり1週間での退院です。ヤッターーーーッ💥
抜糸は週明けに通院でやってもらう事にしました。

まだ傷は痛むけど普通に歩けるし、おじさんバンドの練習にもシレッと参加できそう✨



はやく退院したい理由は他にもあります。


今回同室の高齢の女性が、テレビに出て来そうな偏屈バアさんでまいった。


ワタクシの手術当日の朝に入院してきたんだけど・・・・。

最初に誰かと喋ってるのかと思ったら、独り言。
しかも耳が遠いのか声が大きい。

何かを探しているのか、「こっちかね・・・、あれ、無いねぇ・・・。」とかならまだしも、ほとんどが溜息と文句と愚痴。四六時中「あー、やんなっちゃう」「こんなの食べるなら死んだ方がマシだよ」「もう辛いったらないよ」とかグチグチと延々言い続けているの💥💥 こっちだって痛みに耐えてるっていうのにさ💢
新しく病気になりそうでした💨💨

話し相手が欲しいという老人特有の「かまってちゃん」アピールなのかなとも思ったけど、相手をしたら最後、延々聞かされると思ったし、そもそもそんな慈悲深い性格でも無いので、とにかく一切の接触を避け、クレームを入れるのさえも我慢しました。
独り言が続いている時はひたすらイヤホンで音楽を聴いて過ごし、バアさんがイヤホンでテレビを観て(多分)静かな時だけ本を読みました。(テレビの感想を言ってる時もある)


ある時は検査をしたくないと先生にゴネ、別のある時は看護師さんに「こういうの食べられないから」とメニュー変更を主張。先生も看護師さんも理論的に丁寧に説明をし、なんて忍耐強いんだろうと思いましたが、声を多少荒げる看護師さんもいて、バアさんの主張と共にうるさいったらありゃしない。

バアさんは「ここまで長生きしたのに」と言ったかと思えば、「どうせ私なんてもう先が短いんだから」と言い、言い返せない正論を返されると、「私の立場にならなきゃわかりませんよ」とふてくされました。そしてお見舞いに来ている姉バアさんと延々と自分の主張の正しさを語り、医療スタッフの悪口まで・・・。だから声が大きいんだよッ💢

そもそも誰も頼んで入院してくれって言ってないと思いますけど??。
そんなに気に入らないなら、荷物まとめて帰ればいいじゃないの。
・・・・こんな年寄りにはなりたくないと心底思いました。
こんな偏屈バアさんに限って長生きするんだろうな。


年寄りになったら毒舌でもいいけど、吐いた毒と同じくらい感謝の言葉を素直に言える謙虚なバアさんになっていたい。お洒落もしていたいし、物事への好奇心を忘れないでいたいかなぁ。

60歳を過ぎたら荷物をなるべく減らし、お気に入りだけに囲まれてこざっぱりと暮らしたい。
孫の面倒ばかり見てらんないわよ、私だって忙しいんだから!と自分の人生を楽しんでいたい。


そして、元気なうちにポックリ逝くという『ピンピンコロリン』が最終的な理想形。
「え?スギヤマさん亡くなったの?昨日スーパーで会ってお元気だったのに!」っていうね。


なんていい人生なんだろう。
そんなふうになれたらいいけれど。どうかな。


お馴染みの店でよく顔をあわせ、ライブにも来てくれたカメさん(仮名:50代後半)が、ある時腕に黒いサポーターをしていたので、怪我でもしたのかと尋ねると、「出会いを求めてテニスを始めた」んだそう。

「人生100年、っていうじゃない?俺 思うんだけど寿命が延びるとさ?離婚もあるし、先立たれたりして、人生最後の10年20年を誰かともう一度暮らしたいって人、増えると思うんだよ。籍入れなくてもさ?俺なんかもう何年も独り暮らしで飽きちゃったよ!ボタン付けとか未だに出来なくて、クリーニング屋のお姉さんに『これついでに付けといて』って頼むの、寂しいもんだよ!」


なるほど。確かに・・・・。
でももう人生最後の10年とか考えるの??アラ還ってそうなの???


で、新しい出会いはあったのか聞くと、「入ってみたら、みんな年上!。まあ、70近くても綺麗な人いるけどね!」と言うので、「カメさんお洒落だし、面白いからそのうち出来るよ!」って返しました。「そぉっ??」て笑ってたけど。


そうか、、、、。夫婦でもどちらかが先に逝くのか・・・。
いや、熟年離婚か??それだけは避けたい。


もし独りになったら、どうするんだろう。
再婚とか面倒くさそうだし、独身を謳歌してスナックとかで馴染みの客と飲んでそうだな(笑)。
倫ちゃんには先のゴールデン街の記事を読んで「将来ゴールデン街でママやってそう」って言われちゃったけど(笑)。


などと隣の偏屈バアさんの影響で、自分の人生の晩秋を想像してしまいました。
ピンピンコロリンの前の人生って、確かに長そう。



あー、隣のバアさんうるさいよ!
テレビ観てるみたいだけど、なんか喋ってる!!
「あー、美味しそう❤」ってグルメ番組か???


これからNHKで安室さんの特番観るのにぃ。


はよ、寝ろーーーー💥💥💥



posted by Yukka at 21:14| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

死ぬかもと思った日

手術した夜、あれからやはりお腹が空きすぎて眠れなく、麻酔の副作用かお腹が空きすぎてなのかわからないけど気持ちが悪くなりました。

眠れないのが1番体にさわるだろう。これは絶対空腹のせいだ!と確信したので、冷蔵庫には色々繋がっていて届かなかったので、サイドテーブルの上にあった塩大福をお水と共に流し込みました。証拠隠滅の為に袋はゴミ箱に投げ捨てたけど、大福と一緒に入っていたシリカゲルのパックが床に落ちて拾えず・・・。嗚呼💥

でも少し空腹が和らいだせいか、いつの間にか眠ってしまいました。

翌朝に「お水も飲めないと大変でしたよね〜」と看護師さんに言われたけど、水を飲んだだけでなく、大福を食べた事も言いませんでした。

看護師さんに補助されて立ち上がって歩いてみたら、懸念されていた貧血も無く、麻酔の副作用で頭痛や吐き気があるわけでも無く、自分で何でもできます。ヤッターー⤴
前回の全介護状態を思えば、比べ物にならない程 楽です。

が。

傷に響いて痛いので、老人のような すり足になっちゃう。



でも、無事に終わって心底安心しました✨。

やっぱり全身麻酔の手術は怖いです。
人がかかわる以上、100%無事故を約束されているわけではないし、テレビで医療ミスのニュースを見るたび、「この人、まさかこの手術で自分が死ぬと思ってなかったんだろうな・・・。」と他人事と思えませんでした。


当日の朝はダンナが来てくれて、呼ばれるまで一緒にいました。

ワタクシは冷え性でいつも足が冷たいので、ダンナがベッドに腰掛けて膝の上にワタクシの足を乗せてマッサージしてくれたのだけど、途中から悶絶する程 痛い足ツボ押しに変わりました。

「ここ痛い?」と押された場所は、全然痛くなかったので「平気だよ?」と答えると「俺、これくらい押されただけで激痛なんだけど。」と軽く押されました。

「えーー??全然大丈夫だよ?何処のツボ??」と検索したら・・・・。


生殖器


「ハハハハハッ!生殖器だってーーーっ💥」と笑い合って「病院に行った方がいい」とかジョークを言っていると、とうとう名前を呼ばれました。

手術室の前でお別れするまでずっと手を握ってくれたダンナに「ann達によろしくー♪」と手を振って中に入ると、そこは床もタイル貼りの壁も薄いグリーンの部屋で、寝かされた台の天井には大きな銀色の照明が2つ。

バタバタと慌ただしく人が動き回るなか、入れ替わり立ち代り「麻酔医の〇〇です」「看護師の〇〇です」と違う顔が覗き、自己紹介と挨拶をしにきてくれました。

温かい毛布みたいなのがかけられ、肩から袖口までのスナップボタンが外され手術着の前部分が毛布の下からするりと抜かれました。その間、看護師さんに尋ねられた病院にくるまでの道のりを説明するワタクシ。きっと気を紛らせようとしてくれているんだなとわかってたけど・・・。

「スギヤマさーん、今からね、眠たくなるお薬 入れていきますねーー。」と言われ身構えたものの・・・・。
なんか眩暈かな??と思った途端、そこで意識が途絶えました。




夢を見ました。

いいえ、夢だけど夢じゃない。
過去の記憶です。


それは、ワタクシが初めて『死』を意識した出来事です。

あれは小4の時だったと思います。
当時のワタクシはとんでもなくおてんばで、今 annや natsuが同じ事をやったら卒倒しそうなことばかりやっていました。

自宅から自転車で5分ほどの所に、昭和の高級マンション 秀和レジデンスが2棟建っていました。
札幌の中心部をぐるりと一周する路面電車の線路に面してそびえ立つ 10階建ての白亜のマンション。南フランスをイメージしたというラピスラズリみたいな美しいブルーの瓦と、流線型の黒い鉄の柵がある窓辺には、赤いゼラニウムがとても見映えしていました。

あの頃はセキュリティも甘かったのか、住人じゃなくても屋上に上がれ、夏には弟と近所の友達と豊平川の河川敷で行われる花火を観に行きました。


ある日、誰が言い出したのか、度胸試しをしようとそのメンバーが屋上に集まりました。

内容は、屋上の柵を越えて片足を出す、というものです。
そんなことを言うのは多分ワタクシなんだけど、事の経緯の記憶がありません。



金網をよじ登り、柵の反対側に立ちました。

人は悪いことをしようとすると周りに敏感になるものらしく、見慣れた景色なのに隣の社宅の建物の窓が全てこちらを向いている事に初めて気がつきました。

あの窓のどれか1つでも誰かが覗いたら、きっと見つかって叱られるに違いない。
さっさとやってしまおうと思いました。

片手で金網に捕まり、屋上の端の台みたいなのに上がりました。それから姿勢を低くした状態でそうっと片足を伸ばしました。

ゆっくり。ゆっくり。

伸ばした脚の先にある自分の水色のスニーカーを見つめてから、心の中で3秒数えました。


3、2、1・・・・・。

うわ。。。、


図工の時間に先生が『遠近法』について教えてくれたのを思い出しました。
風景の絵を黒板に貼って、定規で奥から手前に放射状に線を引き、人の視覚は中心に置いた物が1番小さく、手前に向かって大きく見えると説明し、サンプルとしてムンクの「叫び」も見せてくれました。


先生の言う通りに、見下ろした目線の先にはミニカーみたいな乗用車と駐車場の硬いアスファルトの地面があり、確かに手前に向かって放射状に広がって見えました。なるほど。

あの地面に叩きつけられたら痛いかな。その瞬間まで意識はあるのだろうかと思いました。



風が吹いてスカートの裾が膨らんで地面が見えなくなり、手前の景色が魚眼レンズみたいに歪んだ気がしました。ああ、ムンクの絵と同じだ・・・。

なんだか力が抜けるような引き寄せられるようなフワフワした感覚にハッとして青ざめ、死ぬ、と思ったその瞬間。


つま先から脳天まで何かが走り抜けたような気持ち悪さと、髪の毛が逆立つような恐怖を感じたのをはっきりと覚えています。


他の子はやってないだろうなぁ。記憶がない。
予想外に怖かったのでやめさせたと思います。多分。

ホント、ろくでもないよ・・・・。


中学生の頃はものすごくいい子ちゃんだったワタクシ。
今思えば、スリルや好奇心を満たしたり、空き家を壊すなどの破壊行為も小学生のうちに済ませていたからだと思います(笑)。




「スギヤマさーん、聞こえますか〜〜?」

目が覚めたと同時に酸素マスクの管が喉まで入っていたので、むせて苦しくて涙が出ました。
ああ、でも、生きてたーーーー✨

「無事に終わりましたから、今からストレッチャーに乗り換えてお部屋まで行きますよー。」

前はICUで一晩過ごしたけど今回はお部屋です。






術後 3日目の今朝は、先生が傷を覆っていたガーゼを剥がし透明フィルムに交換してくれました。剥がしたガーゼ見たけど・・・・、おえ。。

先生が居なくなった後、恐る恐る傷口を確認してみました。



フランケンみたいになってる・・・・⤵⤵

しかも、抜糸前の糸がピンピンと出てました。コワイよ・・・・・💥💥

まだ微熱もあるので、抗生剤の点滴をしています。

コーヒーが飲みたくて点滴のポールを引きつつ階下まで買いに行ったら、慣れないせいか鎖で繋がれた犬みたいに絡まって、自分がくるくる回って解きました。

でも、シャンプーも自分で出来たし、元気です。
熱だけ下がってくれたら、抜糸は通院でもいいって⤴


夕方には、妹が美味しいハンバーガーを携えてお見舞いに来てくれます。
都心の大所帯のシェアハウスに引っ越した彼女の近況を聞くのが楽しみです🎶

posted by Yukka at 13:19| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

手術の日の朝

手術の前々日に入院したけど、暇過ぎる。


入院する前、10日入院と言われていたけど、それじゃあおじさんバンドの練習に間に合わないので1週間で退院すると決めました。・・・決めるのは先生だけど。

コウさん達には週末の練習には都合が悪くて行けないとだけ伝えてあり、入院のことは言ってません。
来月のライブまではだいぶあるし、快復までに時間はたっぷりあります。

それなのに伝えると言うことは、そこには不吉な予感に基づく理由があるわけで、そんなの考えたくもないの。
どんな手術かあれこれ説明もしたくないし、無理しないで、と気を遣われるのも嫌なのよ。


なので、目標は


何事もなかったように練習に参加し、何事もなかったようにライブで歌う


これです。


絶対に1週間で退院して、「やっぱり練習参加できるわー」ってシレッとスタジオ行くんだから!!!と思いました。。



それなのに入院の日が近づくにつれ、不吉な妄想でブルーになる時間の間隔が狭まっていき、入院当日の朝なんて、悪いことしてないのに刑務所に行かなきゃいけないくらいの気分の重さ。。。。

ダンナが運転する車に乗って見上げた鉛色の空がいっそう気分を重くしました。
あーーーーー、行きたくなーーい!!


気分転換になにか聴こうと思ってカーステレオをonにしたら、ダンナが入れた誰かのアルバムのラスト曲の終わりかけ。

次は誰だっけ?とそのまま待つこと5秒後。


今度は小比類巻さん。おおおッ💥Kohhyじゃないっ💥💥



かかったのはコレ。

Respect(English ver.)

なんか、テンションがあがりました。カッコいいわー✨

小比類巻さんのパワフルなボーカルと疾走感あるメロディにガツンと気合を入れてもらった感じ。


そうよ!
弱気になってる場合じゃなかった!!
退院したら、やりたい事、やらなきゃ行けないことが山盛りなんだし、病人やってるヒマ無いしッ!!


絶対、ぜったい、ゼッタイに!!
完全復活するんだからぁぁぁあ!!と息巻いて病院に向かいました。

昨日は外出できたので、一旦自宅に戻ってゆっくりお風呂に入り、ダンナ実家で夕飯をいただいてから夜に病院に戻りました。



あと2時間後は麻酔で意識ないけど、乗りきってみせるわ!!



今朝、2人部屋の隣のベッドに入院してきたお婆さん。

姉妹で荷ほどきしてるんだけど、阿佐ヶ谷姉妹みたいで、うるさいです。歯磨きコップを置く位置なんて、どうでもいいじゃん。笑


▪️同日追記▪️
無事 手術終了。
1時間の予定が4時間もかかったところを見ると、結構大変だったのかな。怖くて傷口は見てません。
痛みもありますが、何よりも昨日の夕飯以来 何も食べてないのでお腹が空いて眠れません。
ただ今の時刻は22:20です。

冷蔵庫のものを何か食べてしまおうか葛藤してます。ダメなんだけど。朝まで長いよ。。。



ETみたい。

F5583D78-0AF7-4E6D-8AD7-29B90042EC31.jpeg
posted by Yukka at 09:18| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

岡村ちゃん×DAOKO

今月8日の中野サンプラザのライブ、申し込みして当選したのに忙し過ぎて入金期限をウッカリ過ぎていまい、チケットと逃すという失態。。。。チケキャンとかで取ろうと思ったけどムリでした。

ああ、生の岡村ちゃん、5月のライブ以来観てないよ・・・と思っていたら、ミュージック・ステーションに出るって言うじゃない???

ワタクシはDAOKOちゃんを知らなかったんだけど、彼女の新曲は岡村ちゃんプロデュース。
もともと彼女が岡村ちゃんの楽曲のファンだったらしくて実現したらしい。ミュージックステーションでは「私はリアルタイムでは聴いていないんですがーー。すごく新鮮で・・・。」と言っていました。
岡村ちゃんも少し喋ってたけど、(「もともと僕の周りで彼女の楽曲を聴いてる人がいて」とか)、岡村ちゃんはライブでMCやらないので、「岡村ちゃんが喋ってる!」と新鮮でした。「頑張ります」と言った後の柔和な笑顔が岡村ちゃん年取ったなと思うと同時になんか嬉しかったです。

番組ではMVどおり岡村ちゃんとのハグシーンもあり、それがいいか悪いかは置いといて(笑)、なかなか見ごたえがありましたよ。


番組ではなくてMVの方を添付しますが『あのロン 』(あの娘僕がロングシュートきめたらどんな顔するだろう)からイメージを膨らませて作ったであろうこのMV、すごく気に入りました。

振付はperfumeや恋ダンスのM I K I K Oさんで、そういえば先の東京オリンピック開会式の振り付けもこのお方だそう。かっこよかったです。

曲はまさに岡村ちゃん色満載で、若い女子が中年男性に「私 ステップアップしたい、めっちゃしたい」って・・・、なんか禁断のかほりがプンプンですな(笑)。でも曲がポップだからエロくない。
ステップアップ LOVE



歌う前に司会の女性が「岡村さんの独特な(・・・と言ったと思う)のダンスにも注目です」って言ったんだけど、岡村ちゃんのデェンスは独特過ぎるので、普通の人にはどう映るのだろうと思いました(笑)。

いやいや、まさか岡村ちゃんをテレビで観れるとは。スマスマ以来だよね??
しかも生放送。相変わらずのキレキレ デェンスが素晴らしい。最後のキメポーズ最高✨


Twitter確認したら、DAOKOファンと思われる若者の「あの岡村って人、気になって色々見たけど、なんて言っていいかわからない」という呟きがあり、世代を超えて最初のインパクトって同じなんだなと笑えました(^^)。

ワタクシも高校生の時、岡村ちゃんの全てが色々はみ出し過ぎて脳内でどう処理していいかわかんなくて戸惑ったもん。笑


どうでもいいけどDAOKOちゃんてモデルの秋元梢に似てない??あの千代の富士の娘さんだよ。
髪型とネコ目アイラインのせいかしら。
↓秋元梢さん
90c77a38fe3aa141945acdc2019f12c5.jpg
いやいや。
ちょっとICE の国岡さんとか椎名林檎にも似てる。。。
どちらにしても、このちょっとツーンとした感じがカワイイと思う。歌はビミョーだけど彼女のラップはイイなと思いました。




それともう一つ、この日のミュージックステーションには、annから教えてもらって前々から知っていた登美丘高校が荻野目ちゃんと出てました。高校ダンスで3年連続全国優勝だって。
テレビ版じゃなくて彼女たちのmvがあるのでそちらを添付します。



高校生の彼女らのママがまさに「その世代」だよね(笑)。

この振付を考えたコーチも20代真ん中らしいんだけど、振付の中に太眉とか工藤静香とか細かい小ネタが笑えます。面白いけどダンススキルはハイレベル。この動画 中毒性があるのか何回も観ちゃう。

ちなみに荻野目ちゃんの曲では「ダンシング・ヒーロー」よりも「六本木純情派」の方が好き。
今年の5月に小比類巻さん目当てで参戦した「yaon no yaon」にも出てたな💨。




明日から入院。
週明けに手術です。

やだーーッ💥💥 
痛いのヤダーーー💥💥💥

3年前に入れた「部品」を取り出すので、「入れる時よりは」痛くないらしいんだけど・・・・。
先生に「体の組織と癒着していると思うので、その際は削ったり剥がしたりしますけど、1時間くらいで終わりますから。」って・・・・・。嗚呼ッ💥💥

切ってくれるのが「私 失敗しませんので」の大門未知子だったらいいのに。

大学病院だからさーー、学生に囲まれて手術するんでしょ。全身麻酔だから寝てるけど。
中の状態をみて大丈夫ならこれで一連の治療は完了なんだけど、太い血管とかあるし、万が一のことがあったらどうしようって思うとめちゃ不安です・・・・。


しかもこの時間まで仕事・・・・⤵⤵⤵
ちゃんと計画立ててやってたのに、午前に面倒な仕事が降ってきて、夕飯は外食にしたけどまだ明日の準備なんにもしてない。。。。

posted by Yukka at 23:45| Comment(2) | My Favorite | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

安室さん×docomo

安室さんが引退してショックを受けて何も手につかない状態を『アムロス』というのは知っていたけど、引退のその日まで安室さん祭りをすることを『アム活』と言うらしい。Twitter情報です。

なので、オバちゃんも「アム活」という言葉を使おうと思います。
最近、ケータイにファンスペから情報が怒涛のごとく来るので全然追いついてないんですけどね💦

まずは素晴らしいこの新CM。
docomoも25thなんて、なんてオイシイ・・・・。


CM曲の「How do you feel now?」は小室さんからの9年ぶりの楽曲提供なんだってーー。
MVにも二人が笑顔で映ってる画像があるらしい。

渋谷のスクランブル交差点は勿論CGだけど、本当によく出来てるね。
初めてこのCMを観た時、今の安室さんなのかそれとも当時の映像を合成して使っているのかわかんなくて混乱したわよ。特に最初の白のミニワンピ姿とかさッ💥💥 全部 今の安室さんだとわかった時、40歳で20歳当時の恰好をしてもイタくないビジュアルに感動しました。

衣装が完全復元じゃなくて当時のテイストを取り入れて作られているところが興味深いです。

これはやっぱりソロ・デビューした『Body Feels EXIT』当時でしょ。
アムラー 流行りましたねぇ・・・。
細い眉毛にキラキラしたブルーグレーのアイシャドウ、色味を抑えた口紅&シャギーの入ったストレートヘア。
docomo_1.jpg
入籍会見の時のバーバリーミニスカと黒タートルの安室さんがたくさん行進してるのも面白い。


こっちは『Say The Word』のMVだよね。
 CMではスカートの裾がフワってなったところ、わざとスローにしてるよね。あれイイよね(笑)。

MV同様のヘアスタイル(ツインハーフアップ)が懐かしい✨。
docomo_3.jpg

これわかんなかった。ファーベルトとか『can't sleep can't eat I'm sick』かなと思うけど、ヘアスタイルや黒の衣装は『WILD』のMVを思い出す。コカ・コーラのCMでもこんな感じの安室さんでした。
docomo_2.jpg

これはもう『Red Carpet』でしょ。
docomo_4.jpg

それぞれ当時のケータイを手にしている所にも注目です。何回観ても飽きないよ。



そしてアム活第一弾。
渋谷にも行ってきましたよ✨✨
スクランブル交差点を何度か往復して撮りました。怪しい・・・(笑)。

109にドドーンと安室奈美恵。
IMG_6228.jpg

小学生男子あるある。
下から覗いても、パンツは見えないよ??(笑)
IMG_6225.jpg

109なんて、絶対オバちゃんが踏み入れちゃいけない聖域な気がして、前にも安室さんの企画があったけど行ってなかったんだよねぇ・・・・。渋谷自体、ライブが無いと行かない。人酔いするからあんまり好きじゃない。

渋谷109 8階の特設ブース。
IMG_6193.jpg
IMG_6187.jpg IMG_6196.jpg

衣装も展示。ウエスト細い・・・。
IMG_6189.jpg

そしてこういうマニアな視点が若干変態だと自分で思うんだけど。
ブーツのつま先に、傷・・・・。
撮影の時についちゃったのかな。
IMG_6190.jpg

フラッシュ撮影すると画像が撮れるというフシギな額縁。
IMG_6195.jpg IMG_6194.jpg

安室ブースを出ると、同じフロア(確か)にこんな場所もありました。
プリクラ?インスタ映えの画像を撮る為のスペースですか??
IMG_6198.jpg

オバちゃんが入るとブザーが鳴るんだそう。
↑ 
ウソです。笑

同じ109の今度はB1。
IMG_6221.jpg IMG_6207.jpg IMG_6223.jpg

ソロデビューした95年のシングルジャケット、オリジナルアルバム、ベストアルバムのジャケットをリリース順に展示してありました。いっぱい撮っちゃったよ💕💕

向かいの靴屋さんには厚底ブーツが。若いコ達の間でまた流行ってるみたいだよ。
IMG_6219.jpg

アムラーは厚底でもピンヒールじゃなかったような。
これじゃルブタンだよね。レディ・ガガが履いてるやつ。

同じ店内で売られてたこっちの方が近いかな?
IMG_6220.jpg


ちなみに109の店内はどのフロアに行ってもBGMは安室さん。
ワタクシの時は『Never End』と『T WILL・・・』でした。

渋谷を出て有楽町へ移動。
docomoショップ丸の内店を目指します。

丸の内はこんな感じ。
IMG_6240.jpg IMG_6239.jpg

こちらには、ラストシングル「Finally」のMVで着た衣装が!!
IMG_6232.jpg IMG_6234.jpg


こちらはdocomoのCMの衣装ね。
キャミはブラックデニムをリメイクして作った風。カッコいい。

IMG_6235.jpg IMG_6236.jpg

めちゃ仕事が忙しすぎて行く時間なんて無かったんだけど「2時間後に戻るから!!」と無理やり行ってきてよかった✨✨

このfinallyの曲をニュースZEROのテーマ曲に起用したに時のインタビュー観たけど、改めて安室さんの可憐さにウットリです。やっぱり年相応の話し方とかあるよね。いくら20代の頃の衣装が似合うって言っても、中身とか話し方までそれじゃあイタいし、ワタクシもファンになってない。

安室さんのファンになった当時 彼女は30歳だったけど、うたばんか何かの番組で落ち着いた話し方をする安室さんを見てすごく好感を持ったのを覚えています。ギャルのカリスマだった当時の話し方はもっと甘ったるくて、それなりだなーという印象だったので意外でした。

そして今は 40歳らしい落ち着いた物腰とエレガンスさをもったステキな女性って感じ✨


この映像を観て瞼が痩せて、やはり年を取ったなと思うけど、その自然な感じがまた良いです。
まぁ、あくまで「安室さんなり」の加齢ですけどね。そこらへんの40歳とは全然違います(笑)。

そして笑顔で話す表情がやっぱりカワイイ💕💕💕 
これで20歳の息子がいるお母さんなんて信じられん・・・・。





実は、まだアルバム届いてない。ファンクラブ限定で名入れをお願いしたのだけど、まだ届いてない。
Twitterでは既に名入りのアルバムがもう届いてるというつぶやきがあるのにmu-mo遅いぞ。
確かにリリースから10日くらいかかるとは前もって言われていたけど、なんでこんなにバラつきがあるの。

これじゃ、当分観られない。
なぜならワタクシ、今週末から入院なの。
3年前の手術の続き。10日くらい自宅に帰れません。なので入院中に届くのかな。観たかった・・・⤵⤵⤵

23日のNHKも録画予約済ですよッ💨💨
テレビカード買わないとテレビ観れないんだってッ💥💥💥 ゲゲゲッ💥💥


手術頑張ります💨💨

ライブチケットも申し込みしたけど・・・・。
事前に同行者を決めてからじゃないと申し込みできないなんてキツイ。
今までは代表者1名登録して、チケットが取れたらチケット分配といって同行者のアドレスに電子チケットを送信するスタイルだったので、まだライブ直前まで同行者を選ぶ時間があったけど、今回はナイ。半年先も確実に参戦してくれる相手を探すって、結構難しい。一度同行者を指定したらいかなる理由があろうとも変更不可です。ネットに繋がってないガラケーのannとケータイ自体持っていないnatsuの分、どうしよう。

『スマホがない方は当日別入口から身分証明書を確認します』って書いてあって、沖縄と同じ ケータイ無くても身分証明書を確認するスタイルかなと思ったけど、今回のように同行者のケータイアドレスを入力しないとチケットの申し込みすらできないってどういうこと?矛盾してない??

チケボはあくまでケータイのアドレスじゃないと登録できないし(ケータイにダウンロードするタイプの電子チケットなので)。


意味がわからん。

仕方がないので、当日ジジ&ババのケータイを借りることに。
2人ともスマホは持ってるけど、別に無くても困らない程度の使用頻度なので有難く借りることにしました。新規登録してやっと申し込みができました。

が、チケットが当選するかは別問題。
9月引退なのに6月までの日程しか出ていないということはきっと追加公演がある・・・ということを信じて必要最小限枚数しか申し込みしていません。

そしてアジアツアーに行くかどうか迷い中。
台北で5月にライブがあるのよッ💥💥



ワタクシの誕生月だし、台北観光がてら行きたいなー。


■11月28日追記■
GWの東京ドームのチケットが無事に当選しました✨

更に台北、国内の追加公演にも(まだ何もアナウンス無いけど)行く気満々です!!


posted by Yukka at 23:04| Comment(0) | 安室奈美恵にお熱な日々 | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

夜明けまで

一体何年ぶりだろう。
夜明けまで飲んでしまいました。。。。

朝の物静かな新宿。。

IMG_6162.jpg

西側。
反射した朝の太陽の光が目に沁みるぜ。
IMG_6165.jpg

H&Mだっけ。秋らしいキツネちゃんとキノコのディスプレイの前も人がいない。
IMG_6164.jpg


新代田で阿部芙蓉美さんのライブがあり、3年ぶりにその歌声が聴けてルンルンで、その帰りに静かなお店であ飲もうと思ったのだけど、勝手に足がゴールデン街に・・・・(笑)。21:30くらいだったかな。

ギャランティーク和恵さんの『スナック夜間飛行』の狭い階段を上がっていき、「席あります?」とのぞき込んだら、一つだけ空いていてラッキー💕。郁恵ちゃんが司会をしているベストテンを観ながら、ドリフターズの裏事情など他のお客さんから聞いて楽しく談笑。

コウさんが「気が向いたら呼んでよ」と言っていたのをふと思い出し、メールすると「前にピヨ子がYukkaさんと飲みたいって言ってたから誘ってみるよ。」と返信がありました。

「ピヨ子」とは勿論ワタクシが勝手につけたこの駄ブログでの仮名です。コウさんがこの女性が大好きで何回も告白してはフラれてるんだけど、ワタクシたちの初めてのライブとその後の打ち上げにも来てくれました。
かわいらしい顔立ちは一見おとなしそうで😃、とてもじゃないけど記憶がなくなるまで呑むようには見えません。コウさんからは会う前から数々の武勇伝を聞かされていた為、そんな彼女を誘ったということは、今日は朝までコースになるなと腹をくくりました(笑)。まぁ、ワタクシにかこつけて、ピヨ子ちゃんと会いたいんでしょ??とも思ったけど(笑)。

23時を過ぎた頃にコウさんらと合流。店には席が無かったので、ゴールデン街の別の店に移動しました。

ゴールデン街はこの日で3回目。
相変わらずの賑わいだったけど、この画像はもう深夜も深夜。。。。。
IMG_6142.jpg IMG_6151.jpg IMG_6148.jpg IMG_6145.jpg IMG_6143.jpg IMG_6153.jpg IMG_6152.jpg IMG_6156.jpg

コヒ友の方から以前教えてもらったお店は天井が高くて外の雑多な空気が嘘みたいな落ち着いた雰囲気です。
コウさんを真ん中にしてピヨ子ちゃんと3人での初飲み会が始まりました。

この日ピヨ子ちゃんはSUCHMOSのライブの帰りで、しかもステージがすぐ前の位置だったらしく、そのライブがどれだけ楽しかったのかを報告してくれました。
ワタクシもSUCHMOSを聴いてたけど、あまりにチケットが取れなくて心が折れてしまい😃、最近は全然追いかけてなかったので彼らの近況を興味深く聞きました。
真ん中のコウさんは「さちもすってなに??」って感じだったけど、そんなの無視であっという間に意気投合です✨。

今度は「コウさんがしつこいけどムリなものはムリ」という話が始まりました。この子面白いな😃。
顔に似合わずハッキリした物言いのピヨ子ちゃんの「ゾっとするーー‼」というキツいコメントにも嬉しそうなコウさん。何言われてもカワイイとか思ってるんでしょ、とコウさんのニヤニヤ顔を見て思いました。

実はコウさんの「数日間、部屋に泊まっていったのに何もなかった残念過ぎる話」のお相手はこのピヨ子ちゃんです。コンビニでメイク道具や下着を買い、おじさんの家をホテル代わりに使うなんてすごいなと思ったけど、それを成立させてしまうこの二人の関係。。。。

「いやいや。俺はさー、ヘンなことしたいとか思ったよ?」というコウさんの正直な告白にピヨ子ちゃんは「うわキモッ💥💥」と秒速で一蹴。。あー面白い(笑)。

そりゃそうだよね・・・・。だって親子ほどの年の差だもん。
実際「なんかお父さんとか親戚の人みたい」と言われてた上に「おっちゃん」って呼ばれてました(笑)。
それなのに「振り向いてくれなくてもさ、追いかけてるのって楽しいよね💥💥」とニッコニコで超前向き発言です。
「俺さー、22歳くらいで精神年齢、止まってるからさぁ‼」とワタクシに言ったので「でしょうね。」と笑顔で返しておきました😃。


深夜0時を回り、ワタクシ達3人もお酒が回り、いろいろ解禁(?)。

コウさんはフラれて音信普通になったピヨ子ちゃんに8歳年下の彼氏ができてラブラブだという噂に傷ついていたという心中を吐露。もう、青春ドラマかよ・・・・😃。

「えーー、でももう別れちゃったよ。てか付き合ってないよ‼。だって話、超〜〜つまんないんだもん💥」と屈託ない笑顔で言うピヨ子ちゃん。そして


「Yukkaちゃん、私、ちゃんとしたカレシ、5年くらいいないんです。いい加減まずいと思う💥。」
(↑隣でコウさんが「『ちゃんとした』ってどういうこと??」ってショックを受けていたwww)

ハイ、来ましたよ💥。
女子の恋愛相談、始まりました💨💨


43歳にもなって「ちゃん」付けされたことは、まぁ酔ってるみたいだしいいやと思いましたが(笑)、ワタクシはどちらかというと男性っぽい思考回路の持ち主の為、女子の「ただ話を聞いて共感してほしい」という心理を忘れて「それって〇〇じゃないの??」とズバリと言ってしまい、相手に「まだ話したいのに!」というフラストレーションを与えてしまうことがあるらしいので(なぜそう思うのかというと、そういう人はこちらの話を基本的に聞いていなく「・・・でねーー」とまた同じ話をするから)、聞いてほしいだけなのか、それとも何かコメントしてもらいたいのかを見極めるようにしています。

彼女の話をずっと聴いていたら、ひとつ気になるコメントがありました。それは

「すっごく私のことを理解してくれる女友達が一人いるんですけどぉー、彼女が男だったら絶対結婚してるんですッ💥💥 だから、なんでアンタ男じゃないの??っていつも言ってるんですぅーーー。」


なるほど。

「5年間ちゃんとしたカレシがいない理由」のひとつはコレだなと思いました。

よく「こんなに私をわかってくれる人はいない」とか言う女性がいますけど、ワタクシは「それはですね、ほぼほぼ幻想ですから。」と言いたいです😃。このセリフを女性が言っているカップルの破綻率、離婚率の高さよ・・・・⤵⤵⤵

要は「期待し過ぎ」、「求め過ぎ」ってことなんでしょう。
期待しているからこそ、違った時の失望も大きいので、一気に別れ話に発展します。
泣いたり怒ったり、まー、大変です😃。(←誰のこと??って思われそうですが、若かりし頃、自分の周辺にいた知人とかです)

傍から見れば「そんなのあなたが一方的に勘違いしていただけじゃない??。」って感じだし、男性からみても「そんなふうに思ってるの知らなかったし、なんでいきなり別れ話??」って全く訳が分からない。

そもそも、いくら親しくても他人のことをそんな深いところまで理解するなんて簡単に出来ないし、ましてや異性の場合、その難易度は上がると思うの。


なので、ピヨ子ちゃんの理想の男性として「気が利いてーー、話が面白くてー、頭の回転が速くてー、優しくてーー、」はともかく、「私のことをわかってくれる人💕」って言ったけど、

そんな人、いませんから。

と思いました。

そんな夢みたいなことを本気で思い続けていたらー♪、カレシが出来てもいずれ破綻〜〜♪、出会いと別れを繰り返し〜〜♪ そして今、私はひとり〜〜♪ラララのラ〜〜。。。。(←某「ちーがーうーだーろー」の議員風)

「この人こそ、私の理解者💕 私にはもうこの人しかいないの💥💥」って、歌の歌詞とかで見かけるけどさ、歌だから美しく響くけど、現実でそのテンションで付き合ったり結婚しちゃうと、あとは自分の中で減点の一途を辿る・・・のパターンが多いと思う。


・・・・そんなことをつらつら脳裏で考えながら彼女の話を聞きました。
これ・・・・、言ったほうがいいのかな???? どうするワタクシ。


するとピヨ子ちゃんが言いました。

「どうしたらいいと思います??」


そこでワタクシは、
「自分のことをわかってくれる人ってそうそういないからそんな理想の人と出会えたらいいけど、男と女は考え方も違うし、カレシにそこまで求めなくてもその女友達がいればいいんじゃない?。その彼女がレベル10だとしたらカレシは6くらいでヨシとして、他の必須条件として、考えが違ってもそれを理解しようと話し合いができるかとか、そういう大切な友達とのつきあいを尊重してくれるかの方が、きっと大事だと思う。あまり理想の人だと思うとちょっとでも「あれ?」って思うと失望の連続になっちゃうし。」と言いました。


ピヨ子ちゃんは大きな目を見開いて小鼻を膨らませ、「そっかッ💥💥 おっちゃん、今、Yukkaちゃんからめちゃイイアドバイスもらったよ💨💨・・・・今の聞いてた??」と隣のコウさんを揺さぶりましたが、そのおっちゃんは既に座りながら眠っていました(笑)。


自分のことをわかってくれる人、なんて最初から存在しない。


私とアナタは違うし、100%理解しあうことは難しい。


そこからスタート。


違うからこそ、それを伝えようと努力するし、その労力を惜しくないと思える相手かどうか、向こうも真剣に向き合ってくれるかどうか。そっちの方が大事だし、長く続くと思うのよね。


それに6が8くらいになったら、嬉しいじゃない?そういう過程を楽しめる相手がいいよ。


最初から10なんて、そもそもいませんから。


お店をいくつか移動し、気づけば4軒ハシゴして飲み続けていました。
IMG_6157.jpg IMG_6158.jpg

最後のお店には、二つくっつけた椅子に女の子が酔い潰れてバンザイ状態で横たわっており、厚手のタイツの片方の脚を立てていた為、夏だったらパンツ丸見え状態。そんなあられもない姿を見て気の毒になり、乱れたスカートの裾を直してあげたけど微動だにしませんでした。誰のツレ??と思って周りを見たら、ウンザリした呆れ顔の男性がいたのできっと彼かな??


ピヨ子ちゃんもかなりの酒豪らしく全くもって元気いっぱい。「私、こんなにキレイにお酒飲んだの初めてッ💥💥 」と嬉しそうに言ったので、「大人の階段上っちゃった??」と茶化しつつ、「でももういい大人のオンナなんだから、記憶が無くなるまで飲むとか危ないし、そろそろ卒業しないとね💨」とついでに窘めておきました。色々武勇伝を聞いたけど、よく今まで事件に巻き込まれなかったなと思うもの。



ピヨ子ちゃんが記憶が無くなるまで飲めるのは、一緒に飲んでいる相手のことを信じているからなのかなぁ💨💨。
そんなに無防備になれるってすごい。放っておけないタイプというか。。。

ワタクシは記憶が曖昧なことはあっても、全く覚えてないという経験は皆無の隙の無い鉄の女です😃。
とりあえず何かあったら走って逃げられるくらいの余力は残して呑んでいます。
そうそう、お店に入ったら非常口の場所を確認することは怠りませんしね・・・っていうのは大げさですが、それくらいの警戒心をどこかに残した状態でしかお酒とつきあえない。

だから記憶がないとか有り得ません。
だって自分が何を話すのか、するのか、されるのかがわからない状態なんて、考えただけで恐ろしくてムリです。これはつまり、自分も相手も信用していないということになります。

そういえば、男性と食事や飲みに行って「Yukkaさんて全然ペースもテンションも変わらないんだね。」って言われ続けてきましたが、それって多少なりとも残念とかつまんないって意味合いもあったのだろうか。。。と、遠い記憶が朝日の中で薄ぼんやりと浮かんできました😃。

ダンナはannに「ママはお酒の飲み方がスマートだから、お嫁さんにしたいと思ったんだよ」といつか言いましたが、それを聞いて今までどんな女性と飲みに行ったの??と思いました。笑。


記憶が無くなるまで飲もうとしたら、たぶんその前に「リバース沙汰」になっちゃうよ。
そういえば、3年前 ダンナと札幌に帰省した時 そんなのあったっけ。。。


ダンナと呑んでいる時が一番酔うかも。
あら。
自分で言うのもナンだけど、ワタクシ結構 可愛らしいんじゃない??

しかし、デートでリバースって一番最悪だよね・・・・と思い出し笑いで独り言ちて、ヨレヨレのコウさんとピヨ子ちゃんと3人で駅まで歩きました。


■追記■
勿論、友人と飲んでいる時はリラックスしているので楽しんでいますよ⤴⤴。
でもやっぱり帰りの電車とか気になるし、自分を信用していないのでバカ飲みはできません。



3年前の帰省先での失態を綴った記事を添付します。
帰省先でやらかした


これ読むと家でほとんど飲まないって書いてますが、今は家でも飲んでます。家だと安心するのか酔いも早いです。



posted by Yukka at 02:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

レッツ、マッスル♪♪

せっかくの連休だったので、前々からann達におねだりされていた相模湖プレジャーフォレストに新しく出来た『マッスル・モンスター』なるアスレチックに出掛けてきました。


この『マッスル・モンスター』、ただのアスレチックと思うなかれ。

高さ16.1mの3階建で、屋上には展望台があります。
高さ16.1mというとそんなに高くないと思うかもしれませんが、普通の小学校(3階建て)の屋上の高さが地上から12m弱くらいらしいです。ちなみに教室は天井が高いので、普通のマンションで換算すれば展望スペースは4〜5階建てくらいの高さということか。敷地面積は1,000u。

ワタクシ達はこの日で2回目。
超人気のアトラクションの為、前回は2時間待ちでしたが、今回は連休ということもありweb予約限定。予約した時間に行くだけですんなり入場できました。

目の前にそびえ立つ六角形の鳥肌コロシアム。テンションあがるわーーー🎶🎶。
画像をよーく見てください。人との大きさの違いを見れば、このアトラクションの規模がわかるってもんです。

IMG_6058.jpg IMG_6059.jpg

最初にハーネスを装着し、命綱の使い方やアトラクション利用についての注意事項などの講習を10分ほどうけます。一歩間違えば大けがに繋がりかねないので皆さん真剣です。

ハーネスから伸びている命綱は二股に分かれており、先にフックがついています。そのフックを使ってアトラクション内に張り巡らされているワイヤーを伝わらなければ移動できなく、安全の為に命綱の二股のどちらかしか外れない仕組みになっています。



・・・公式のものとは違いますが、一番このアスレチックの難易度が伝わる動画です。

でもね、彼らはかなり運動神経がいい方だと思うのよね。


このアスレチックの何が怖いかってさ・・・・。

自分の運動神経やバランス感覚が一番信用できないのに、
それに頼らざるを得ないところ


だと思うの。

ジェットコースターなどの絶叫マシンってベルトなどで固定された上、有無を言わさず決まったレールの上を走るだけだけど、このアスレチックというシロモノは、自分からどうにかしないとクリアーできないのよ。
自分からどうにかしないと、って簡単に言うけどさ?たとえば1階まで吹き抜けでズトーンと見下ろせる高さを感じながら、たった1本のロープの上や、めちゃくちゃ不安定なつり橋の上を(しかも板同士の隙間がめちゃ広い)渡らなくちゃいけないの。

前回はnatsuにつきっきりで2階止まりだったので、最上階のアトラクションにはチャレンジできなかったので、今回はannにnatsuを預けてダンナと二人で最上階を目指します。

一番上まで行ったら・・・・、なんて眺望がいいのかしら。
そしてやっぱり・・・・・高いっ💥💥💥 地面がすっごく遠くにあるっ💥💥💥

まずはスッカスカのつり橋を渡って、細い平均台の先にある鐘を鳴らすことにチャレンジ。
スッカスカの板の隙間から見える1階の地面。。。
これは下をじっくり見ないほうがいいなと、頭上のワイヤーと繋がっている命綱を前に押しやりながら慎重に渡りました。

平均台の上をドキドキしながらゆっくり先まで行きます。
周りは何もありません。命綱があるとはいえ、スリル満点なんてもんじゃない。

危険なため、スマホやカメラ持参も禁止なのだけど、バーコードをスキャンすると5秒後にシャッター音がなって自動撮影するカメラが各ポイントに設置されています。後で専用のプリンターから印刷あるいはダウンロードします。有料です。

ワタクシ、ダンナにバーコードがついてるカードを渡すのを忘れてしまったので、せっかく鐘を鳴らしたのに撮影してもらえず残念。

でもダンナは撮ってあげましたよ⤴⤴⤴。

あの鐘を〜〜、鳴らすのは、あなーーーたーーーー🎵🎵(←古っ)
InkedIMG_6079_LI.jpg

他にもサーフボードに乗って移動するものや、幅10センチにも満たないテープの上を渡るもの、Uの字にぶら下がっているロープに足をかけて渡る橋(バランスを間違えると股裂けの刑www)があったり、盛り沢山🎶。

中でも絶対チャレンジしたいアトラクションがありました。
それは前回最上階まで行ったダンナとannが恐ろしくてできなかった『鳥』です。(動画の11:26くらい)

鳥の形をしたグライダーみたいなのに両手でぶら下がって移動します。もちろん真下にネット等はなくズドーーンと下まで吹き抜けです。怖さのあまり勢いが足りなくて途中で宙吊りになった男性も見かけました😃

鳥のある台まで移動し、てっきりダンナが先にやるものと思って振り向いたら、ダンナが来ていない。

「あれ、やんないの??」

「・・・え??(ニヤリ)」

「やるって言ったじゃん。」

「・・・・え??(ニヤニヤ)」

笑ってごまかす姿を見て、ああこれは自宅でGが出没した時のパターンだなと思いました(ワタクシに退治させる)。なによ、もう。やるって息巻いてたじゃん。ダッサッ💨💨

「じゃあ私やるから、ちゃんと撮ってよ。」

「え、やるの??」

「やるよ。コレの為に今日来たんだからッ💥」

これはね、たぶんコツがいるのよ。
最初の勢いも大事だけど、下半身をブランコみたいに使って前に進む必要があるに違いない。
階下のannとnatsuに母の雄姿を見届けるよう伝え、カメラ撮影のタイミングを確認して、レッツ・マッスル🎶🎶(←こういう掛け声があるわけじゃないけど、動画のお兄さん達が言っていたので)

きゃーーーー💥💥・・・とは言いませんが、真剣そのもの😃
もう少しで着地というところで上半身が後ろに倒れ「おっとっと・・・。届かないかも?」と思ったので、到着台の下にある突起につま先をエイッとひっかけて体を引き寄せ無事に着陸✨✨

学生と思われる女子4人組に「おねえさん(!)、カッコイイ〜〜⤴⤴⤴」って拍手されて気分上々⤴⤴⤴
annたちも階下で「ママ スゴイッ💥💥💥」と叫びました。
ドヤ顔で「オッケー、マッスルッ💥💥(←もう意味不明)」とポーズをキメるワタクシ。

なのに、撮影された画像がコレ。

InkedIMG_6077_LI.jpg

飛ぶ前じゃん。。。。

この後、ダンナが飛びました。華麗に豚でました。
本人のポケットに撮影カードがあったので画像が撮れてないのが残念。1グループで1枚しかもらえないのに必死過ぎてやり取りしてる余裕がないの。

annと交代しようと下に降りようとしたら、「なっちゃんも行くッ💥💥」とギリギリ身長130センチのnatsuが最上階まで上がってきました。そして、主にロープや筒渡りなどをひょいひょいとやってみせ、こっちがハラハラするくらい。そんな運動神経と度胸がどこに??・・・・これはやはりワタクシの血をひいているなと思いました。annも鐘を鳴らしていたり色々クリアーしてたけど、鳥は「ムリ💥💥」とチャレンジせず。。

InkedIMG_6076_LI.jpg InkedIMG_6075_LI.jpg

制限時間は1時間だっけ。あっという間でした。
まだまだチャレンジしていないのがたくさんあるのでまた是非行こうと思います。
アスレチックって子供が楽しんで、大人はカメラでも構えて下で見守るものだと思っていましたが、大人も一緒に夢中になれてとても楽しめました。

つり橋効果を狙った(?)と思われるカップルもたくさんいましたが、男性のほうに余裕がないどころか、「ヤベぇッ💥💥 コワッ💥💥」と彼女を助けるどころじゃない光景をたくさん見ました。面白かったです(笑)。

帰りにダンナが「しっかし、よくやるよね💨💨 俺、一度目はあの『鳥』は絶対ムリだと思った。まさか本気でやると思わなかったよ‼‼」と半分呆れた感じで言われました。


ワタクシの小2〜小4は悪ガキ盛りで、木登りや人様の家の塀を平均台代わりにして遊ぶなんて当たり前で、人の家の庭に勝手に秘密基地を作ったり、2階建てのアパートとアパートの間に両手足をつっぱらせて屋上まで登ったり、半焼した建物に忍び込んで床が抜けて3階から1階に落ちそうになったり、廃屋で肝試しをしようと自宅からツルハシ(←北国必須アイテム。氷を割るために使う)を持って行ってトタンと木板で塞いであるドアをこじ開けて侵入したりかなり野蛮な子供でした。だから小学生の時から運動神経はいい方で、中学の三年間も体育はずっと5でした。

でもそんなのは大昔の話で、今のワタクシはただのオバサン。
昔のようにはいかないってわかってるけど、野蛮児の血がたぎってしまいましたよーー😃😃。


余談だけど、ワタクシが屋根に上がったこの廃屋には、夜逃げした後みたいに家財道具があったので、食器や鍋を屋根に持ち込んでおままごとを始めました。なぜ屋根の上かというとその家には石でできた煙突があり、どうしてもその上に中華鍋を乗せてコンロ気分を味わいたかったからです。でも一緒にいた友達が屋根から食器と一緒に滑り落ち、泣いているところに中華鍋が落ちて大きなたんこぶが出来ました。雪国の古い木造家屋って、雪が滑り落ちやすいようにかなりの傾斜があるのよね。でもトタンが錆びてヤスリみたいになってる部分を通れば大丈夫だと思ったんだけど、ままごとに夢中で忘れたのかな。小3の秋のことです。

母と一緒にその友人の家に謝りに行ったらしいけど記憶にありません。それどころかワタクシはこの屋根の上で起きた一部始終を作文にし、担任の先生が何かのコンクールに出して賞状をもらいました。危険な遊びをして友人がケガをしたという内容の作文をコンクールに出す担任の先生と賞をくれた大人たち。たぶん「元気が良くてよろしい」とか思われたんだと思う😃。いい時代だったな💨。

それに比べてannやnatsuは木登りすらしたことない。できる公園も空地もない。かわいそうだなと思います。だけど、今回のアスレチックで予想以上のバランス感覚を見せてくれたのでちょっと嬉しかったです。

ダンナもワタクシも大人が童心に返るってこういうことかな?というくらい真剣に遊びました。  

マッスルモンスターは連休などは予約がウェブ限定なので注意が必要ですが家族や友人、カップルで盛り上がること間違いなしです。ワタクシ達はいかなかったけど、隣に温泉施設もあるし、夕方からは園内のイルミネーションが楽しめます。




おまけ。

ワタクシはジェットコースターはまだしも、バイキングとかその類は苦手なのだけど、こういう所に来ると必ずダンナが乗ろうと誘います。乗るなら一人で乗ってよねと、ワタクシもannも断固拒否。諦めて一人で乗る様子を撮影。

InkedIMG_6061_LI.jpg InkedIMG_6065_LI.jpg IMG_6064.jpg IMG_6063.jpg

ワタクシ、前回来た時にチャレンジしたけど、ハイジってすごいなと思いましたよ。

おしーえてーー、おじいーさんーーー🎶🎶

posted by Yukka at 23:21| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

小比類巻さん@下高井戸

今度のPCは、8GBのSSDでサクサクと画面が切り替わってゴキゲンだぜぃ⤴⤴⤴
同じスペックだと3倍はしそうだけど安価で買えてラッキーー💕💕 

新品は色々ソフトがついてくるけど実際使わないものも多かったし、中古で十分だと思いました。


さて。


28日(土)はまたしても小比類巻さんのライブ💕
それもただのライブじゃありません。
今までのコットンクラブとかブルーノートではなくスタジオというコンパクトな会場で、セトリは事前にリクエストを募集して決めるという初試みの超プレミアムなライブなの⤴⤴⤴
場所は下高井戸にあるG−ROKSというスタジオです。タケカワユキヒデとかもライブで使ったことがあるみたい。プロも納得の音響設備が整っているらしい。

下高井戸なんて、たぶん20年近く降りたことない。下高井戸シネマっていう小さい映画館があったっけ。
せっかくだから早めに行って久々に探索しようかと思いましたが、よりによって当日はnatsuの学校公開日。そしていつものように習い事があったので、早めに家を出るどころか夕飯作ったり(←ライブがある日の定番:カレーライス)でむしろいつもよりも慌ただしく、駅に到着したのが開場時刻を10分過ぎてました。(でも開場の時間が押していてむしろ待ったくらいだったけど💦)並んでいる間に談笑できて楽しいひと時⤴⤴⤴

何部屋かあるスタジオの中で一番大きいスタジオらしいけど、普段の会場よりかなり狭い。その空間に所狭しとずらーっとパイプ椅子が並んでました。高い天井を見上げると吸収材っていうの?なんか普通の壁と違う。むき出しの照明の鉄骨もカッコイイ✨ BGMはプリンスプロデュースの「MindBells」🎵 (書きそびれちゃったけど、先日放送されたBSプレミアム「ザ・プロファイラー」のKohhy、ステキだったわ(←プリンスの特集だった)⤴⤴)

・・・・こんなにコンパクトなのに演奏メンバーが8月のコットンクラブと同じという贅沢さ・・・・✨✨✨どんだけの音圧を堪能できるっていうの???と否応なしにテンションあがりました。何を歌ってくれるのかなぁ??

馴染みの顔を見かける度に声をかけあって、BBSでだけ会話していた初対面の方を紹介されたりしているうちに開演時間となり、慌てて席に着く。。。。


サポメンの皆さんが最初にステージにあがり、後から小比類巻さん登場です。ワタクシの左側が真ん中の通路だったので、ハイタッチできたーん💕

袖にスリットが入ってる白のトップスに白レースのロングジレ(ベスト)に白のパンツ、ベージュの太ベルト、白ブーツ(?)という全身ホワイト✨。ああ、ステキ💕💕 よいわーー💕kohhyは白が本当に似合うわーー💕💕と拍手しながら見惚れました。サポメンの皆さんも白を着ていてみんなで合わせた模様。


まずはセトリから。
【1st】
1.MIRGE MIRROR
2.Tears Of Joy
3.君はインスピレイション
4.Tonight
5.Say Yes Baby
6.Come On Back
7.一期一会 Carpe Diem
8.I’m Here
9.Dreamer
10.Hold on me

Encore
いい子を抱いて眠りなよ

【2nd】
1.MIRGE MIRROR
2.Tears Of Joy
3.君はインスピレイション
4.Hold on me
5.Say Yes Baby
6.Come On Back
7.一期一会 Carpe Diem
8.I’m Here
9.Dreamer10.You Got it

Encore
いい子を抱いて眠りなよ

今回は初聴きの曲がたくさんありました。「Tears Of Joy」、「君はインスピレイション」、そして2ndのみで歌ってくれた「You Got it」🎵

そしてそして、20年以上歌ってないという超レアな曲 ✨✨ 「いい子を抱いて眠りなよ」 ✨✨✨ 




ライブはとにかく観客がアツかったです💨💨キャパの都合上、人数も限られているので必然的にそういうファンだけが集まったせいか、1曲目の「MIRAGE MIRROR」から既に会場はオールスタンディングで、次の「Tears of joy」のイントロが流れた時はひときわ大きな歓声があがり、みんな手を高くあげて手拍子しながら歌うというノリの良さ✨✨ たーのーしーい♫ ワタクシもこの曲をライブで初めて聴いたので嬉しかったです。特に冒頭分のKohhyの流れるような歌い方が心地よくて大好き💕


そして「次の曲は女性からのリクエストが多かったかな?」と「 君はインスピレイション」が続いた時には心の中で「ありがとうございまーーすッ‼」と手を合わせたわよ😃。2曲とも生歌で聴けて感動✨✨


ワタクシは「今回のセトリに漏れた曲をMCで教えてほしい」とBBSでお願いの書き込みをしたのですが、それに応えてくれたのか、トークの中にアカペラや演奏つきでサビ部分や冒頭部分を歌ってくれました✨✨ 

途中まで歌ってニコニコしながら「・・・知ってる?」って聞くKohhyに「知ってるッッ💥💥」とみなさんもワタクシも即答です😃。

「MIRAGE MIRROR」の後にアカペラで「twilight Anenue」を途中まで歌ったり、「Tears Of Joy」の前では「Good bye kiss」の「🎵Get on the highway,ha ha ha〜♪ Tune the radio,Play me the tune〜♪」の繰り返しから「君はインスピレイション」へ繋げたり・・・。

他にMCでアカペラで歌ってくれたのは、「飛べないブルーバード」、「オーロラの瞳」、「Only you can save my song」、コーラスのアリヤさんやちえさん、kaleb氏とゴスペルコーラスがかっこよかった「Step by step」がありました。

ライブ前にコヒ友同士でお互いのリクエスト曲を把握していたので、Kohhyが歌うとチラ見で「やったね!」みたいな目配せをしたり、お互いにニヤリとしました😃。

この曲の一部だけを歌うというMCでは、会場のファンと一緒に歌う場面も多くあり、まるで抜き打ちテストのような(笑)Kohhyの唐突なマイクのふりに対し、サビでない箇所もしっかり歌えてるファンの皆さんが凄すぎるよ😃😃 Kohhyが「わーー💕嬉しいッ💕」ってニッコニコで感激しているっていうのにうろ覚えなところも多く、まだまだだなと反省した次第です・・・・。特に2ndの「twilight Anenue」と「リバーサイドパーク」を結構長く振られたのですが、途中でムニャムニャ言っちゃった。・・・出直してきますッ💥💥


2ndのMCで歌った曲は、「Twilight Avenue」、「Let’s share love」、「リバーサイドパーク」、「AGAIN」、「Only you can save my song」、「Like a factory」ワタクシは「AGAIN」、「Only you can save my song」が特に嬉しかったです✨✨ 

「AGAIN」は歌詞がいいのよ💥一度離れてたけど再び一緒にいることを選ぶ大人の恋歌。。。。・・・・「上書き保存な女」のワタクシには縁もゆかりもないストーリーですが、だからこそ妄想全開✨✨ Kohhyの歌声が大人のオンナの切なさがにじみ出てるよーー。

「Only you can save my song」は’88年のアルバム『Hearts On Parede』に入ってる曲で、Kohhyの曲には珍しい哀愁漂うエモーショナルな曲。泣きのギターがまたよいです。是非ともちえさんのギターで聴きたいし、今のKohhyの声で聴けたのが感動✨(リンクを貼った動画はさすがに声が若いので(^_^;))。こちらもフルで聴きたいよ。

2ndの「You Got It」もすごく久々だったらしく、周りの盛り上がりが凄かった✨✨ 曲の終わりにKohhyが「1times!」「2times!!」と掛け声をかけて、メンバーがそれに応えてジャーンと音合わせが続き、「10Times!」からはKaleb氏が1回多く音を出しちゃって「11!!」。今度はサックスの大島さんがまた1回多く出しちゃって「12!!」と、遊び心のある演出に笑いも起きて楽しかったです。

そしてアンコールで2回も聴けた「いい子を抱いて眠りなよ」⤴⤴⤴
タイトルからしていいじゃないのよ💥💥。

歌う前のMCで、叶姉妹の「ねぇミカさん?」に似た「ねぇ長井さん?」というKohhyのフリに、ちえさんが「私が初めてツアーに参加した時だから・・・、20年・・・、いやもっとかな?」とこの曲をライブで披露するのがどれくらい久しぶりかを説明(?)してくれました😃。

ああッ💥💥、この曲ずっとずっと聴きたかったッ💥💥💥
ワタクシのコヒカラ・ルールでは必ず1曲目はコレなの😃

しかも小比類巻さんがすぐ目の前で歌ってくれているじゃない💥💥💥
「いッいッ子を抱いてーーー、ね・む・りなよ〜〜🎵」って、一緒に歌って楽しさ倍増・・・・⤴⤴⤴ 
サイコーー⤴⤴⤴⤴⤴ 

いつもはド派手パフォーマンス担当はベースの村田氏だけど、今回はちえさんに譲ったのかな?ステージ前まで出てきて会場は更に盛り上がる盛り上がる・・・。ワタクシも周りもほとんど跳ねながら手拍子してました⤴⤴⤴。この曲の終わり部分でちえさんがぐるんぐるんと腕を回したのにKohhyも村田氏も合わせて、拍手の中でライブ終了✨✨✨。いやーー、楽しかったね🎶🎶🎶 


跳ねたり腕を上げたりしていたから、ちょっと汗かいちゃった💦 良かったよーー、ザ・ライブって感じでさッ💨💨💨。

スタジオという密閉されてる空間だからなのか、いつもは演奏や歌声が自分の周りに広がる感じがしていましたが、今回は自分も音の中にいる感じでした。このライブ音源欲しいなーー。CDにしてくれないかしら・・・。


終始アットホームな雰囲気のライブだったせいか、Kohhyがいつになくリラックスしていたのか、MCがイイ感じにユルかったのもよかったです。なんだ、こういうMC出来るじゃないのよ!と思いましたが、ご本人は「こういう感じのMCは普段はやらないんですけど・・・」と何度か断りを入れておりました😃。別に普段でもいいけど??😃。

「歌う曲順はちゃんと覚えるんですけど・・・・、えーーと、次は、・・・チラッ・・・っと。ふむ。なるほど、なるほど♪♪」と言いつつ、他のメンバーの足元に貼ってあるセトリのメモを見たり😃、同じ曲の他の部分を歌ってる途中に「あれ?これさっきも歌ったっけ???・・・・歌ったねッ💨💨」とさらりと流したり、更にはギターのちえさんやアリヤさんに「よくわかんないからー」と物販の宣伝を無茶振りしてちえさんに「えぇえッ!!全然知らないしッ!!」と断られていました(笑)。その気さくなやりとりにほっこり。何よりも面白かった💨💨 


最後はサイン&握手をしていただきました。ワタクシ、小比類巻さんのお顔の中で鼻が特にスキです。あのツーンとした形のいい知的なお鼻があるからこそのクールビューティだと思う✨✨ 白が似合ってるし💕(←まだ言う)、サイン会の時には先日のライブとは違うストライプのシャツを着ておりました。

コヒ友の皆さんの二次会があったみたいですが、ワタクシは次の予定を入れていたので早々に帰ったので今度参加してみたいです。


次のライブは、来年春あたりかな。時期については触れてないけど、「次はバラード特集はいかが?」とtwitterでつぶやいておりました。「いかが?」ってそんなの欲しいに決まってるじゃないッ💥💥💥楽しみだわーー💕


・・・・ふぅ。やっと書けた✨✨

ライブの翌日からコヒ友の皆さんのSNSに「いいね!」してコメント書いて、更にはファンクラブ限定のBBSの皆さんのライブの感想やレポ読んだら、もうお腹いっぱいで、今更自分のところに書かなくていいよね?とこの記事を書くまでの腰が重いことと言ったらなかった(笑)。

でも一応こんな腐れブログでも備忘録だし、Kohhyのライブ楽しかったし書かないとスッキリしないわけで・・・💨。

ちなみに自分のSNSにはライブの事は書かない主義です。
だってファンじゃない人にとっては興味のない話なわけで、こっちと読む側のテンションの温度差が大きいということがわかりきっているのに「いいね」ボタンがあるところが、なんかヤダ。読める人を限定したり細かい設定もあるみたいだけど、そこまでして自分の友人に読んでもらいたいと思わない。もともとさほど投稿してないけど。

なので、ワタクシはこうして「いいね」ボタンがないブログという形式が一番性に合っています。思う存分自由に書けるし、誰が読んでるのかもわかんないから気が楽です。


が💥💥💥


今回のライブで、隣に座った男性が、不意にこう言いました。

「Yukkaさん、ブログ読みました。あの『朝日楼』が・・・・。」


え??????

・・・・・ビックリしたぁッ💥💥💥Kohhyの台北ライブで検索したら出て来たらしい。
・・・・・検索しちゃうと出てくるのね・・・・。

その人はこっそり打ち明けてくれましたけど、誰が読もうと勝手とはいえ、くだらない私生活についての記事がたくさんあることを思い出して動揺してしまいました😃 (他は読んでないかもしれないけど)

朝日楼がどうしたのかは隣の女性が「え??何??」と食いついてきてまずいと思い、テキトーに濁してその話題を終了させた為に聞いてません。。。今後も内密にこっそり・・・で お願いしますッ💨💨💨


オープンにしていながら、読んでいると言われると動揺するってなんだろね。笑。
posted by Yukka at 00:30| Comment(2) | My Favorite | 更新情報をチェックする